寄せ植え作りが止まらない〜。





おニューのプラ鉢に、紫色のトレニアを主役にした寄せ植えを作ってみた。


IMG_E1160_convert_20180612124859.jpg


・トレニア2株
・ピンクのイソトマ 愛華 2株
・アンゲロニア セレニータ 2株
・ロータスブラックムーニー 2株
・ユーフォルビア ダイアモンドフロスト
・オレガナム ネオンライト
・セージ グレッギーブルー
・ユーフォルビア ブラックバード



IMG_1161_convert_20180612124942.jpg


このあとすぐスコールのような雨。
庭のパトロールもそこそこに 慌てて洗濯物を取り込む。



11-2.gif




RADなんとかの「HINOMARU」という楽曲の歌詞が物議を醸している件。
うーん。これは、軍歌と言われてもしょーがないと感じた。
「気高きこの御国の御霊」「日出づる国の御名のもとに」
戦争を知らない世代だから、ではすまされない言葉のチョイスだなァしかし。
なぜ「日の丸」なんだろう???


そして、チャイルディッシュ・ガンビーノ「This Is America」だ。


Childish Gambino - This Is America (Official Video)


全世界で2000万回以上再生されてるから観た人も多いだろう。
このMVの意図するところ、場面場面に隠された意味。
「HINOMARU」とは、真逆の立場にある。



IMG_1177_convert_20180612125305.jpg



今このご時世で、どちらのアーチストの姿勢を支持するか。
その選択は、直接自分たちの未来にかかわってくる。





スポンサーサイト

ハンギングの作りかえ。
まずは出来上がりの図から。





今回の目玉はこれ↓

IMG_1142_convert_20180609221430.jpg


【コエビソウ】エビーナ・ゴールデンダーク
▪︎メキシコ原産のキツネノマゴ科の植物。別名ペロペロネ
▪︎エビのような形の花は苞で、花はその中の白い部分
▪︎上向きに咲く、日向だとコンパクトに育ちよく開花する



IMG_E1148_convert_20180609221500.jpg


作りたてはまだ萎れているが、明日にはシャキッとしているだろう。
フェンスに夏雪カズラが絡んでいるので、色が少ないとハンギング自体が目立たないなー。
もう一つのは花主体で派手な色で作るか。


IMG_1145_convert_20180609221518.jpg


・極小輪のニチニチソウ3株(ピンク2、赤1)
・日々草 彩夏1株 濃いピンクのもの1株
・エビーナ ゴールデンダーク
・小型栄養系コリウス ファンシーボール
・小型栄養系コリウス テルテルハート
・デジコンドラ シルバーフォールズ
・斑入りアメリカヅタ
・ユーフォルビア ダイアモンドフロスト




花屋さんに寄ってしまい、ついまた苗を買ってきてしまった。ほとんどビョーキだな。
ちょうどお気に入りの鉢が空いてたんでラッキー。
まずはいきなり出来上がりの写真からー。





この寄せ植えに使った苗たち↓

IMG_E1037_convert_20180513031934.jpg


根詰まりしている苗は こうして水につけてほぐしてから。

IMG_E1039_convert_20180513031953.jpg


私的目玉はコレ↓ ロータスコットンキャンディ

IMG_1042_convert_20180513032613.jpg


コットンみたいにふわふわ〜。不思議な植物。
ロータスのふわふわが細かい毛細血管にしか見えない。←どないー

IMG_E1047_convert_20180513032719.jpg


小花ばかりで、花がら摘みが今後大変だろうけど、そんなの気にしない。
ひたすらこういうのが好きなんだー。

IMG_E1045_convert_20180513032737.jpg


今回使った苗たち↓

IMG_1043_convert_20180513033234.jpg


カリブラコア2種 ダブルサクラローズ ダブルホットローズ
ロベリア夏子2苗
へリクリサム ペティオラレ
ロータス コットンキャンディ


カリブラコアは花期が長いんで 秋まで楽しめる。
もうちょっと成長したら華やかになるかも。





車ん中で清志郎の声を聴く。あ、ごめん。ゼリーだった。
タイマーズのテーマ。
♪Hey Hey
We're THE TIMERS
Timerを持ってる
こんな でたらめな街を
さよならしたいよ♪


ほんと最近はそういう気分。
辺見庸氏も言ってた
『ニッポンのことは、話すにもちからがはいらない』
ってね。
力を振り絞って 今月も真のジャーナリストに寄付してきた。
毎月の 罪滅ぼしの意をこめて。







ここ数日 夜に雨が降ってくれるので助かる。
ウスネオイデスは雨の当たる場所に吊るされて大喜び。(だと思う)





気が向いたときに、束になっている真ん中の枯れた部分を取り除く作業をしている。
経験上言えるのは、枯れた部分は元には戻らない。
ならば思い切って刈ってしまおうというワケ。
ついでに、束をぐるっと裏返しにして 日に当たる面を変えてみたり。


IMG_E1013_convert_20180503012555.jpg




……ここまで書きかけてゴールデンウィークが終わってしまった。
いろいろ気の利いたことも書こうかと思ってたけど無理!時間なくて無理!


毎日修造(夫)は午前様だし、ムスメも塾から帰って来るのめっちゃ遅いし(しかもお迎えだ)平日は夜が遅くて晩御飯が11時…なんてこともザラ。
白髪は増えるし家は汚れるし(ルンバ様もお手上げ状態)食卓にレトルトが増えるし食品ストックも底を尽くし(スーパーの開店時間に間に合わぬ)
こんなん人間らしい生活と言えるのか。


とりあえず何日か前のウスネオイデスの画像をあげてお茶を濁す。









去年「おぎはら植物園」さんで買って地植えした赤すじソレル
無事越冬し、またもりもり葉を広げてきた。
これ、好き! ほんと好き!





【赤すじソレル】ヨーロッパ原産。タデ科の耐寒性多年草(耐寒温度約-15℃)
           別名 : ブラッディドック、ブラッディソレル

食べられそうだが苦いらしい。
でも虫にとっては美味しいんだろうなあ。けっこう食われてるし。
こぼれ種で増えると書いてあった。
これ、増やそう。気に入った。


赤すじソレルの手前には、青じそが次々と芽を出している。
ここは、青じそパクチーの場所にするので。


IMG_0969_convert_20180503012434.jpg


私のお気に入りのグラスコーナー
寒河江が日に日にでかくなっている。
その手前に一昨年植えたファーラインも。
ギボウシって、冬の間は地上に何もないからそこにあることすら忘れてるよね。


IMG_1008_convert_20180503012526.jpg


ハルジオンは雑草の枠かもしれないが、刈らずにおいた。
庭の境目にボーダーとして咲いてる。
どこか儚げでカワイイ。


IMG_1003_convert_20180503012540.jpg


今年はタイムが非常に少ない。
年によって さまざま。
そこが宿根草のいいところでもあり。