3連休にとんぼ返りで双方の実家へ。
正月帰省しなかったので、ムスメの合格報告を兼ねて。





庭の梅。
景色が松本とまるで違う。やっぱり暖かいんだなー。


FullSizeRender_2_convert_20170321075749.jpg


庭に隣接した畑。
土地が広いといいねえ。
パーマカルチャーも生活と密接しているほうが絶対いいと思う。
自家製堆肥を車に積んで畑まで運ぶのはけっこう骨だからね。


今年中学生になる甥とも久しぶりに会った。
彼はなんと、162cmまで背が伸びて、顔もシュッとなっていた。
このくらいの年の男の子って、変化が激しい。
声変わりもしてるし(笑)。


80歳を超える義父母、実母は、3人とも非常に元気そうで安心した。
話がポンポン飛ぶのは相変わらずだが、歳なので許す。


帰省時だけは、いつも海鮮料理となるのだが(ムスメが喜ぶから)
複雑な思いで ありがたくいただいている。
これはこの6年間ずっと変わらないこと。


会話の途中で線量の話も出たが、母の口調はまるで人ごとで
すぐそこのホットスポットである地名をあげて、あそこは高いんだってねと。
いえいえ、ここも十分避難区域ですよ、チェルノブイリで言えばね……とは言えなかった。
続いて、あそこの娘さんと奥さんが悪性リンパ腫になったという会話に。
それ、ぜんぶつながってませんか?お母さん。


救いは、12歳の甥がニュースをよく見ているのか、自民党の政策や今の防衛大臣について、自分の意見を言っていたこと。
彼はなかなか頭がいい。
80歳の母親より、彼のほうが話が合うようになる日も近いかもしれぬ。





スポンサーサイト

1週間分の家事をまとめて。
掃除・洗濯をしながらまだ10kgあるリンゴを消費すべく、せっせと作る。
バラのアップルパイ(もどき)。





リンゴを皮付きのまま薄く切って、バターと砂糖をのせてレンジで5分。
リンゴの粗熱をとってから、細長く切ったパイシートにのせてくるくる巻く。
あとは180℃のオーブンで30分。

今回は、ココナッツシュガーにして、パイに包む時にクリームチーズも入れてみた。
正解。


DSC06950_convert_20170225144334.jpg


何せ自分、不器用ですから 繊細なバラにはならず。
でもムスメは美味しい美味しい!と言って パクパク食べてくれた。
味がよければすべて良し。


DSC06945_convert_20170225150900.jpg


傷んだリンゴは、堆肥を2次発酵してある場所にポイと置いといたら、ムクドリ他3種類くらいの野鳥が寄ってたかって突いていた。1日で1個丸ごとなくなっていたのでビックリ。



秋の健康診断で初めて「要注意」が出た。
何かというと、TG(中性脂肪)。
注:「脂肪」という文字を極力使いたくないためTGでいきます( ̄^ ̄)ゞ


平均の枠を少しオーバーしただけだが、この年まで採血の結果はすべて正常範囲内だっただけに、ややショックを受けている。
思い当たる節がないこともないので(苦笑)これから自重しよう。年だし。







忘れるといけないので たまにはお城も載せておこう。
日没後、街のほうにそぞろ歩き(イタリア人みたいだね)した時に撮ったもの。






ic_mini01_sankaku01.gif 歩きながら、いつまでこの街にいるのだろうと思う。わが家がここに留まる理由はないし、そろそろ腰をあげる時期なんだろう。が今年は、オットの仕事の都合、そして何よりムスメの高校進学があってなかなか切り出せない。


ic_mini01_sankaku09.gif 市内の高校に進学する予定のムスメだが、大学は都内に行きたいと。うーむ…。私としては今後も東京に戻るつもりはない。ムスメも戻らせない。理由はもちろんアレなのだが、それを真っ向から言っても反発されるだけ。まぁしょーがないか。でもムスメがなんと言おうと母の考えは変わらない。それを今後も伝えていくつもり。


ic_mini01_sankaku10.gif 人間なので病気にもなるし、いずれは死ぬ。それはいいのだ。それでもなぜ私が未だに密に情報を集め、食物に気を使いながら生活しているかというと、私利私欲のために事実を隠蔽している一部の輩によって、楽しいはずの自分の人生を無茶苦茶にされたくないということと、子どもやその子どもたちへの責任があると考えているから。


ic_mini01_sankaku12.gif もちろん考え方は人それぞれ。諦めるという手もある。現に⚪︎⚪︎⚪︎区在住の友人は、5000Bq/kg出た時点でもう諦めたと言っていた。何を優先するかは人によって違う。命より仕事が大事という人もいるだろう。皆何かを諦め、苦渋の選択を迫られながら生きている。5年経ってからちょこちょこと「実は未だに…」ってな感じで知らされる事実に、私はとてつもなく不安になる。4号機の燃料プールが跡形も無くなっている事実。これが悪夢ならどんなにいいか。


ic_mini01_sankaku18.gif 今話題の愛国幼稚園の映像をみて、まるで戦前だなと思う。幼稚園児が同期の桜を合唱している。「教育勅語」や「五箇条の御誓文」も朗唱している。おいおい、マジか。どうなってるんだ。


ic_mini01_sankaku02.gif この安倍小学校国有地売却問題は、徹底的に追及して欲しい。少なくとも清水某さんの出家モンダイよりはるかに重要だ。あべさん、関与あれば総理やめるって言ってんだから。



信州の家はなんでこんなに寒いのだろう。
ビールは 冷蔵庫から出したものより、廊下に置いてあったものの方が明らかに冷えている。
冬場は、葉物野菜は1階の廊下にストックしている。外だと冷えすぎて「凍みて」しまうし、タヌキなどに食い荒らされる心配がある。そういう意味では、廊下は絶好の冷蔵庫だ。悲しいけど。






大量にあった干し柿は、ざるごと階段の踊り場に置いといたところ、ここを通る人がその度につまんで行くので残りわずかとなった。そういや長野県の人は皆、干し柿が異様に好きだよね。試しに職場の休憩所に持っていって置いといたら、あっという間になくなっていた。


そうそう、若い人に「踊り場」と言って通じなかった…という話を聞いたけれど、今は写メも死語になってるそうだ。写メはインスタ、メールはLINE。ファミコンてなんの略だろうね…って、小学生らが話してたとか。

今はもうこれを見て何のマークか分からない人がいるらしい。ほんとかよ。

28860_01_convert_20170207091744.jpg

そういえば何年か前に後輩に「これ何スか?」と聞かれたことがあった。

2014-ac-22-01_convert_20170207091755.png

なんか自分が時代の生き証人みたいに思えてきた。
カセットテープにエアチェックとか、A面をB面にひっくり返す、とか、鉛筆でテープをくるくる巻き直す、とか、若い人が見たらびっくりするだろう。
うちに死ぬほどあるジャズのレコードを これどうやって音出すの?とムスメが不思議そうに見てたもんなぁ。


かと思うと逆に、年寄りでもそうそう使わない言葉を若者が「あえて」使っているケースもある。私の周りだけだけど(^^)

大げさに驚いてみせる時によく使うのが
「うそずら〜?」
というやつ。

例)上司「今月は人いないから、休みはないと思ってください」
  我々「うそずら〜!」


「ずら」に関しては可愛くもないけど口に出した途端一気に怒りが収まるので、すたれないで残って欲しい方言の一つだなと思います。山梨県の人、頑張って下さい。








………などとバカなことを書いてたら昼過ぎ学校から呼び出しが。
ムスメが微熱!? 大事をとってお迎えに来てください、とな。
元気は元気だったが、今、だるいと言って寝ている。
明日、どうなるか。
まさに「うそずら!?」であるが、なんとか切り抜けられますように!







朝からみぞれが降っていた。寒い。


昨夜、発作的に『ポンヌフ』のパンが食べたくなり、朝一で買いに行く。
いろいろなパン屋さんを回ったけれど、やっぱり一番美味しいのはここだと思う。
次が西堀通りにある『サパンジ』、そして『フィドル』かなぁ。
ハード系のパンが好きなので こういうラインナップになるけれど、どこも本当に美味しい。
今日初めて食べたごぼうとゴマのパン(ポンヌフ)、メチャクチャ美味しかった!
「やっぱ格が違うなぁ」と修造。






昨日のうちに庭仕事を少しやっておいてよかった。
チェリーセージの枯れ枝を伐採し、ルリ玉アザミの種を採ってフェンス沿いにまく。
運が良ければ夏に発芽してくれるかもしれない。
ルリ玉アザミはこぼれ種でどんどん増えるし、丈もあるのでちょうどいい目隠しになってくれるはず。


こう寒いとコンポスト内は遅々として発酵が進まないけれど、米ぬかはどんどん出るので、とりあえず投入するしかない。
それでも、米ぬかで少し温度が上がるのか、少ーしずつだが分解はしているようだ。



DSC06906_convert_20170205233207.jpg
お食事中の人すいません。でも生ゴミとは分からないくらいは変化している



図書館へ予約資料を取りにいく。その足で本屋に予約していた本を受け取りに。
「パパがいると気が散る」とムスメが言うので(なぜだ?)オットを連れ出す。
LOFTでムスメの部屋で使う配線タップと、ずっと欲しかったシリシリ器を買う。
素敵なポストカードが手に入ったので飾りたいが、カーテンワイヤーと固定具を探すがいいのが見つからず。


丸善にいると、つい時間を忘れてしまう。
読んでない本が山ほどあるのに、またひと抱え分、本を買ってしまう。
修造は、文房具を2、3買っただけでお会計へ。
本屋に来て本を買わずに出れるなんて ほんと尊敬する。


午後は、年賀状と書類の整理。
修造は、大きな一枚板のカット(テーブルにするため)、私は読書。
ウスネオイデス始め、室内の植物の世話。シーツの洗濯。ネットでの細かい買い物。
…を済ませたら、あっという間にマジックアワー。


外はしんしんと雨が降っている。
ムスメと一緖に 泡風呂に入る。
将来の夢など語り合いながら 女同士の楽しく充実した時間。。。
3連休、終了なり。