FC2、調子わるし。
この日記もなかなか開けず、今ようやく更新できた。やれやれ。



もの食う人びと (角川文庫)



辺見庸が好きだ。


彼の書く文章が好きだし
彼の話す言葉が好きだし
彼の風体も顔も好き。
(本気なのであまり言いたくないが)好きを通り越して崇拝しているかも。
週刊金曜日に連載されている「1★9★3★7――『時間』はなぜ消されたのか」は、毎回正座しながら読んでいる。



彼の珠玉の言葉をいくつか紹介しませう。
  ↓  ↓  ↓



日本のファシズムは、必ずしも外部権力によって強制されたものじゃなく、内発的に求めていくことに非常に顕著な特徴がある。


職場の日々の仕事がスムーズに進み、どこからもクレームがかからない。みんなで静かに。自分の方からね。別に政府や行政から圧力がかかるわけじゃないのに。メディア自身がそうなっている


(ファシズムは)銃剣持ってざくざく行進というんじゃない。ファシズムはむしろ普通の職場、ルーティンワーク(日々の作業)の中にある。誰に指示されたわけでもないのに、自分の考えのない人びとが、どこからか文句が来るのが嫌だと、個人の表現や動きをしばりにかかるんです


集合的なセンチメント(感情)に流されず、個人が直感、洞察力をどれだけ鍛えられるかにかかっている。集団としてどうこうではないと思うね




注:これぜんぶ「もの食う人びと」とは関係ないです。すみません


                tyaba.jpg

辺見さんは、もうずっと昔から「今が歴史的瞬間の時」だと感じていると言っておられる。
F1の汚染水拡大だって、今も歴史的瞬間を刻んでいるのだと。
「注意しなさい。これが歴史的瞬間ですよ!」という声がいま必要である、と。


この歴史的瞬間に居合わせているのに、声を上げることもなく、黙って見過ごし許し続けている。そういう風潮に、私たちは置かれている。
マスコミも頼りにならない。同志もいない。
親さえも説得できない状況で、私たちは、いったいどうすればいいのでしょう。


辺見さんは言う。


「われわれ」とか「みんな」という集合的人称を信用してはいけない、と。
そういう幻想への忖度、気遣いというものがいかに事態を悪くしているか、と。
自分で少し自信がないなと思っても、声をあげて言う。モグモグとなにか言う。
あるいは、つっかえつっかえ質問をする。理不尽な指示、命令については、「できたらやりたくないのですが……」と、だらだらと、ぐずぐずと、しかし、最後まで抗うしかないのだ、と。


辺見さんに「ひとりでいよう」「みんなと居ても、ひとりを意識しよう」と言われると、ああやっぱりこれでいいんだ、と思う。
「イヤな奴を睨む」「おかしな指示には従わない」
それで、いい。
結局これしかないのだ。


                tyaba.jpg


辺見さんのブログには、エベレストにのぼった、エベレストにのぼらなかった、という一文が必ずある。
何のことかというと、ご自宅からカフェに行った帰り、広場の角の1メートルにも満たない土盛りを、歩行訓練のために登ったり降りたりされている、ということらしい。
その土盛りは、歩行障害のある辺見さんにとっては断崖絶壁なので、「エベレスト」と名付けている。
ああ、今日はエベレストに登れたんですね、よかった(ホッ)と、安心する私…。



船戸与一さんが亡くなった。71歳。
辺見庸さんや内田樹さんや本多勝一さんには、いつまでも生きていて欲しい。
本当に、お身体には気をつけて。
お話を聞ける機会がいつか来ますように。













スポンサーサイト

昨日。
新宿南口で、男性が集団的自衛権に抗議して焼身自殺を図った。


BBCも、ニューヨークタイムズ電子版も大きな写真付きで報じ、米NBCもけっこう大きな扱いで「参戦方針に対する抗議の自殺」と報じた。なのに、、、
わが国のNHKが報じなかった……というのは本当なのだろうか?
(家にテレビがないというのは、こういう時に困るが、もし本当にNHKが意図的に報じなかったのであれば、そんなテレビなどなんの価値があるのかという話になるので、やっぱりテレビは私には必要ないのでした)


……いろいろな思いが頭をめぐった。


「抗議の焼身自殺」と聞いたとき、まず思い浮かべたのは、ベトナムの僧侶/ティック・クアン・ドックである。彼は、当時南ベトナムのゴ・ディン・ジエム政権が行っていた仏教弾圧に抗議して、サイゴンのアメリカ大使館の前で焼身自殺をした。1963年のこと。
絶命するまで、仏教の中で最も尊い座り方である蓮華坐を崩さなかった。その衝撃的な姿を、一度は目にしたことがあるはず。その彼の姿は、のちに世界を動かした。


思考はティック・クアン・ドック僧侶からベトナムへ。
そして、「殺すな」である。



    



DSC01864_convert_20140630141712.jpg実は今ちょうどたまたまこの本(→)を読んでいたものだから、ベトナムつながりで確か岡本太郎氏が文字を書いた反戦広告があったよな、と思い出したというワケ。


1967年4月3日、米ワシントンポスト紙に、紙面を丸ごと1ページを使った反戦広告が出された。
世はベトナム戦争さなかである。
そこには大きな字でたったひと言
「殺すな」

発起人は、いずみたく、鶴見俊輔、永六輔、岡本太郎、桑原武夫、淡谷のり子、小田実、久野収、城山三郎、開高健、松本清張、加藤芳郎、小松左京の13人。


「殺すな」という言葉は、「殺せ」という言葉に真っ向から対抗し、それを凌駕するほどのラディカルな意味合いを持っている。(ような気がする)
大量破壊兵器を持っているだの、独裁者を倒して民主化を支援するだの、「殺せ」は、何かと理由をつけて正当性をあおる。
それに対し「殺すな」は、「いついかなる理由があろうとも殺すな」という強固な意志をもった積極的な行動原理、なのだ。


この意見広告が出された背景など知らなくても、ピンと来るものを感じる。
日本語の分からない多数のアメリカ人にも、『KOROSUNA/DO NOT KILL』という言葉の持つ意味が伝わったようで、大きな反響があったとか。


べ平連が出したこの広告は、まさに今の日本にこそ必要なのではないか。


(中国を)殺せ、(韓国を)殺せ、アメリカの言うことを聞かないヤツを殺せ。
自衛でも何でもない、何の攻撃も受けていなくても、アメリカが軍事介入すればそこに行って「つるんでやっつける」集団的自衛権。
「殺せ」が正当化する風潮が、高まりつつある。
このままでは、今の若者たちに「殺せ」が義務づけられる日が来る。
それに真っ向から「殺すな!」と言っていかなければ。



  ten3141.jpg




新宿での焼身自殺について、北海道の小野寺某とかいう自民党議員が「公衆の場での迷惑極まりない行為であり、明らかに犯罪だ」とツイートしたらしい。


ティック・クアン・ドックの焼身自殺の時も、リチャード・ニクソンは「共産主義者のプロパガンダの一環」と批判し、ジエム大統領の義妹であるマダム・ヌーが「あんなもの、単なる人間バーベキューよ」とアメリカのテレビで語った。


焼身自殺(ティック・クアン・ドックの関係者はこれを焼身供養と言っているそうだ)がどれほどの強い決意のもとで実行されたか。
軽々しく「迷惑きわまりない」などと言ってしまう輩に伝わるべくもないが、同時に、そういう手段を持ってしか世の中を変えられないのだとしたら、私たちは、気の遠くなるほどの苦しみをもって抗議を示した人たちの意に報いることが出来るよう今こそ行動せねばならない。


そう、殺すな、である。









12歳のお誕生日。
欲しいものを聞いても「んーー。今んとこ何もないかなァ」というムスメに。
ドーーン!!!
はだしのゲン全10巻だっ。どやっ!





松江市教育委員会の閲覧制限モンダイ以来、「はだしのゲン」は例年の2,3倍の売り上げ出そうだ。
人は、読むなと言われると読みたくなるもの。
今まで「はだしのゲン」を知らなかった人たちへのいい宣伝になったわけだ。
10巻まとめて買ったら、「平和へのプレゼント」と書いたダンボールに入ってきた。


DSC00371_convert_20130923090959.jpg


図書館から「はだしのゲン」を撤去せよと騒いでいる人たちの主張はこうだ。

天皇陛下への侮辱、国旗国歌への間違った解釈、ありもしない日本軍の蛮行などが描かれていて、子どもたちに間違った歴史認識を植え付ける、というもの。
これは、平成11年8月13日に施行された法律第127号/国旗及び国歌に関する法律を受けて、教育基本法にも「国と郷土を愛すること」という文言を盛り込んだことからきている。
つまり「はだしのゲン」は、国と郷土を愛する子どもの育成に、悪影響を及ぼしかねない有害図書である、だから直ちに子どもの目に触れるところから撤去せよ、ということだ。



図書館にいわせれば「大きなお世話」というところだろう。
もし私が図書館職員ならね。
だって、図書館て、良書だけを提供する機関ではないでしょ。
そもそも「良書」って何?って話ですが。
個人によって良書の捉え方は違って当然。それをむやみに人に押しつけたり、制限したりする権利はない。


日本図書館協会の「図書館の自由に関する宣言」(1979年改訂)を改めて読み直した。
ものすごくいい事が書かれてあるので、ぜひ一読を。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
すべての国民は、いつでもその必要とする資料を入手し利用する権利を有する。

図書館は、正当な理由がないかぎり、ある種の資料を特別扱いしたり、資料の内容に手を加えたり、書架から撤去したり、廃棄したりはしない。

すべての国民は、図書館利用に公平な権利をもっており、人種、信条、性別、年齢やそのおかれている条件等によっていかなる差別もあってはならない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



……年齢によって知る権利を妨げられることはないんだよ。
子どもにも「知る権利」ってものがあるのだ。
「見る者への配慮」なんて要らねーんだよっ。
そして、宣言の4番目に注目。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 わが国においては、図書館が国民の知る自由を保障するのではなく、国民に対する「思想善導」の機関として、国民の知る自由を妨げる役割さえ果たした歴史的事実があることを忘れてはならない。図書館は、この反省の上に、国民の知る自由を守り、ひろげていく責任を果たすことが必要である。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



小中学校併設の図書館とはいえ、本来図書館というものは、あらゆる外圧から独立した機関でなければならない。
ワケの分からない外圧のせいで、ちょこちょこ蔵書の扱いを変えるなんて、あってはならないことなのだ。
松江市の図書館は、そこのところどう考えたのだろう?
きっと抵抗した職員もいたはず。
すごく気になります。



iroiro.gif



憲法を変えて、戦争をおっ始めたい人たちは
ひょっとしてこんなの(↓)を見せたくないって思ったのかも。

BSOviI_CQAAMbBq_convert_20130923123042.jpg







さて、昨日の続き。
0歳から選挙権を与えよう!という提案です。


もちろん0歳の赤ちゃんが投票できるはずありませんから、成人するまでの間は親がそれを行使するという形にします。
atamayousei2_convert_20121127201141.gif子どもの数だけ親(親権者)に投票権が与えられるというワケ。
仮に子どもが3人いる家庭は、親がその子ども3人の分も投票する。つまりその家族は、家族の人数分の計5票を行使することができるわけです。
そして、子どもが成人したら投票権の行使が本人に移行する。
この案はいかがでしょう?


その子どもと親の意見が必ずしも合致するというわけにはいかないかもしれません。
でも今のままだと、子どもは自分の意見を反映させる手段自体がまったくないのです。
意見を言えない一方で、買い物をすればイヤでも消費税という形で税金だけはとられます。
少ないお小遣いの中から払う税金の割合は、大人のそれより大きなものです。
これって、不公平だと思いませんか?


子どもにも基本的人権があります。
自分たちの未来を選ぶ権利もある。
でも、その人権が守られているかと言ったら…
はなはだ疑問です。


例えば、子どもはたちまち健康を害すが、大人がそれを吸っても大した健康被害は起きないという化学物質があるとしましょう。その化学物質は使えば使うほど、ある種の人たちにお金を生み出すと仮定します。
もし、そのある種の人たちが目先のお金のことばかり考えて、その危険物質を日本中にばらまいたとしたら…?

やめてー!という子どもの声は、かき消されます。
子どもをその化学物質から守るために、それを規制しようと親達が立ち上がりました。
しかし、いかんせん数が足りない。
絶対数が少ないという理由だけで、子どもを守るという視点に立った政策は、いつでも後回しにされるのです(されてきました)。



line07.gif



国会中継とかを見ると、どうしてこんなおじいさんが?と思うことよくあります。(失礼すぎますかね。すいません)
70歳以上の政治家が多すぎる。
あと何年ご存命か分からないほどお年を召した方々が、私たちの生活に直結した政策や法律を決めていると想像してみて下さい。
70歳以上の政治家が何をどう決めたところで、その政策が実現する頃には自分はこの世にいないかもしれない…と思えば、その政策が丁と出ようが半と出ようが、関心さえ持てないのが人情ではないでしょうか。


今の日本はこういう方々が、これまたかなりのパーセンテージを占める60歳以上の有権者のために、政策を決めているという状態です。
老人の 老人による 老人のための政策なのです。



line08.gif



子どもに選挙権を与えるということは、若い子育て世代の発言権を強めるとともに、今のあまりにも不公平な状況を改善することにもつながると思うのです。
もしかしたら少子化対策にもつながるかもしれません。
政治に無関心だった世代も、変わるでしょう。
親が自分のために1票を投じてくれると知れば、子どもも関心を持つに違いありません。
親子で誰に投票するか、話し合う機会も出てきそうです。
こういうの全て、子どもにとって有益であるのは間違いありません。


政治家が未来の大人である子どもたちに目を向けることで、根本的な何かが変わります。
すぐに実行できる政策、先の見える政策。
今までのように先延ばしには出来ないでしょう。
親は子どものために、子は自分のために、今実現できなきゃ意味がないからです。
若い世代はおそらくマニフェストは忘れませんよ、まだボケちゃいませんからねぇ(笑)。


line01.gif



子どもに投票権を与えるというこの方式は『デーメニ投票法』といって、1986年にピーター・デーメニという人が発表したものです。日本では一橋大学の青木玲子教授等が推奨しているようです。
  ↓  ↓  ↓

「デーメニ投票法は日本の少子化対策になるか?」 青木玲子一橋大学・経済研究所・世代間問題研究機構
http://www.ier.hit-u.ac.jp/pie/stage2/Japanese/d_p/dp2009/dp435/text.pdf



ドイツやニュージーランドでは、立法化に向けた議論が行われています。
が、日本でこの方式を導入するとなると、憲法15条の改定の問題があるのですね。
しかし15条3項は「成年者による普通選挙を保障する」とあるけど「未成年者に保障しない」とはないので、憲法に違反しないという解釈も可能だとの意見もあります。



「高齢化の下での選挙制度 未成年の声聞く工夫必要」(青木玲子 一橋大教授)
http://d.hatena.ne.jp/Roy_N/20090820



もし導入するとなると、世代間のバランスがかなり修正されるというのが数字が出ていて興味深いところです。
法の下の平等という観点からすると、やっぱり
子どもにも選挙権を!










リビングの隣りの8畳の和室は、全面に掃き出し窓があるため、冬はとてつもなく寒い。
なので、冬場はほとんど使っていなかった。
が!それではもったいないというので、前々からその空間を何とか暖かくしたいなーとは思っていた。
窓と障子だけでは、寒くて死んでしまう。
窓に貼るプチプチシートくらいでは、到底この寒さは防げない。
そうだ。京都に行こう。いや、カーテンを吊るそう。
・・・・・と思い立ち、ユザワヤで布を買ったのが確か2年前。


布を買ったことすら忘れて遊び呆けていた私に、修造(夫)からの命令が出た。
『本格的に寒さがくる前に、和室のカーテンを完成させること』
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!




ブツブツ言いながらとりかかる・・・とその前に。
まず布を洗わなくちゃ。裁断する前に。
絶ー対っ縮むから。
寸足らずのカーテンほどワビシイものはないからねぇ。(一度失敗してます)


カーテン作るの久しぶりだから、ちょっと練習しよう。


居間とキッチンを仕切る布(冬場のみ。寒さ対策)は、今までクリップではさんで吊るしていたんだけど(面倒くさいから)、せっかくカーテンレールもあることだし、いっちょ作ってみましょうか。


この布はこないだ洗濯したばかりだからちょうどいいねぇ。
しかしシワシワ
こんなふざけたメジャーを使っていることからして、やる気のなさが伺えますな。
ははっ。


DSC01822_convert_20121112224203.jpg


ここに吊るすのは多少出来栄えが悪くても関係ないから 気が楽だよ。
というか、普通のカーテンもテキトーに作るからね私の場合。
カーテンて、柄があるのは別にして(柄合わせとかあるからね)多少雑でも意外と見た目にはあんまり気にならないもんだよ。


プリーツカーテンを楽に手作りするために、絶対必要なものがこれ↓
DSC01824_convert_20121112224231.jpg


このプリーツテープの存在を知った時は、天にも昇る気持ちでしたわ。
これさえあれば、直線にガーッと縫うだけで、簡単にプリーツカーテンができちゃうんですもの。


DSC01826_convert_20121112224257.jpg
ほら、こんな風に表側に2センチくらいかぶせて、下の水色の点線のところを縫います。(分かりやすくフックを差し込んでみたけど、くれぐれも上下、表裏を間違えないように。)
待ち針の刺し方も微妙に曲がってて、いい加減な人柄をよく表していますねぇ。


あ、私はテキトーだからサイドの端の処理はしてないけど、良い子は真似しないでちゃんと2つ折りにしてあらかじめ縫っておくんですよ。


縫ったら、向こう側に折り返して、同じ水色の点線を縫います。
(水色の点線とか言ってるけど、このメーカーだけじゃないのか?←自分にツッコミ)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


以上!出来上がり♪
プリーツテープを縫い付けただけで、あとはこんな感じでフックを差し込めばあっという間に美しいプリーツカーテンになるっていう。
DSC01828_convert_20121112224322.jpg



既製品のカーテンて、これだ!というものがなかなかなくて、結局いつも手作りするハメになるんですよね。
でも好きな布を買ってきて自分で作るのがいちばん。安上がりだし♪


……と言いつつ、かつての私は、当時好きでたまらないリネンの生地があって、それでカーテン作りたい!と思ってわざわざ二子玉のリネンバードまで行って4万円以上払って布買ってきたことあるけどね
そうまでして気合い入れて作ったのに出来上がりがトホホだったという…(爆)


まぁそれも勉強勉強!


下端の折り返しを多くすれば、ゴージャスに見えるとか、作っていくうちにいろいろ発見があったりするし、飽きたらその布で小物を作ったり、タイパンツ作ったり。
好きな布だからできること。


洗っていくうちに縮んできたら、真ん中を切ってビビッドな色の布とか、全然違うイメージの布を足してみそ。
また印象が違って、すげーカッコイイのが出来るよ。


さて。
果たしてうちの和室のカーテン、冬将軍が来る前までに完成するのか!?





追記:
和室のカーテンは、結局この2年後に完成しました(遅っ!)


和室のカーテン・その後
http://zazamusi.blog103.fc2.com/blog-entry-961.html



すごいあったかい!
こんなことならもっと早く作ればよかった!(泣)