あれから5年。


5nennme_convert_20160319092543.jpg


5年前の3月11日。自分は何をしていただろう?
次々と映し出されるニュース映像に ただただおののくだけだった。


そして、ふくいちの原発事故。


チェルノブイリでは、4〜5年後から子どもの甲状腺ガンが急増し始めた。
福島でもすでに、全国平均の50倍の小児甲状腺ガンが見つかっている。
もはや隠し通せる状況ではないのに、いまだに住民には正確なアナウンスメントがされていない。


岡山大学大学院の津田敏秀教授(環境生命科学研究科)のように、今実際に起こっている正確な情報をくれる人が日本には少ない。
100万人に1人というまれな病気であるはずの小児甲状腺ガンが、100万人に600人以上の割合で発生しているのに、「原発事故の影響とは考えにくい」と主張し続ける専門家もいる。
そしてその発言だけを取り上げて、無意味な安全神話を作り上げるマスコミ。



2f542130193ffe3fc94541482b6aaeac-e13665360062411_convert_20160319234340.png


こんなふうに「子どもたちの疎開の必要」を声に出して言ってくれる人も本当に少ない。なんでか知らんが、疎開とか避難とかいうワードは禁句になっているらしい。
あ、ちなみにこの市長さん、先の選挙で無事当選しました。
松本市民を ナメンナヨ。



p.12からずっと読み進めていく。
知らなかったことばかりだ。


元NHKのアナウンサーだった堀潤さんのスクープ。
米国のサンオノフレ原発の再稼動に関して、住民ヒアリングがくりかえされる中、米の原子力規制委員会(NRC)が三菱重工の高砂工場に抜き打ちの立ち入り検査をした。その結果、三菱重工の「安全論」の主張が信じられないことが判明し、サンオノフレ原発2基が廃炉になり、米国の電力会社が三菱重工に1兆円近い損害賠償を請求した!と。


恐ろしいのは、川内・高浜・伊方原発その他日本のすべての加圧水型原発は、
その三菱重工の「安全な」蒸気発生器を使っているということ。


ウソだろ…。
f65171f1.jpg




つらいのは、p.14から。


逃げたくても逃げられずにいる人たち。
毎日不安で押しつぶされる日々を送っているお母さんたちの気持ち。


それでも逃げてほしい、と思う。
決断してほしいと思う。
それをさせないでいる社会の風潮や、政府のいうウソや、家族の同調バイアスを歯がゆく思うし、子どもの命より大事なものがあると思わされていることにも腹が立つ。


なんか、本当に悲しくなる。
5年経ってみて、政府は何も変わらなかった。(当時の政府よりひどい)
まだ避難生活をしている人や事故の影響で元の生活に戻れない人たちがたくさんいるのに、経済だ経済だと言うだけで、税率アップと憲法改正しか頭になく、東北のことは見捨てているように見える。



あと5年経ってもきっと同じだろう。
とにかく、今の政府ではダメだ。







スポンサーサイト



画像は「子どもを守り原発を棄てる」ためのパンフレットより拝借しました。
このTシャツ着て 歩いてますよ〜。


ムスメが確か小3か小4の時だったと思うが、新聞を活用した授業があった。
興味のある記事を集めて、スクラップ新聞を作るとかそんな感じの。
家から新聞の切り抜きを持参せよとの連絡。


うちは新聞はとっていないので、当時家にあった信濃毎日新聞の無料購読版(再三要らないと断っているのに定期的にポストに投げ込まれる)から切り抜きをし、持って行かせた。


これはNIEという事業で、日本新聞協会と教育界が結託して始めたもののようだ。新聞を授業に取り入れることで、子どもの読解力や社会への関心を高め、親子のコミュニケーション能力を養う、とかなんとか。その時は、なぜ新聞なんだろう?と思ったけれど、調べてみて合点がいった。
そのことを話していたら、歯に衣着せぬ友人の一人が「新聞業界も今売れなくて大変だからさ〜」と。…なるほど。本当の目的はそこらへんにあるのかもね。


小学生のムスメいわく「新聞とってないの、うちだけだったよ〜」と。
なんでとらないの?と聞くムスメに「新聞なんて嘘だらけ。新聞で正しいのは日付だけだって、かの談志師匠も言ってた。お母さんもそう思う」と冗談で返したが、半分は本心である。


       hitujigirl2_convert_20150130090243.gif hitujipapa1_convert_20150130090112.gif


もちろん新聞にも正しいことは書いてあるし、肩入れしたいくらい頑張ってる新聞もなかにはある。でも子どもって学校で習ったこと=絶対に正しいと信じる生き物だから、新聞が間違うこともあるんだよってのをセットで教えないと公平じゃない気がするんだよなぁ。


もしメディア・リテラシーを磨くのが目的なら、松本市なんて、それこそいい題材があるじゃないか。


そう、日本史上最大の報道被害事件である松本サリン事件だ。


あの時、農薬からサリンは作れないと分かってからも、マスコミは執拗に、K氏が犯人であるかのような報道を続けた。テレビも新聞も。
あたかも農薬から簡単にサリンが合成できるという論調。なかでも地元の有力紙/信濃毎日新聞がそれを伝えたことが、さらなる冤罪の拡大につながったと言われている。


これについては地元・美須々ヶ丘高校の放送部が見事に切り込んだ取材をした本がある。素晴らしいので是非一読を。
ニュースがまちがった日―高校生が追った松本サリン事件報道、そして十年
ニュースがまちがった日―高校生が追った松本サリン事件報道、そして十年





「原発がなくなっても電気は足りるんだ」とか、ちょっと自分で調べればすぐ分かることも、それをしないで、テレビとか新聞など 大きなメディアが流す真逆の報道を信じてしまうクセは いい加減もう止めたい。


「おや?」という違和感は、意外と真実をついてたりするものだ。
例えば安倍首相が後藤健二さんのお母様の面談を断ったというニュース。
なんで?って思うよね。お母様に何か踏み込まれて困ることでもあるの?って。
ヨルダンとかトルコへの核輸出とか? 民間の軍事産業ビジネスのこと?
大体、人質を救出する前に 自己責任論が出てくること自体、おかしい。
これもメディアから。
……やっぱり おかしいよ。


日本のメディアだけじゃなくて、海外のものもチェックする。
むしろそっちを最初にチェックする日々です、この頃は。


あと、信頼できるジャーナリストさんへの資金援助は続けている。
自分が何ができるかって考えたら、これもそのうちの一つだから。
今月はビールを控えているので、上乗せして振り込もう。
こんな時だから。
いや、こんな時だからこそ、である。








2013年の参院選での三宅洋平さんの選挙演説をYouTubeで見て体中に電気が走ったあの日から、ずっと、この(とつ難の)耳で、彼の生の声を聞きたいと思ってきた。
ずっと思ってると、願いは必ず叶うもんだよね。
昨日、叶った。



TALK SESSION with 三宅洋平@塩尻


耳に残った言葉を箇条書きにしてみる。(ニュアンスが違ってたらごめんなさい)


・憲法0条に すべてのことは環境を最優先とする、と入れたい
・「分かっちゃいるけど何となく」で済まされていること(例:地震、原発)
・世界平和 = 軍縮
・ダムのない一級河川は日本にひとつも残ってない
・一番大きな建築力をもっているのは「自然」
日本をもっとファンキーでカラフルに!
・失業率はコントロールされている(戦争が始まる前は、失業率が上がる)
・自分には人権があるんだと思わなければ、効力は生まれない
・憲法には、戦争にこりごりした人たちの思いが詰まってる。環境破壊にこりごりした人たちが新しい憲法を作る
一億総めんどうくさい人になる!
・一人年間一万円を払って、すべての公共交通機関をタダにすることは可能か?



DSC02251_convert_20140915190700.jpg  DSC02254_convert_20140915190739.jpg



中でも一番共感したのは、教育に関すること。


小中学校9年間のあいだに、「食べ物の作り方」を学ぶ「農」の時間をもつ、という考え方。
わたし、これ、大大大賛成ですっ!!!


実際40過ぎてから畑を始めた時、まず始めに土をどうするかも分からないことに愕然としたんだよね。「はて?なんであたし、そんなことも知らないんだろ?」って。
純粋に疑問をもった。
長野のおじいちゃんおばあちゃんは、大抵畑を持ってるから知識がある。
みんな当たり前のように、畑やってる。
でも、若い人は何にも知らない。長野に住んでんのに。
私と同じ。
なんで誰もそういうことを教えてくれなかったんだろ?って。
農業高校にでも行かないと、ジャガイモ一つ作れんのか、って。
自転車の乗り方は教わったのに、食べ物の作り方は教わらなかった。
これって何か変だよね?って。

m-styl1.gif

三宅さんは言ってた。


小中学校の1、2時間目は「農」の時間にする。
そこで、食べ物の作り方をちゃんと教える。
食べ物を作ることができる力を養い、採れた食物を調理する力を養う。
教育の中に「食べる」という項目を入れていく。
なぜなら、食べ物を作って調理できる力があれば、大丈夫。何があっても生きていけると思える、って。


その通り!パン!(膝を叩く音)
いいこと言うなあ三宅洋平。



m-styl31.gifその「農」の話の続きで、セルフビルドの話も出た。

自分で家を建てる、ちょっとした家のガタを直すことができる、電気の配線の仕方が分かる、そんな木工男子がこれからの時代には必要だ、というような話になったら、横で聞いてた夫がドヤ顔で
「まさにオレのことじゃない?ん?ん?ん?」


ウザイから言いたくないけど、確かにこの男は、木工男子だ。(正確には中年)
この家の電気のスイッチの位置を使いやすいように変えたり(前は、トイレの電気のスイッチがなぜか玄関にあり、トイレに入る前は玄関まで行って電気を付けてから入っていた。信じられないけど本当の話。ビックリハウスか)
あまりに寒いので、リビングの窓に二重サッシを取り付けたり、
屋根裏と床下に断熱材を入れたり、
ドアの立て付けを直したり、水道管を直したり…。
家のメンテはこの男のおかげで完璧。
「ちょっとここの具合が悪くて…」と言えば、すぐ直してくれる。
道具とノウハウを持ってる人間が家の中にいて、正直とても助かっている。
でも、男の人ってみんなこうなんじゃないの?えっ?違う?


一方あたしに何ができるかというと、畑で野菜作ってるし。
調理は夫もできるけど、あたしもできるし。
これしか出来ないけど。笑


なんか自分一人じゃ何もできないような気がして悶々としてたけど、今日少し勇気をもらった気がする。
10歳以上年下の三宅洋平という人に。


……さて。
いっちょ頑張っていきますか。


旅に出る刻だ。









今日は雨。
畑に行くつもりだったが、天気予報を見てやめた。
水やりの手間が省けた。(と思うことにした)


家の片付けをしながら この時期わが家に欠かせない「赤ジソジュース」をせっせと作り置き。
赤ジソジュースの効能として、アレルギーや夏バテ予防、整腸、免疫力アップ…などがある。


こないだムスメにせがまれて、初めて「猫カフェ」(たくさんの猫ちゃんと触れあえるカフェ)に連れて行ったのだが、1時間思う存分猫ちゃんたちと遊んで店を出たら、ムスメの手や口の周りが真っ赤になっていてビックリ!
おまけにくしゃみ・鼻水がすごい。
これはもろ猫アレルギーの症状だよと言ったら、泣き出した。
猫ちゃん大好きだからね^^


家に帰ってすぐ服を脱がせ、シャワーを浴び、赤ジソジュースを飲ませたら、顔や手のじんましん様が、ウソのように消えた。


70.gif    71.gif    72.gif



生きていくためには、いろんな困難があるのだなぁ。ムスメよ。
望む望まないにかかわらず、この地球上にいる限り さまざまなアレルゲンと共に生きていくしかないのだ。
アレルゲンはどこにでもいるし、人間の身体というのは不思議なもので、無害なものでもアレルゲンと判断して身体を守ろうと反応することもあるからなぁ。


抗菌・抗カビの世界にどっぷり浸かっていると、いざという時に、本当の危険から自分の身を守れないかもしれない。
避けるだけじゃなく、やっぱりまずは自分で自分の身体の免疫力を上げておくこと。
これに尽きるワ。
毎回おんなじ結論に達する。うん、間違いない^^


そして同時に、環境問題もー。


ある年齢層の女性であれば、レントゲンを撮る前に、妊娠の有無を必ず確認される。
妊婦は、会社の健診でもX線撮影の類は免除される。
それがどうしてなのか、考えられない人がいるのだなぁ。


ある日を境に突然、「胸のレントゲン撮影◯回分だから大したことない」という人が出てきた。
「放射線管理区域」と書かれた空間に、妊婦も、子どもも、生まれたばかりの赤ちゃんも、一緒くたに放り込まれたようなものだ。
それまでは1回のレントゲン撮影でさえ妊婦は避けてきたのに、急に「大丈夫だ」と誰かが言い出した。
一時的に止まらない鼻血や下痢が起きるかもしれませんけど、健康に影響はないから大丈夫と言う。
目に見えないから?
何年か後に ガンになったり心臓マヒを起こしても(因果関係を証明するのは難しい)責任を問われずに済むから?
今でもある種の人たちは、自信をもって「大丈夫」と言い続けている。


科学者や医者、政治家という立場を利用して、こういった安全デマを流すのは
未必の故意に当たらないのか。
「50年後に生まれてくる子どもがぜんぶカタワであっても構わない」という発言は、まさにそのものではないのか。



line23.gif




大飯原発が再稼働した。

そのニュースを聞いた時、最初の2秒はショックと絶望が襲ってきたけれど、
次の瞬間から猛烈な怒りが沸いてきた。


原発のせいで、どれだけの人が苦しんでいるか。
どれだけの人が生活をメチャクチャにされたか。
実際に危険区域で作業を行っている人たちは、どういった人たちなのか。
本当にそれで「雇用をうんでいる」と言えるの?
そんな危険なものが、どれだけ危険な場所に建っているのか。

原発ほど不安定で、コントロールの利かないものはないのだ。
原発というのは、外部電源が必要で、原発そのものは火力、水力のバックアップなしには動かせない。
火力なら、事故があったとしても、人が入り込んでその場で修理できる。
でも原発はそうはいかない。
誰かが、命を削って、決死隊よろしく突入するしかない。
それに原発というのは、一度事があれば、日本国内の問題だけでは済まされない。


原発を動かさないと、電力供給が不安定になって日本経済がたちいかなくなるですと!?
本気でそう思ってるヒト、原発利権で懐を潤しているほんの一握りの人間たちの洗脳術に、見事にハマってしまってますよ。
原発になんの利権も持たない一般人が、デモに参加している人たちを冷ややかな目で見たり、反原発の批判をしたりしているのを見るにつけ、ああ、問題の根は深いのだ…と思わざるを得ない。

搾取されている人たちを、こうもうまく洗脳するとは。
黙って金を払ってくれる大人しい羊たちを、よくもまぁうまく手なずけたものだ。


羊さんたち、感情でなく、ちゃんと頭で考えないといけない。
本当に、今のままで原発を動かす資格がこの日本にあるのか?
自分で調べて少し考えてみれば、すぐに分かることがたくさんある。
黙って従っていても、世の中は良くならない。


原発がなくても、電気は足りている。
代替案など、要らぬのです。


line23.gif



そして、子どもの給食に不安を感じている親に「神経質すぎる」という人へ。

週刊金曜日の6/8号の「給食の牛乳を拒否する権利はあるのか」という天野一哉さんの記事から。
P7042026_convert_20120704100517.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
レストランで料理に髪の毛が1本入っていたとしよう。『ただちに健康に被害を及ぼすことはない』とか『神経質すぎる』と店側が言うだろうか。『安心』という感覚は消費者が持つものであり、商品の選択権も消費者にある。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



食品も 電力も 道路も 首相官邸も すべて市民のものなのだということを 
傍若無人に支配している人たちへ そろそろ思い出させてあげる必要がありそうだ。





ゴールデンウィークにあまり関係なく働いていた。
ま、予定がないから別にいいんですが^^
前の休みの日に撮ったギボウシの新芽。…きっともう今頃はもっと大きくなってるんだろうなぁ。


世間の連休に合わせて帰省するという習慣がない我が家。
今回の大型連休もすっかり油断していたら、義両親が泊まりにきた。
来い来いと言われていながら、なんやかんやと理由をつけて行かなかった。ほんと今年は正月にちょろっと顔を出しただけだもんなぁ。
いえね、放射線量の問題さえなければ、いくらでも行きたい気持ちはあるのです。
実家も義実家も 線量自体はさほど高くはないものの、近くにいわゆるホットスポットが点在している地域。
実際に 私の実家付近からこちらに避難移住してきている若いご家族もいる。
何というか、ビミョーなところ…。


ビミョーであるがゆえに、大いに悩むのだ。
柏とか日光とか、スーパーホットスポットとして大々的に報道されたエリアなら、むしろこんなに悩まなかった。
だって、低線量被ばくの危険性を 両親にどう説明したらいい?
…小心者の私は、本当の理由を言えずに、ただのらりくらりと両親からの帰省攻撃をかわすことしかできないのです(苦笑)。


がしかし、最近になって実家・義実家両方から想定外の攻撃が・・・。
仕事が忙しいだろうからあなた(=私のこと)は来なくていい、孫だけよこせ、と。

ガーーン。そうきたか。

ムスメはもう一人でバスにも電車にも(たぶん)乗れる。
新宿で両親が出迎えてくれれば、何の心配もなくジジババの家に辿り着けるだろう。
「だから心配しなくて大丈夫よ♪」って、無邪気に提案する両親へ返す言葉が見つからず。
問題はそこじゃないんだよぉー。

かの小出裕章さんも「おじいさん、おばあさんに(孫を)会わせるのも人間の営みとして必要だ」 とおっしゃっている。
京都大・小出助教、NYで講演―帰国前に知りたい「放射能」のこと
http://newyork.keizai.biz/headline/687/
(情報元:ニューヨーク経済新聞)

…分かります。痛いほど。
でも「どちらが重いか、自分で判断して下さい」と締めくくっておられます。
考えています。いつでも。両親にもいつかはちゃんと言わなきゃいけないことも。


             bbs01.gif


今日、私と同じく東京から松本に移住してきた人に「ざざさんは、永住する地はもう決めましたか?」と聞かれた。
……永住する地。
それを考えるだけで、夢がふくらみワクワクした。楽しいことのはずだった。
でも今はちょっと違う。それがカナシイ。
消去しなければならない場所があまりにも多くなってしまった。


こどもの日に、この国の稼働する原発がゼロになった。
それを素直に喜びたい。
そしてこの夏も、このままゼロ更新を続けなくては。何としてでも。
気軽に実家に孫を連れて帰れなくした原発など、もう本当に要らない…と思う。


             bbs10.gif


今日の月は、今まで見たこともない真っ赤な月です。
トマト月? どちらにしろイヤな感じを受けます。
「15度の月でも黄色い程度が普通でトマトのように赤くなるのはラドンや帯電エアロゾルの大地震前兆である」と@tokaiamaさん。
念のためみなさまご注意を。