早川さんの言う「いま勉強しないと死ぬぞ!」という言葉は、直接的過ぎるとも強烈すぎるとも思わない。
むしろ、そう言ってくれてありがとうという気持ち。


福島の農家への発言などは、そんなコト言っちゃっていいのーという部分もあるが
「毒物を流通させないためにそもそも作るな」という早川さんの意見と
「一次産業保護のために作っていいがきっちり検査して汚染されたものは大人が食え」という小出さんの意見。
どちらが現実的だろうか。


18禁の汚染食品がスーパーに並んだとして、誰が買うのか。
大人が消費しろといったところで、国のおエライさんは絶対食べないだろう。
結局は貧乏人と無教養の人が食べることになる。
もちろん、そこの家庭にいる子どもと一緒に・・・。
小出さんの提案は、一見ハッピーでみんなを守っているように思えるけどあまりにも非現実的。


福島の農家にきびしい言葉を投げつける裏には、被害者である農家が、国の政策のせいで加害者になることを 何とか食い止めたいという意図が見える。
汚染地で農作業をする人の健康だって気になる。
健康を害して農作物を作っても、足元見られて安く買い叩かれ、そのうえ市場や国民の信頼も失うだけ。
政府が補償についての態度を保留し、その間に汚染物を農家が流通させてくれれば、日本中に汚染物が広まり、それによる被害がどんどんあいまいになって、政府官僚や東電がよろこぶ…という図式。
それを懸念しているから、こういう強い言葉でなんとか農家の人を動かそうとしているのでしょ。
確か「日本国民は愚かでないから、自主的に福島の農家が米を作らない決断をしたら、全国が支援する」というようなこともおっしゃっていた。
福島の農家が一致団結して、東電に補償を求めるべきだ。
その姿勢こそ、国民の信頼を得るたった一つの方法なのに。








基本的に早川さんの意見に同意。
電力会社さんに、原発ってのはひとたび何か起こるとこんな莫大な損害賠償を請求される、割に合わないなと思わせないと!

red01.gif


話がズレた。マップのことだった。

「わかっていても人に伝えないと人は死ぬんだ」
これが早川さんのマップ制作の原動力になっていると読んだことがある。
正常性バイアスがかかった住民たちとの間で、リスク・コミュニケーションが不十分だったために多くの人が亡くなった雲仙普賢岳の火砕流。

雲仙火砕流災害から15年「伝わらなかった火砕流の危険〜不十分だったリスク・コミュニケーション


時に誤解され、誹謗中傷を受けながらも真摯に事実だけを伝えてくれる人を 支えたい。
きのう、ずっと私たちに事実だけを伝えてくれているフリージャーナリストさんへの支援金を(少しだが)振り込んだ。


red01.gif



早川マップを広げながら、私は1年前の3月15日、どこで何をしていたのかを今、必死になって思い出そうとしている。
ムスメを外に連れ出していなかったか? マスクはさせていたかしら?

そして今からの自分は、「納得して死ぬ」ためにもっと勉強しなくてはと思う。
余ったもう1部は、たぶんここよりも汚染度の高いであろう地から離れることができないでいる両親へ、贈ろうと思っている。
スポンサーサイト

BBCドキュメンタリー「津波の子供たち」より。
YouTube版は削除されていて、ようやく全編見れるものを探し当てました。
海外のメディアが制作したものです。
日本のメディアは、こういうものを一生作れないんだろうなぁという気がします。



BBCドキュメンタリー「津波の子供たち」_Japan's c... 投稿者 sievert311


以下、すべて子供が語った言葉です。
文字起こしは院長先生のところからいただきました↓
「BBCドキュメンタリー「津波の子供たち」3月1日放送から・・・フィルムバッジをつける子どもたち
http://onodekita.sblo.jp/article/54350584.html

(引用元:院長の独り言)


                eiji5.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ソウマ「もうみんな並んで、あの、先生が前に立って話したりしていた」
(74人の子どもが亡くなった大川小学校のこと)

フウカ「マナちゃんもほんとに近くにいたんで、そのプレゼントはほんとはバスケの帰りに渡すって言うことを言ってたんだけど、渡せなくなったねっていう話をしてて、ごめんねって、いいんだよって言ってて。
もう逢えないっていうのは思ってもいなかったから、なんにも言わないで、バイバイって言うのも言わないで終わってしまった」

「放射線を測ったん……次の日に。それでわたしはちょっと高かったから、テントの中でシャワーを浴びて、それで、着てた服はもうぜーんぶ捨てられて、髪の毛もよく洗って、顔もよく洗って、それで靴も全部捨てられたから、なんか……大事な服だったから悔しかった」

リク「なんかこう、警戒区域ってやだなーみたいな。なんか、警戒区域っていうことがあるということは、危ない所がそこにあるっていうことだから、ヤな気持ちです」

サキ「家が借りるのがなくて、まあ、20キロから近いけど、ここしか無かったから、ここ借りた。
心配になるけど、他に行く場所が無いから、まあ我慢するしか無いなと思って、ここにいます」

「1.0μSvは高くて、0.3μSvはちょっと高い位」

アヤカ「この本は、あの、日記帳です。
なんか、書きたくて、書きたくて、おとうさんに買ってもらいました。
なんか、悩みを自分で持っているよりなんか、伝えたり書いたりした方がすっきりするから。
話すっていう気持ちがなんか、勇気っつうか、わいてこなかった……家族なんだけど……。
恐かったから……」

ソウマ「僕のクラスでは17人いたけど、その中でも4人が残っている。多分僕の上で僕を見てると思う。
あの、学校では僕と一緒にみんな勉強してると思う。みんなそばにいてくれてると思う。友達だから離れたくない。
みんないなくなって欲しくない」


               tori3.jpg


エイイチロウ「寝ようとした時に(両親の話し声が)聞こえたりします。おとうさんとおかあさんの中ではおとうさんの方が、まあ、怒りみたいなの持ってます。
テレビで原発の話なんか観てても、ウソだ、みたいな信じなかったりしてて」

クミコ「うーん、おかあさんわたしって赤ちゃん産めるの?何人ぐらい産める?とか、っていうのちょっと最近聞くので」

トシハル「僕のトシユキは年令は4才です。僕のおかあさんはトシユキのことを少し心配し、震災になってなんかちゃんとしゃべられなくて、オダカの家に居た時はちゃんとしゃべってたんだけど、なんでここに来るとちゃんとしゃべられないのかなと思いました。それが不思議でわかりません。
料理とかも、少しうまく作れないけど、ホットケーキとか作ってくれて美味しかったです」

アヤカ「もうなんか、福島、日本全体がなんか、他の国から信用されなくなったというか、逆にひどくなったっていう感じがします。

なんか、うちはあの、30年以上ぐらいだと思う。あの、そんなに広がっているんだったらば、すぐに消えないし、あの、いくら除染したってすぐには無くならないものだから。
あの、放射線はすぐには無くならないと思う」

トシハル「友達とは、放射線のことはあんまりしゃべりません。でも、遊びのことではけっこうしゃべりますが、でも放射線のことはあんまりしゃべりません」

ソウマ「山に行けば多分、みんな大丈夫だったと思う。そしてもうちょっと早く避難していれば、助かったと思う」

                nobiru1.jpg


ソウマ「怒ってはない。あの、自然は助けてくれることもあれば、悪いこともあるから、それはしょうがないことだと思う。
海だって、魚がいっぱい泳いでいるから。魚だって僕たちが食べているものだから。
みんなを助ける仕事をしたい。震災の時に助けてもらったから、みんなを助けたい


アヤカ「あのー放射線の研究者になりたい。なんでかというと、うちたちは経験してて、それをならないための薬とかあの、スプレーとかで、子供、あの、これから生まれてくる子供とか、そういう子供達の安全を守りたいから、放射線の研究者になりたいと思ってます


リク「今には科学者とかいるじゃないですか。だから、やっぱりその風とか嵐とかで、放射線を外国とかに行かない、海の中心部に置いとけば。
それで、科学者とかに、巨大扇風機とか作ってもらえれば、できると思います。
あの、僕の大人になってからの夢は、やっぱり、安全な物を作ったりする、まあ、安全を考える人になりたいです、はい」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


                eiji6.jpg



アヤカ、ソウマ、リク。
テレビカメラをまっすぐに見つめて、自分の思いをしっかりと言えていた君たちを誇りに思います。
時に冷静に、大人よりも客観的に事態を把握しているかのようなコメントに、なぜこの子たちを助けられないのかと。ガレキの拡散に血税を湯水のごとく使う政府。除染の名の下、二重三重に金儲けをするくせに決して人々を救おうとしない企業。原発の再稼働にやっきになっている輩。
君たちの目に、こういう人間たちはどう映っているのでしょうね。


そして、コハル。

お母さんのところにやっと帰ってきたんだね。
よく頑張った。
あなたたちのことを思うと、子を持つ母親はみな胸が押しつぶされるようになるのです。

子どもに害がある状況を突き詰めていくと、たいていその国の政治に問題があると言ったのは誰だったか。
子どもを守れない国は、誰をも守れない。


このドキュメンタリーは、本当に見る価値あり、です。
時間を作ってでも見たほうがいいと思います。

群馬大の早川由紀夫教授が、ツイッターの発言に対して学長から訓告を受けた件。
ひと言言いたいので、吐き出してから寝ることにしよう。


あの日、原発が水素爆発を起こした瞬間から、東電と政府は必死になって事故を小さく見せようとし、ウソの情報を流し続けた。そのため多くの人々がしなくてもいい被曝をした。
メディアではいろんな専門家の人たちが、半径20kmだの30kmだの、いやいやそれでは足りない50km圏内は避難すべきだの、いろいろなことを言っていた。テレビ画面には、ふくいちを中心とした半径20kmや30kmの色分けされたキレイな円のイラストばかりが映された。
放射性物質がそんなキレイな円を描いてジワーッと広がっていくとはさすがに思わなかったけれど、どこからどこまでが危険なのか、ここに居ていいのか逃げるべきなのか、正確な情報をメディアは教えてくれなかった。
SPEEDIもなぜか肝心な時に、その姿を現さなかったからね。

そんな時にいち早く、放射能拡散予測マップを作って公開してくれたのが、早川先生だ。
記憶をたどる限り、あの時期あのマップ以外に放射能汚染地図はなかったように思う。
あれを見て私は、ふくいちから遠く離れた一関や東葛地方の汚染度の高さに愕然としたんだもの。
放射性物質が、山や谷や風や雪や雨でどのように運ばれ、どこに降り注いだのか。
まさに私たちが当時、ノドから手が出るほど必要としていた貴重なデータだった。
持ち歩きできる「お買い物マップ」も、この上なく便利なものであった。
先生が惜しげもなく公表してくれたデータのおかげで、命を救われた人だっているかもしれない。(いや実際いるだろう)
つまり、それくらい早川先生の功績は偉大だということ。
群馬大はこの早川先生の活動を阻止しようとするのではなく、むしろバックアップしてもいいくらいだ。
なのに、訓告・・・。
まぁこれはツイッターでの問題発言に関してのことらしいが、この一連の騒ぎで早川氏の活動に影響が出なきゃいいが…と、それだけが気がかり。


020l.gif


さて、そのツイッターでの暴言について。
「サリン」だの「オウム信者」だのの発言は確かに過激だが、その単語だけが一人歩きしている感は否めない。前後のやり取りを見れば分かる。早川教授の言っていることは至極マトモだ。「議論しているヒマはない」から敢えて過激な言葉を選び伝えようとした…というのは穿った見方か。


「(消費者が農家を責める、農家が行政を責める、行政が東電を責める。こういう図式だ。毒を食わされた消費者がいきなり東電を責めるのは手順をいくつも飛び越してる。そういう頭越しは、社会システムの中で採用されない)」

「毒入りの農産物をつくった農家が、第一義的に悪い。」

「毒コメの流通を阻止するためには、この段階では生産者に直接言うしかない。青刈りだ。」


この意見に対して、じゃあ福島の米を食べなければいいじゃないか、という意見。
汚染米は、出荷されたらどこへ行っていつ自分の口に入るか分からない。この国では他の地域のお米と混ぜれば、福島産米の表示は不要らしい。
汚染米は安く買い叩かれて、全国に運ばれ、ブラック外食チェーン店や(考えたくないが)おそらく子どもたちの食べる給食などに使われる。私たちが「食べない」という選択は事実上不可能。
だから、汚染地で米の作付けをする人がいる以上、半永久的に私たちは汚染米の恐怖に怯えながら生きていくしかない。


福島には安全な米もあるんだ、風評被害だという意見。
あの知事が安全宣言して、流通して、そのあとセシウムが出たと報道された。
次から次へと、信じられない数値も出た。
これで信じろというほうが無理。流通しているお米全部をきちんと検査したのか?たぶん答えは…。
だから無理なのだ。愚かな首長をもったおかげで、順序を間違え、悲しいかな安心も信用もぜんぶ失ってしまった。真面目に生産してきた農家も、これで一緒くたにされてしまった。
本来なら、汚染しているのかしてないのか分からないようなお米を、流通させるべきではなかった。つまり、先生のおっしゃる通り、作付けはしてはいけなかったのです。


023l.gif



農家の人は被害者だ。
でももし(米を)作ったら加害者になってしまうのだぞと。

それと、無駄な除染にお金かけて、意味ない被曝して(作付けする人の健康だって害されるんだ)暮らすより、
お米を作れなくなった農家の人たちを救済する方法をみんなで考えたほうが、ずっとシンプルで理にかなっていると思うけど違うかな?

だってこれからもずっと日本中の人に疑われながら、悪徳業者に安く買い叩かれながら、そして良心を痛めながら、家族には食べさせられないようなお米を出荷し続けるのって・・・しんどくないですか?

住んでいる土地や仕事や共同体から離れて、新たな人生を始めることは、並大抵のことではない。でも不可能なことでもない。(と私は考えるが、これは強者の論理なのかなー?)
でも少なくとも、自分の周りは何も変えずに今まで通り暮らしたいというのが、汚染米を全国に流通させても良い理由にはならないような気がする。
どんな事情があろうと、他人の健康を害する食べ物を作ったり売ったりするのはイケナイことでしょ、だって。




DSCF2791.jpg


自分がちっぽけに思える夜。。。

ムスメと一緒に観ました。

パパを残して子どもたちと見知らぬ土地での生活を始めたママ。
仕事や顧客のことを考えて、福島に残ることを決めたママ。
子どものことを思うからこそ、毎日これでいいのかと悩んでしまう。
こういうママたちが日本に今どれだけいて、どれだけの涙を流しながら、苦渋の決断を迫られているのだろう。

やっぱり、原発は要らない。
家族を引き裂くような、原発は、もう要らない。



20111106 母親たちの選択 放射線に引き裂かれた... 投稿者 PMG5

矢野沙織さんというサックス奏者の方が、沖縄の那覇市で福島県物産展での出来事をブログに書いて、それが物議を醸し出し、矢野さんが謝罪する事態になったというニュース。

サックス奏者・矢野沙織が発言を謝罪 福島物産展で「百姓が可哀想だから被曝しないといけないのか」
http://www.j-cast.com/2011/10/14110049.html?p=1


元の削除された記事も読んだけれど、矢野さんは口は悪いようだが、別段おかしなことは言っていない。ケータイで話しながら露店を見て歩いていたら「福島物産展」のノボリが見えたので「あ、福島産だったわ」と(電話口の相手に)言ったのだという。
すると店屋のおじさんが「おい、ガキ、ちょっと待てや。」とかなり乱暴な口調で矢野さんを引き留めたらしい。
そこで口論に発展したという。


冷静に読めば、言いがかりをつけてきたのはそのおじさんの方だと分かる。(このおじさんはどうやら福島の方ではなかったらしい)
福島産のものを買うか買わないかを決めるのは消費者だ。
それにもし思いもかけない所で福島産のものに出会ったら、私もこのくらいのことは口走ってしまうかもしれない。というか絶対言ってしまうわ。
ただ私の場合おじさんに、ガキではなくババアと呼ばれるに違いないが(苦笑。
矢野さんはハッキリ「私は放射能を含んでいる可能性のある作物の一切を口にはしたくない意志を持っている」とおっしゃっている。
これは大多数の国民の気持ちだろう。
放射能を含む野菜と含まない野菜が店頭に並んでいたら、人間の心理として、含まない方を選ぶ人の方が圧倒的に多いはず。好き好んで被曝したいと思う人はいないからね。


福島産=すべて放射能に汚染されているもの、でないことは分かっている。
でも、そこにある野菜が本当に汚染されていないのかが消費者には分からない。
基準値以下といっても、その基準値自体が世界が驚くほどの値なので、福島の知事がいくら「安全だ―安心だー」と言っても、まったく信じられないのよ。
どうして食品すべてにベクレル表示しないんだろう。私これ、4月から言ってるんだけどね。(4/21の日記「原発事故の被害に遭っている農家の方へ」参照)
それをしない限りは、矢野さんのような福島産のものに不安を抱いている人たちは、絶対そこで採れたものは買わないっちゅーに。


この一連の騒動を見ていて思うこと。
今後日本各地で、大なり小なりこういうトラブルが増えていくのだろうな、と。


そしていつの間にか怒りの矛先が、政府や東電でなく、福島の農家の方に向けられるんだろうな。
なぜ汚染された土壌で作付けするんだ!なぜ汚染野菜を出荷するんだ!何が風評被害だ!汚染物質をまき散らすな!と・・・


               col30.gif




113 :名無しさん@恐縮です:2011/10/13(木) 21:36:45.12 ID:IDf7aRWW0
福島人の気に入らない事をするとバッシングされる風潮

164 :名無しさん@恐縮です:2011/10/13(木) 21:40:14.30 ID:/Mm8o0a80
これは正論、福島の農家を助ける為に被爆してやる義理はない
でも心の中で思ってればいいだけ、わざわざ口に出さなくてもいい。

213 :名無しさん@恐縮です:2011/10/13(木) 21:42:49.33 ID:5+kxClpS0
こういう当たり前のこと言う奴が必要
次々に上がる基準値で安全と言われてもな
自分の身は自分で守るしかない
福島の人は東電に保証してもらえばいい

229. Posted by   2011年10月14日 02:33
産地偽装したり他の米と混ぜて数値下げたり福島でおこなわれている事は殺人幇助だろ
農家にモラルがあるなら販売するのじゃなくて東電に賠償請求をしろ
だいたいわざわざ福島産を沖縄にまで持っていく頭のおかしさ
東京で福島産が溢れている
そして福島では福島産は食べられていない現実
結局馬鹿な国民は食べて死んでくださいってことだ

251 :名無しさん@恐縮です:2011/10/13(木) 21:45:10.83 ID:n3GT8dwlP
福島県産売る人たちって風評被害だって言うけど実害有っても
それは東電のせいで自分たちが責任取る気は無いんですよね

254. Posted by 名無し 2011年10月14日 02:38
国や東電が悪いって言ってる奴いるけど産地偽装したり色々工夫してまで毒物出荷してる福島も相当悪いから
福島の人間全員が悪いとは言わないけどそういう事ばっかやってたら信用なくなって当然だろ
風評被害でもなんでもないよ

293 :名無しさん@恐縮です:2011/10/13(木) 21:47:38.63 ID:gmTQpNZ7O
大多数が同じ気持ちだろうに
暫定基準値なんてもん作ったり偽装して出荷したり
中途半端な対処しかしてこなかった国の責任は大きい

316. Posted by   2011年10月14日 02:48
福島の農家が自分の家で作った作物を食べないで出荷しているこの事実を知っていて発言してるのか?
農家は被害者だ東電に放射能をまきちらかせられた被害者だそれは間違いない
だが今度それを知っていて作物を出荷すると言う事は今度は加害者になると言う事だ
モラルの問題だ

445 :名無しさん@恐縮です:2011/10/13(木) 21:54:43.06 ID:K2YB4enN0
“放射能を含んだものは一切口にしたくない”くらいの勢いで産地選ばないと、
あっという間に基準値以上の被曝させられそうだもんな。
ただでさえアホみたいな基準値にされてる上に、混ぜ混ぜ&誤魔化し&検査不備で
どこで大量被曝させられるかわからないのに、誰が好き好んで福島産なんか食うか。

530 :名無しさん@恐縮です:2011/10/13(木) 21:58:54.84 ID:hZTh7dT40
てかこの女みたいにハッキリいわないから
福島県の農家とかがガンガン出荷して「風評ヒガイだ」とか言うんだろうが
お前らも日頃福島産を忌避してるくせに
何なんだそのダブルスタンダードは

600 :名無しさん@恐縮です:2011/10/13(木) 22:01:50.19 ID:vl4jLMzS0
別に間違っちゃいないだろ
封じ込めるべきのモノを拡散してる政府が悪い
生産者には東電が賠償して責任をもって廃棄すべき

659 :名無しさん@恐縮です:2011/10/13(木) 22:04:16.78 ID:IvIv30t60
怒りの矛先を政府じゃなく農家にぶつけて騒いでるんだものな
よく飼い慣らされた国民だよホントに




               col29.gif



というか、那覇にまでわざわざ福島産のものを運んでいるんだな。
武田邦彦氏が「福島や関東の野菜を売るために汚染されていない南の野菜を捨てさせている」と書いていたけれど(→横浜のストロンチウムと子供の守り方 緊急の2)
…なるほど。容易にやりそうですね、そんなことくらい。


西日本の方は、福島のことなど違う国の話というくらい無関心な人が多いらしいから、知らない間に放射性物質を買わされているかもしれませんよ。
広島から出たことのないお母さんの母乳からセシウムが出ましたしね。(このお母さんは食材に無頓着だったらしいです)
これから沸いてくる健康被害を、原発事故と無関係にしたいために、汚染ガレキや食べ物をせっせと全国にバラまいている人たちの筋書き通りってわけですな。


だからこの矢野さんのように、ちゃんとNO!と言っていかなきゃダメなのだ。
日本にキレイな土地を残すために、西日本の人は全力で汚染物を自分の所に入れないようにする。
大人はもちろん特に子どもには、ベクレルフリーの食事を摂らせる。
給食に目を光らせる。
外食はしない。
・・・みんなで一緒に被ばくする必要はないからね。


そして一番大事な事は、責める相手を間違えないこと。
福島の農家を責めてもしょーがない。
敵はそこじゃない。
本丸は国。東電を中心に原子力利権に群がるシンジケート


仲たがいしていては、奴らの思うつぼ。
福島の農家をスケープゴートにして、責任逃れをするつもり。
農家さんも被害者なのだ。
だって例えばもし今日美浜原発が爆発したら、今度は福井の農家を責める?
そんなことしたって意味ないですもんね。





Anita Fengさんの作品。↓(脱原発ポスター展より)
tumblr_lmaqpiT3Tw1qisj57o1_400_convert_20111015093402.jpg




      iroiro.gif

ゆうべ1枚のハガキが届いた。
誰かと思ったら中学時代の親友からだった。お誕生日のお祝い。
家族以外に、この地球上に、自分の誕生日を覚えていてくれる人がいるってスゴい事だよね。
私は80になっても、彼女にお誕生日おめでとうと言い続けるのだろう。
なんだか心の底から温まりました。ありがとうね、K。