修造が何やらやっています。





リビングの掃き出し窓。
ここも2重サッシなのですが、外窓の方に断熱シートを貼ってありました。
外からは見えないオシャレなやつ。


今調べたら、それを貼ったのがええと、2012年…って
4年前かーいっ ゞ( ̄∇ ̄;)


直射日光でボロボロペロリンとなっていたので ←そりゃなるわな
新しく貼り直してくれているのでした。
今度のはこれ↓


IMG_0026_convert_20161218181924.jpg


これね、空気層を作ることで保温・断熱効果を得るっていうんですが
なかなか良さげです。
透明度もバツグンで、何も貼ってないところよりよく見えるくらい。


ただ、うちもそうですけど、前のや前の前の住人が貼り付けた断熱フィルムのカスが窓にこびりついて、それをキレイに剥がすのに時間がかかっていました。
(剥がし剤とスクレイパーは必須)


こういうのは毎年か、せめて2年に1回は貼り替えた方が良さそうですね。←






スポンサーサイト

去年は10/30に出していた。
ここらがわが家の限界なんだな。





昨日はムスメの部屋にお友達5人が来ていた。


泣きながら玄関あけて入ってくる子。
どうしたどうしたー?と慰めるムスメたち。
そのあとみんなで大声で「前前前世」を歌ったり。


青春だなァーー。


ムスメの部屋は狭いから、そのうちこのコタツの部屋に来て
「おばさーん、お茶!」とか言い出すんだろうな。(-∀-)


中学生になってもまだこんなにカワイイとは正直思わなんだ。
ムスメもカワイイし、そのお友達もカワイイ。



あ、そうそう。
お友達との帰り際の会話から、ムスメの彼ピッピが誰か何となく分かってしまった。
(決して盗み聞きしていたわけではない)


恋もケンカもいっぱいして
今しか経験できないことを 悔いのないように。




さて、そろそろ「古家 寒さ対策」「古家 外より寒い」で検索してくる方が増えてくる季節となりました。
期待に応え、久しぶりに大がかりな寒さ対策をしてみたので報告します。


サルでもできる古家の寒さ対策(1)→
サルでもできる古家の寒さ対策(2)→






上の写真、これが何かというと、「簡易2重内窓」です。
ふつうの窓の内側に、これを取り付けて簡易的に2重サッシにするわけです。
大阪の「光」という会社が出してる商品です。
今回はこれを2階のムスメの部屋の窓に取り付けてみました。


うちは1階の窓はすべて2重サッシを取り付けていますが、2階は手つかずでして。
分厚いプチプチを貼って、ここ何年もしのいでいたわけです。
が、ムスメから「窓からくる冷気がヤバイ!プチプチはダサイ!何とかして欲しい」との要望がきまして。
ムスメに甘々な修造がホイホイとそれを引き受けたと。


DSC04960_convert_20151124112117.jpg


これの面倒くさいところは、窓の枠の寸法を測り、フレームをその大きさにカットしなくてはいけないところ。


この辺で「ずく」のないお父さんは、ギブアップしてしまうかもしれません。
 「ずく」=長野県の方言で「やる気」「根性」などにあたる言葉
が、あらかじめ家のを測ってきて、ホームセンターでその場でカットしてもらうという手もありますので、何とか頑張ってみませんか。(回し者か)


窓ガラスに当たるパネルは、別売りのポリカーボネイトで。

DSC04939_convert_20151124105131.jpg


これもまたカットしなくちゃいけません。
「ずく」のないお父さんは、ホームセンターでその場でk……(以下略)。


DSC04947_convert_20151124105149.jpg


↑これが、フレームを取り付け終わったところ。
修造曰く、カットさえすれば、あとは超カンタン♪ということです。
パネルに裏表があるので(日光に当たる面というのがある)注意してください。


DSC04952_convert_20151124105202.jpg


フレームに先ほどのパネルをはめ込んで


DSC04954_convert_20151124105213.jpg


出来上がり♪


DSC04957_convert_20151124105225.jpg


こんな風になります。
ちなみに色は他にブラウンもありました。


本当の2重サッシに比べればさすがに「ちゃっちい感」は否めませんが、コストパフォーマンスを考えると、やってみる価値はあるでしょう。


窓から逃げる熱は48%…という話はしましたっけ?
とにかく! 寒いのは「窓」なんです。
窓からのすきま風を極力防ぐ。
…これが古家の寒さ対策のすべてと言っても過言ではないんです!(鼻息ぷふぁー)


これは「中窓用」でしたが、「ベランダ・大きい窓用」も買ったので、次の休みに取り付けてくれるそうです。(修造が)


古家の寒さに日々泣き暮らしている皆さま。
ずく出して、一緒にがんばっていきましょう!
ちなみに今年は大雪だそうですよ。(号泣)








この季節はいつも我慢大会のようになる我が家。
10月中にコタツを出したりストーブをつけたりしたら負け…というワケの分からない暗黙のルールがあるからだが、もう我慢の限界じゃぁ!


今日コタツを出しました。
(でも松本の人って下手したら9月くらいからコタツ出してるよね)





まず、8畳和室のこのテーブル代わりに使っている板をどかすんだが
これが大変のなんのって!


ヒーヒー言いながら10センチずつ動かし、何とか端に立てかけたけれども!
ああ、なんであたしにはこんな時すぐに駆けつけてくれる男がいないんだろうと泣いたわ。
木って重いんだね。
100キロくらいあるんじゃね?
今この瞬間大地震が起こってこれが倒れてきたら間違いなくあたしは死ぬ。



さて、コタツの敷布団だけでは心もとないので
ニトリで買った変なパズルマットみたいなのを敷く。

DSC04645_convert_20151030143409.jpg


これだけで尻の底つき感がなくなるのでオススメ。
980円だったし。安!


さて、これで出来上がり!
DSC04653_convert_20151030143431.jpg


大事なもの忘れてた。
無印の人をダメにするソファを置いて…と。
DSC04654_convert_20151030143443.jpg



これで今年も我が家の人間みなダメになる…。
コタツとこのソファの組み合わせ、ヤバイですからほんと。



DSC04652_convert_20151030143420.jpg


みかん買ってこよう。
ミルクティー入れて、好きな本持ってきてあそこに横になろう。
1時間だけ…1時間だけよ。
あとこれで猫がいればうちは完璧だな。
(イケメンでも可)










1/21の日記で、寒さ対策のために、8畳の和室にカーテンを吊るしたと書いた。
あの時は、カーテンレールを上の小窓の位置に付け替え、窓全体をカーテンで覆いたいなーで終わっていたと思う。


実はあの後すぐに、修造(夫)がレールを付け替えてくれた。
カーテンを吊るしてみたら、ちょうどいい塩梅にすっぽりと窓が覆われた。
おかげで先の冬は、かなり暖かく過ごせたような気がする。
こんな布1枚でも、あるとないとじゃ全然違うのだなーと改めて実感。


DSC01890_convert_20140701125253.jpg


今は暑いので、カーテンをくるくるとまとめてあるが(片づけろ)
薄い生地なので、遮光目的にもいいかもしれない。
「ずく」がないため、裾はご覧のとおり まつっていない。
まぁそのうちやります。


DSC01875_convert_20140701130732.jpg


この和室は、1階のためか暑い日でもわりと涼しい。
涼しいけれど陽当たりは良く、8畳なのでそこそこ広い。
家の中でどこが一番好きかと聞かれれば、迷わずこの和室ですと答える。
私にとって絶好のお昼寝場所、ゆっくり読書できる憩いの場所…なのである。



DSC01883_convert_20140701125314.jpg


なのになのに、
今、この和室は、ムスメに占領されています。
(写真に写っていないところはほぼ占拠されている)


昨夜も遅くまで期末テストの勉強をしていたムスメ。
「あーもう全然ダメ!もう笑うしかないかも〜。ぎゃはは!」
と、若干壊れながら家を出て行った。
今日がテスト当日。頑張れよ。(特に数学)



「暑さ対策」のための緑のカーテンは、今のところいい感じになってきているのでまた後ほど。