寄せ植え作りが止まらない〜。





おニューのプラ鉢に、紫色のトレニアを主役にした寄せ植えを作ってみた。


IMG_E1160_convert_20180612124859.jpg


・トレニア2株
・ピンクのイソトマ 愛華 2株
・アンゲロニア セレニータ 2株
・ロータスブラックムーニー 2株
・ユーフォルビア ダイアモンドフロスト
・オレガナム ネオンライト
・セージ グレッギーブルー
・ユーフォルビア ブラックバード



IMG_1161_convert_20180612124942.jpg


このあとすぐスコールのような雨。
庭のパトロールもそこそこに 慌てて洗濯物を取り込む。



11-2.gif




RADなんとかの「HINOMARU」という楽曲の歌詞が物議を醸している件。
うーん。これは、軍歌と言われてもしょーがないと感じた。
「気高きこの御国の御霊」「日出づる国の御名のもとに」
戦争を知らない世代だから、ではすまされない言葉のチョイスだなァしかし。
なぜ「日の丸」なんだろう???


そして、チャイルディッシュ・ガンビーノ「This Is America」だ。


Childish Gambino - This Is America (Official Video)


全世界で2000万回以上再生されてるから観た人も多いだろう。
このMVの意図するところ、場面場面に隠された意味。
「HINOMARU」とは、真逆の立場にある。



IMG_1177_convert_20180612125305.jpg



今このご時世で、どちらのアーチストの姿勢を支持するか。
その選択は、直接自分たちの未来にかかわってくる。





スポンサーサイト

ハンギングの作りかえ。
まずは出来上がりの図から。





今回の目玉はこれ↓

IMG_1142_convert_20180609221430.jpg


【コエビソウ】エビーナ・ゴールデンダーク
▪︎メキシコ原産のキツネノマゴ科の植物。別名ペロペロネ
▪︎エビのような形の花は苞で、花はその中の白い部分
▪︎上向きに咲く、日向だとコンパクトに育ちよく開花する



IMG_E1148_convert_20180609221500.jpg


作りたてはまだ萎れているが、明日にはシャキッとしているだろう。
フェンスに夏雪カズラが絡んでいるので、色が少ないとハンギング自体が目立たないなー。
もう一つのは花主体で派手な色で作るか。


IMG_1145_convert_20180609221518.jpg


・極小輪のニチニチソウ3株(ピンク2、赤1)
・日々草 彩夏1株 濃いピンクのもの1株
・エビーナ ゴールデンダーク
・小型栄養系コリウス ファンシーボール
・小型栄養系コリウス テルテルハート
・デジコンドラ シルバーフォールズ
・斑入りアメリカヅタ
・ユーフォルビア ダイアモンドフロスト




花屋さんに寄ってしまい、ついまた苗を買ってきてしまった。ほとんどビョーキだな。
ちょうどお気に入りの鉢が空いてたんでラッキー。
まずはいきなり出来上がりの写真からー。





この寄せ植えに使った苗たち↓

IMG_E1037_convert_20180513031934.jpg


根詰まりしている苗は こうして水につけてほぐしてから。

IMG_E1039_convert_20180513031953.jpg


私的目玉はコレ↓ ロータスコットンキャンディ

IMG_1042_convert_20180513032613.jpg


コットンみたいにふわふわ〜。不思議な植物。
ロータスのふわふわが細かい毛細血管にしか見えない。←どないー

IMG_E1047_convert_20180513032719.jpg


小花ばかりで、花がら摘みが今後大変だろうけど、そんなの気にしない。
ひたすらこういうのが好きなんだー。

IMG_E1045_convert_20180513032737.jpg


今回使った苗たち↓

IMG_1043_convert_20180513033234.jpg


カリブラコア2種 ダブルサクラローズ ダブルホットローズ
ロベリア夏子2苗
へリクリサム ペティオラレ
ロータス コットンキャンディ


カリブラコアは花期が長いんで 秋まで楽しめる。
もうちょっと成長したら華やかになるかも。





車ん中で清志郎の声を聴く。あ、ごめん。ゼリーだった。
タイマーズのテーマ。
♪Hey Hey
We're THE TIMERS
Timerを持ってる
こんな でたらめな街を
さよならしたいよ♪


ほんと最近はそういう気分。
辺見庸氏も言ってた
『ニッポンのことは、話すにもちからがはいらない』
ってね。
力を振り絞って 今月も真のジャーナリストに寄付してきた。
毎月の 罪滅ぼしの意をこめて。







まずは3月17日に作ったハンギング。
春の花が花屋さんに出揃うのが待ちきれなくて作ったのを思い出す。





花の数こそ減ったけれど、黄色や斑のの葉ものが 少ない花たちを盛り立ててくれてる。これはこれですごくいい感じ。


IMG_E0976_convert_20180502220819.jpg


ピンクのバイカラーとピンク×黄色のネメシアが元気。
あとはやっぱ間違いないグレゴマだね。


IMG_E1001_convert_20180502220833.jpg


上のは12月5日に作って、越冬した寄せ植え。
葉牡丹はトウが立って切ってしまったので もう跡形もないけど、ピンクのタイムと白のイベリスが真っ盛りで、なかなかキレイ。
カルーナは枯れても美しいので そのままにしてある。
こまめに日光に当てたせいで、ここまで元気になった。


IMG_E1017_convert_20180502220847.jpg


これはなんと! 7月12日に作ったアイアンのハンギング。
両サイドのリシマキア(2種)だけは、完全に枯れてしまった。
でもヒューケラグレゴマは強いね〜。
雪に埋もれてた時は死んだようだったが、見事に生きていた。
しかしグレゴマの強さはハンパない。
寒冷地向きなのかな。



      rokextuto.jpg




しかし国民に堂々と嘘をついて
バレそうになったら小出しに認めるって
どんだけ国民をバカにしてるのか。


「忖度」でもなんでもない。
秘書官が「首相案件」と言っているのだから、政府主導以外ありえない。
よしんば忖度だったとしても、忖度させるような制度(内閣人事局)は問題ではないのか。
当事者だけが罪をかぶるのか。


国際社会からはまるで相手にされないのに
内部にはめっぽう強く 周囲が必死でかばってくれるおかげで未だに権力の座に居座ってい(られ)る首相らを見ていると、もうこの国は救いようがないところまで来ているのではないかと感じる。


諸外国からは日本は一昔前の北朝鮮に見えるだろうね。





こちらが3月18日に作ったハンギング。





中央のオステオスペルマムの花数が少ないけれど、それ以外の花たちの勢いがすごい。
向かって左上の小花のヒナソウ、その下の白のイベリス
おきまりのピンクのバコパネメシア2種。


で、こっちが3月31日に作ったもの。


IMG_E0895_convert_20180425220352.jpg


白のアリッサムが、作った当初は水切れで枯れかけていたんだけど見事に復活した。予想通り。
上の方のふんわりビオラのいい香りが ここを通るたびに漂ってくる。
I's selectionさんのものは初めてだったが、気に入った。
また機会があったら買おうっと。