ムスメの中間考査が終わったので、久しぶりに夜二人で歩いた。


部活のこと、学校への通学の最短ルートを発見した話、最近パパがうざったくて仕方ないこと、でもあまり邪険にしてもかわいそうだから頑張って付き合ってあげてること(苦笑)etc、etc…。


どこの大学に行きたいか、将来はどうしたいのかという話もする。
子どもと大事な話をしたい時は、面と向かって対座して話すより「ながら」がいい。
その方が子どもも 気安く口を割ってくれる。
歩きながら、洗濯物をたたみながら、庭いじりをしながら…など。


こないだのウォーキングのテーマは「哲学について」だった。
自分の子と哲学の話をする日が来るとは。
いっちょまえに自説をぶってるムスメと、15年前「はでぶ〜」とヨダレを垂らしながら便器につかまり立ちしていたムスメの姿が重なって、ニヤけてしまった。





きっかけは、この本。


「自分て誰なんだろうとかさー、よく思うんだけど、みんなに聞いてもへ?って返されるんだよね」「こういうのって人間が作った世界じゃん?それが宇宙から見るとどう見えるんだろうとか」


珍しく私が「あおちゃんがうちの子で本当によかったって思ってるよ」などと言ったことから、この父と母の元に生まれてきた自分という人間、それを取り巻くもの、幸せだという感情などの話に移行し、いつの間にか哲学っぽい話になったわけだが。


私は日常に土をいじっているので、いろんな虫や植物を見ているから分かるが、人間の目でなく、昆虫や植物目線で見た自然の世界ってのはビックリするようなものがあるんだよと。
昆虫だって、狩猟採集、農業、牧畜、建築、恋愛、奴隷制やカースト制、寄生や戦争や子育てに関する亜社会性がある。
人間だけが頭脳があり生産的な高度な生活をしているのだと思ったら大間違い、この本読んでごらん、うちにあるから、と勧めたのが↓





哲学の話に戻るが、私がサルトルにハマったのが中2の時。
厨二病とはよく言ったもんで、この辺の年齢で必ず通る道なのかもしれない。




うちにあるのは古い方の本。
ある日突然「実存主義を理解した!」と感じ、でもそれを誰にも言えず、心の友である日記に書き留めておいた、なんてことも話したり。



「ひらめき」からなぜかドラッグの話になり、大麻取締法の歴史や最近有罪判決になった元女優さんのこと、大麻自体は自然に生えているもので古代から人間の暮らしに溶け込んできた植物なので禁止されるものでも何でもないという私の持論、何ならタバコや酒のほうがよっぽど危険である!という主張も聞いてもらう。



「◯◯(高校名)のお母さんで、大麻についてこれだけ語れる人って、他にいないと思うよ」と言われた。


これはホメラレタ、と解釈して良いんだよね。







関連記事
スポンサーサイト




こないだ植え替えた銅葉のカンナ
やはりちょっと窮屈そう。
もう少し大きな鉢に植え替えてあげなきゃだな。


手前はもう数年植えっぱなしのヘンリーヅタ
これも大好きな葉っぱ。
今年は土を新しくしたので ますます元気になってきた。


奥の寄せ植えは2015年の9月に作ったものなんだけど、まだまだ健在でスゴイことになってる。特にヒューケラのボリュームが。
セージのピンクの花も今真っ盛り。



DSC07296_convert_20170517210958.jpg


こちらは自家製堆肥の2次発酵場
ネギがネギ坊主になっておる。
ここは緑のカーテンの夏雪カズラなどのスペースなんだが、スペースに余裕があるので(今のところ)コリアンダーやシソを植えてある。


DSC07297_convert_20170517211010.jpg


シソは いくらあってもいいよね。






関連記事

今年の畑は、まずまず順調…かな。
ぜんぶタネからだから気が遠くなるけど、着実に変化しているのを見ると嬉しくなってくる。
発芽の喜びったらないわ。
孫が生まれる時もこんな気持ちなんかな。←こら





それはそうと、またハーブを衝動買いしてしまいましてな。


DSC07279_convert_20170517174817.jpg


うちは和食やのに、どんだけハーブ植えとんねん。
どうやって使うんだYO!チャイブとか、ディルとか、クレソンとか。


おしゃれか。


でもいいのだ。


こないだ大量に採れたコリアンダー(パクチー)を、カレーに入れたらめちゃくちゃ美味しかったんだよね。
調子にのって昨日はギョーザにも入れてみたのだが、これまた旨い!
固定観念にとらわれず、ハーブをどんどん和食にも取り入れようと思いましてな。
だから植えてんのっ。いいの。ちょっとオシャレな畑にしてみたかったのっ。


DSC07283_convert_20170517174832.jpg


モロッコいんげんをまく〜。
マーブル模様のこれは、去年自分で採ったタネ。
土をかぶせてしまうのが勿体ないくらいキレイなタネ。


DSC07285_convert_20170517174845.jpg


作業もお供はこちらの方。
まだ2、3匹しか見かけなかったが、そろそろ大群で畑に押し寄せてくるかしら。
私は特に気にせず、放っておいてます。
なんならジョーロの中で飼ってる。
(カエルを駆除するという人もいるそうなので)


DSC07292_convert_20170517174911.jpg


【今日播いたタネ覚え書き】
 
・モロッコいんげん
・コーネル619
・ときわ地這









関連記事

まだ日が当たらないうちに撮ろうと思っていたのに、洗濯していたらもうお日様が。


FullSizeRender_3_convert_20170517091737.jpg


ギボウシの寒河江が葉っぱを大きく広げてきた。地植え7年目。
手前のフウチ草は3月にだいぶ刈ったのだが、相変わらず繁殖力がすごい。
向こうのベアグラスは、直径1メートルくらい。
これも地植えして7年目だが、よくぞここまで大きく育ってくれた。
これが冬もこの姿を保ってくれているから、この葉っぱのみのエリアが引き立って見える。


FullSizeRender_convert_20170517091752.jpg


柿の木もあっという間に繁ってきた。
ここ1週間の出来事だ。
もうコンポストも隠れて見えなくなっている。
ようやく日陰が出来たので、この木にウスネオイデスを吊るしている。
夜間は多少冷えるが、もう吊るしっぱなしで放置している。
そのせいか、またどんどん成長していて、嬉しいやら悲しいやら(苦笑。



            col32.gif



しかしこのタイミングで皇室のお嬢様の婚約を出すかね。
陰謀としか思えない。
共謀罪、加計、森友隠し。
星の王子様だか海の王子様だか知らないが、どーでもいいだろうよ。そっとしておけよと言いたい。


各紙がそのニュースで一面を飾るなか、「加計学園の新学部設立が『総理の意向』として扱われていた」という朝日のスクープ。
幻滅させられることも多いが、今日の朝日は冴えてるな。


忖度(そんたく)し斟酌(しんしゃく)する。


…辺見庸さんの言葉。
総理がこう言ってましたと伝えるだけのマスコミは、もはやジャーナリズムとしての体をなしていない。
どこぞかがリークした、庶民が食いつきそうな皇室のおめでたニュースを、本日からこれでもかと流し続けるのだろう。ニュース番組はそれ一色になるに違いない。


ちょろっと餌をまけば、尻尾をふってそれに飛びつき、勝手にお上の望むようなことをしてくれるから、独裁するのもちょろいでしょうね。







関連記事

初めての談春♪ 久々の落語♪





演題はもうすでに告知してあった。
『居残り佐平次』。
そっか。こういうパターンもあるのね。


最近たまたま、通勤中に志ん朝の居残り佐平次を聞いてたところだったんで、すっと入っていけた。
佐平次があれやこれやで勘定逃れをし、布団部屋に入れられてからが最高だった。


どこか憎めない人たらしの佐平次が、目当ての花魁が来ないことでイライラし出した客相手に 得意の口上で取り入って、酒や肴をゴチになる。
客を良い気にさせるための嘘八百(花魁はあなたのことをいつも仲間に惚気ているんですよ、など)を並べ立て、暇を持て余していた男たちを心底楽しませる。
なんだかんだで小遣いまでいただくようになり、居残り佐平次の評判は評判を呼び、いつの日かNo.1の花魁を押しのけて佐平次に指名が入るようになるあたり。
上客の2人が佐平次を取り合うところなど、声を出して笑ってしまったよ。最高。


談春さんというと、紺屋高尾の現代版『ジーンズ屋ようこたん』のイメージが私の中では強くて、ああいう噺をつくる人なんだなぁと。が、今回初めて聴けて、良くも悪くも期待通りの人でした。
来年も機会があれば「裏を返す」所存でございます、はい。



           tori822.jpg




…ものすごい楽しめたから 本当はこんなこと言いたくないんだけどやっぱり言う。
「胡散臭いやつ」の代名詞で籠池さんを出すのは正直どうかと。


公人ならともかく、まったくの私人である人が、遠く離れた県で数百人の笑いの種にされている…と思ったら急にしらけてしまった。
テレビのバラエティ番組やお笑いなどでも、人を貶めてとるような笑いは私は好きではない。
それだったら、数々の胡散臭い疑惑が明らかになっているのに、いっこうに証人喚問に応じず、嘘やごたくばかり並べている「公人」こそ、「胡散臭いやつ」の代名詞に相応しいのではないか。
でもそこまで成熟していないんだよね、日本て。
お上をおちょくって笑いに変えるセンス(というか度胸)は、演者だけでなく、実はうちら視聴者の方にもないのだろうな。






追伸:
『ジーンズ屋ようこたん』は、談春さんではなく談笑さんでした。
失礼いたしました。恥ずかし。

関連記事