先週末の畑。
その後もちょくちょく雨が降ってくれているので、心なしか野菜たちも嬉しそう。





ひと通り種まきは終わったので、今やっているのは、支柱の補充と発芽の確認、間引きや脇芽摘み、くらいか。
ざっとパトロールして、水が足りないところには補水して、収穫できるものは収穫する♪という、とても楽な時期である。
何といっても、雑草を抜かないってのが非常にラク。


雑草は全部抜かないというのではなくて、数ある雑草の中でスギナシロザだけ抜くことに決めている。


まずスギナは、抜いても抜いても地下茎でつながっていて根絶はムリなんだが、せめて地上部分はマメに抜いていけばそのうち弱っていくのではないかという推測から。(そうすると次第に小さくなってくると書いてあったブログを見たので)
シロザは、放っておくと、茎が硬く大きくなってしまうので(なんせ杖に使われるくらいだからね)小さいうちに摘んでおくが吉ということを学んだので。


DSC07548_convert_20170626093001.jpg


今の注目はこの赤花絹さやエンドウ


絹さやは今年初めて。
赤い花がカワイイ。
うちに咲いているチャリーセージにどことなく似ている。


DSC07554_convert_20170626093014.jpg


あちこちに蒔いたコリアンダー(パクチー)が、花をつけている。


花びらが落ちきった中心のところが そのままタネになる。
タネは大量に採れるので、それをまた撒くという。
パクチーは、もう年中食べている。
短いスパンで しかも通年収穫できる野菜は貴重。









関連記事
スポンサーサイト

先の日曜日に、緑のカーテンのためのネットを張ってもらった。






2株の夏雪カズラは、順調に育っているが
1つはもうすでに花が咲き始めた。(ふつうは秋に咲く)
どうしたんだろ、、、、。


DSC07531_convert_20170623075612.jpg


去年思い切り強剪定したラベンダーだが、やっぱり強い!
何事もなかったかのように こんもりと花をつけている。
ミツバチがこれに群がって せっせと蜜を集めている。


里山の農薬の空中散布は、本来は今日の予定だったが延期になったらしい。
しかし四賀地区では、児童の登校時間を避けて 朝の4時から散布が行われたと。


里山辺や本郷地区は、住民の反対の声が大きく、中止や延期になった。
やはり黙っていてはダメなのだ。
「抗議運動は誰かがやってくれる」「まさか行政がそんな愚行はしないだろう」
お上は、住民の健康被害など知ったこっちゃない。
撒かれるネオ二コチノイド系農薬にからむ利権のほうが大事なんだろう。
  
 金もうけ >>>>> 住民の健康

人任せにしたツケは、いずれ自分の孫への死刑宣告になる。


DSC07538_convert_20170623075626.jpg




ムスメの期末考査も最終日。
自室があるにもかかわらず、ずっとダイニングで勉強していた。
その方が捗るらしい。
試験が終われば楽しい学祭。
高校生活、エンジョイしてますなあ。




ラジオからは朝からマイケル・ジャクソンの曲ばかり流れている。
もうすぐ命日か…。
コンサートは3回行った。本当に好きだった。



彼の曲を聴きながら静かに冥福を祈りたいのに、
「この、ハゲーーーーー!!!」
が耳について離れない人、日本中にいると思う。







関連記事

待ちに待った雨だよぅ〜!





柿の木も花を終え、実をつける準備をしている。


DSC07543_convert_20170621100058.jpg


その下にあるコンポストの中は、今最盛期。
生ゴミを入れても入れても、数日すると跡形もなくなっている。


DSC07545_convert_20170621100132.jpg


雨の当たる場所に出したウスネオイデス
(ここは直射日光が当たるため、普段ウスネは柿の木に吊るしてある)
これは、ウスネさんのファンへのサービスショット^^ ←
右のお花は、引退したハンギングバスケット。


DSC07547_convert_20170621100159.jpg


ここは節操のないコーナー。
でも庭にこのスペースがないと非常に困る。
自家製堆肥の二次発酵、毎日収穫したい葉もの(パクチーやシソ)、余った土の捨て場、など。
ほんと、土がないと生活するに困りますよね〜。




今日は夏至です。

明日からもう季節は冬に向かうと思うと悲しくなりますが(寒冷地の人間みんなそうだろ!)短い夏を存分楽しもうと思います。
今年の夏は海外旅行に行く!








関連記事

6月5日に作った寄せ植え。





作った直後に比べて、だいぶ形が整ってきた。
黒紫のペチュニアと、紫の葉のオキザリスがボリュームアップ。黒い服は最も派手だと言われるけれど、植物でも黒色って派手なんだね。


真ん中のミレット・ジェードプリンセスは、陽によく当てて乾かし気味に…と書いてあったので、ヒマあれば日光浴させている。移動できるのが寄せ植えの良いところ。



DSC07525_convert_20170620183513.jpg


6月12日に作ったハンギングは今こんな風。
最初のうちペチュニアが元気がなかったが、何とか咲いている。
ちょっとアブラムシにやられていたのと、水をやるときに、すぐに水が下から漏れてしまうのが気になっている。あれだけ土を入れたのにおかしいよね。
この現象は、土が痩せているということだ。原因は…ナメクジ…かな。


DSC07526_convert_20170620183533.jpg


ペチュニアは、花びらに水をかけてはいけないので(ぺた〜となるから)水やりがちょいと面倒くさいのが難点だ。
だから本当は雨に打たれてもいけないんだけど、一番雨に打たれるところに吊るしてあるんだよなあ。
しかも今夜から雨!(雨自体は嬉しい!久しぶり!)




              rokextuto.jpg



しかし、AKBの例の結婚宣言の女の子のことですが。
何百万もつぎ込んだのに裏切られた、許せん!と女の子を責めるのはどうなのかなー。
何百万も搾取されるシステムこそ、糾弾されるべきじゃない?


誰かのツイートで、こういうシステムを生んだプロデューサーは昔で言えば女衒だよねと書いてあるのを見たが、これ「ぜげん」て読むの初めて知った。今まで「げぜん」て思ってた。恥ずかし。




関連記事

画像では見にくいが、きゅうりネットを張った。





初めて使ってみたけど、ピンと張るのがけっこう大変だった。
きゅうり絹さやエンドウモロッコいんげんを絡ませる。


FullSizeRender_3_convert_20170618212218.jpg


ポット蒔きのが全滅したので、試しに直播きしてみたキュウリが、見事に発芽している。しかも発芽率100パーセント。来年も直播きにすることに決めた。


FullSizeRender_2_convert_20170618212202.jpg


カラーセージの周りには、パクチーカタバミが。
我も我もと覆いかぶさるように繁っている草たち。(滝沢カレンのナレーションみたいになってしまった)


FullSizeRender_convert_20170618212248.jpg


これはヒマワリ…だと思う。
ここに咲くか…という場所に生えてるけど、面白いのでそのままにしてある。



【今日やったこと覚え書き】

・キュウリのネット張り
・アロイトマトの支柱立て




今日の写真はiPhoneで撮ったものだが、どうも色味が違って不自然に見える。
iPhoneからの投稿は、まだ出来そうにない。




FullSizeRender_4_convert_20170618212232.jpg



              rokextuto.jpg



家の中の片付けも少しずつだがやっている。
今日は8畳の和室のコタツを片付けた。
冬物を一気に洗い、不要な服類を断捨離した。(ゴミ袋2袋分)

精米機を分解して掃除。
物置小屋の中を大掃除。

修造に緑のカーテンのネットも張ってもらった。
夏雪カズラが、蔓をどこかに巻きつけたそうにしていたので。


梅雨入りしたのに、いっこうに雨が降らず。
農家の人たちも困っている。
そろそろお湿りがあると良いのだけれど、、、。




              rokextuto.jpg



『共謀罪』が参院本会議で成立した。
信じられないが事実だ。


『茶色の朝』が近づいている。
みんな気にもとめていないのが 不思議でしょうがない。
日々狂気の中に置かれていると、時々「おかしいのは自分なのか?」と不安になる。まるでSF。


畑の花にミツバチが群がっていた。
愚かな松本市は、23日、この美しい里山に、ネオニコチノイド系の農薬を空中散布することに決めた。
この農薬は、子どもの発達障害や脳腫瘍などのリスクを高めることが指摘されている、のに!だ。
これでもうこの辺では、ミツバチの姿も見れなくなるだろう。


だんだん世の中が、日本が狂ってきた。









関連記事