今日は、ずっと気になっていたけれど、怖くてなかなか言い出せなかった「ソーキング問題」について語ろうと思う。


DSC07601_convert_20170718085437.jpg


今までもこのブログ内で「ソーキングしたらウスネさんが元気になった」などとさんざ書いてきた私が言うのも何なんですが、ハッキリ言います。


ソーキングは邪道である。
…すべてのチランジアにおいて。






ウスネオイデスをはじめ、チランジアを育てるにあたり、私が常に念頭に置いていることが2つあります。


1つ目は、チランジアは植物である、ということ。
当たり前ですか? 当たり前ですよね。
でもこれがなかなかどうして忘れてしまいがち…なんですよ。

チランジアは土が要らないし、一部ではインテリアプランツなどと言われ室内を装飾するためのアクセサリーとして売られていたりします。
だからつい「普通の植物である」ということを忘れそうになる。

植物をきちんと育てるには、最低限の園芸の知識が必要です。
土が要らない」=「世話も要らない」…ではないんです
でも悲しいかな、そういったニュアンスで記述されている記事を時折見かけます。
見た目が特殊ゆえ、植物扱いされないかわいそうなチランジア。
それがすべての失敗の原因かもしれないのに。


2つ目は、できる限り自生の状態に近づけてあげること。
ここから「基本は屋外で管理する」という持論に行き着くわけです。
室内で長期間元気に育てるなんて、ムリです。
よほど上手く管理できるなら別ですが。



            rokextuto.jpg



ウスネオイデスには、風と水分が必要です。
外に吊るして雨ざらしになったあとは、急に元気になります。
ウスネオイデスがもともといた環境を考えれば、説明がつくと思います。
で、ソーキングはどうなんでしょうか?


水を張ったバケツにウスネオイデスをドボンとそのまま何時間も漬け込む…。
自然に自生しているウスネオイデスには あり得ないことです。
サイトによっては、6時間から8時間がベストと書いてあるところもあります。
今調べてみましたら、むしろそっちの方が主流になっている!
6時間も水に沈ませておくのが果たして良いことなのか? 植物ですよ?



            tyaba.jpg



うちのウスネオイデスの管理の仕方はこうです。


春暖かくなったら外に出す。(目安は気温10℃)
日差しの強い5月以降は、柿の木の下へ吊るす。
夕方は、ホースまたはジョウロでビショビショになるまで濡らす。
水を軽く払って、そのまま吊るしておく。
雨が降りそうな時や梅雨時は、水は十分なので水やりは控える。
……以上!



南米ですくすく育っていたかもしれない植物を、ムリヤリこんな乾燥している寒い地方に持ってきてしまったのだから、せめて故郷と同じような環境を作ってあげたい。


今思ったのですが「ソーキング」って、輸送後の緊急処置としてあみ出された手法なのではないでしょうか?
日常的な管理方法としては、極めて邪道だと思うんですよ。
ま、そのソーキングをさんざんやってきた私が言うのもアレなんですけどね。


ということで、もうソーキングは2度としません。
しない代わりに、マメに水をやります。夜に。ホースでビジャビジャと。


試しに1ヶ月この方法で管理してみた結果、冬に枯れたところが、またもりもりと再生してきましたよ。
つまりは、そういうことです。
植物のあるべき姿をイメージし、不自然なことはやらない。
よく考えれば当然のことかもしれませんね。
ちょっと気づくのが遅すぎました。




スポンサーサイト

久しぶりのウスネオイデスさんです。
ウスネさん好き、集まれ〜!^^
干上がってたので、何ヶ月かぶりのソーキングをするよっ。




あ、ちょっと待って。水張るの忘れてた(汗)。
その辺に転がっててくれるかな?悪いけど。


DSC07385_convert_20170601031502.jpg

さーせん。ご用意ができました。
2000倍に薄めた液肥にドボン!


DSC07409_convert_20170601031527.jpg

もう一個の針金のハンガーにかけてあるやつもドボン!
で、1時間後。
引き上げようとしたら、、、、あれれ? なんじゃこりゃ???


DSC07410_convert_20170601031544.jpg


まりもみたいになっとるwww


DSC07412_convert_20170601031602.jpg

直径50センチくらいのボウルになってます。ふふ。
面白いからこのままにしといても良かったんだけど、蒸れそうなので元に戻そ。


DSC07416_convert_20170601031616.jpg




せっかくソーキングしたのに夜、大雨だったよ……。
意味ないじゃーーん。












ウスネオイデスをあちこち移動させてると、どうしてもカス部分が増える。
引っかかってちぎれたり、ビニールタイから抜け落ちたり。
それを集めて育てて1本にする地味ーーな作業も何気に好き。




久しぶりにウスネオイデスの様子をば。
極寒地のウスネさんです。
頑張ってます…と言いたいところだが、最近どうも元気がない。


理由は、慢心。私の…。
これを育てて今年で7年目になるが、初めて枯らしかけている。






写真を見れば分かると思うが、ところどころ茶色くなっている。
もっさりと束になっている真ん中のほうは、ほとんど茶色化している。つまり、枯れちゃっているのだ。


原因は、明らかに水不足
冬は水やりを控えめにと言っても、あまりにも控えすぎた。


これまでは、休みの日が雨ならマメに外に出してやったり、夜は風呂場に移動させて湿気を与えていたりした。が、今年の冬は、ほとんど移動させていない。
心に余裕がなかったせいか、ウスネオイデスまで気が回らなかった。
毎日見ては、ああ、そろそろ霧吹きでもしないと…と思うのだが、霧吹きが壊れていたせいもあり、ついつい後回しにしていた。
で、案の定、細いやつから枯れてきた。


慌ててHCに走り、360度どこからでも吹けるという大容量の霧吹きを買ってきた。
家の中は、かなり乾燥している。
霧吹きで水をやっても、10分もすれば乾いている。
なので、ここ最近は、1日おきに一緒にお風呂にも入っている。←湯船につかるとかじゃないですよ。


ウスネの育成には自信をもっていたのが、このザマだ。
手がかからないのと、手をかけないのとは、まったく違う。
植物だって生きている。


枯れた部分をこまめにカットして、再度束ね直す…という作業もちまちまやっている。枯れた部分が元どおりになることはまずないので、こうするしかない。暖かくなればきっとまた増えてくれるさ。そう、暖かくなれば……。



FullSizeRender_3_convert_20170211222429.jpg



柿の木に吊るしてあるウスネオイデスですが
伸びてくると あちこちに絡まったり飛んでったり。
目についたものだけ拾ってみました。何となく。






これでまた2束増えてしまった…。(´Д`)ハァ…



今日は33℃の炎天下のもと、ウスネさんたちがカラッカラに乾いてたんで
久々にソーキングをば。


20リットルのバケツに 一度に入りきらないので
2回に分けて。


この季節、外に吊るしておくと どんどん成長しますなあ。
もう吊るすところもないでござるよ。
どなたか持って行って下さらんかのう。




line01-1.gif




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
自然界では弱肉強食。なのに人間は弱者を税金などで生かしている。
理にかなっていない気がするが、それは何故なのか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



Yahoo知恵袋に投稿されたこんな質問に対するベストアンサーが神回答だと話題になっていますね。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1463546664



やや長文ですが 実に的を得た、しかも説得力のある素晴らしい回答でした。
目からウロコが ぽろぽろ落ちましたよ。
必読です。


回答者さんはこう言っています。


自然界は「弱肉強食」ではありません。
個体レベルでは「全肉全食」で、種レベルでは「適者生存」です。



人間は、生物としての遺伝子を次世代に残すために
「社会性」という戦略を行ってきたのだ、と。


高度に機能的な社会を作り、長期の生存が不可能な個体(この場合、質問者さんの言う「弱者」ですね)をも生き延びさせること。


そもそも「優秀な遺伝子」なんてものは無いんですね。
人間はみな「弱者」なんです。


国家を動かしていると思っている人たちも、食べ物や排泄や日々乗り回している高級車でさえ 他の誰かの働きによって作られ、困ることなく生存できているのだし
障害者の人たちだって、現代社会では「障害」としかみなされないけれども、もしかしたら種の保存においては最も有効な人たちなのかもしれません。


そして、そういう人たちのお世話をしたり、間接的に税金で保護している私たちも、そういう機能的な社会においての「互助作用」により、恩恵を受けて生きていられるのかもしれません。



line01-1.gif



やまゆり園の事件の容疑者も、こんな回答を誰かからもらえたら
あんな事件は起こさなかったでしょうに。


最後に、回答者さんの言葉より。



我々全員が「弱者」であり、
「弱者」を生かすのがホモ・サピエンスの生存戦略だということです





DSC00012_convert_20160731220720.jpg




「足があって自分の意思で移動できる私という人間」を操り、世話させている。
これは、ウスネオイデスの生存戦略なのかもしれませんわね。
(完全に大成功ですけど)