先の日曜日に、緑のカーテンのためのネットを張ってもらった。






2株の夏雪カズラは、順調に育っているが
1つはもうすでに花が咲き始めた。(ふつうは秋に咲く)
どうしたんだろ、、、、。


DSC07531_convert_20170623075612.jpg


去年思い切り強剪定したラベンダーだが、やっぱり強い!
何事もなかったかのように こんもりと花をつけている。
ミツバチがこれに群がって せっせと蜜を集めている。


里山の農薬の空中散布は、本来は今日の予定だったが延期になったらしい。
しかし四賀地区では、児童の登校時間を避けて 朝の4時から散布が行われたと。


里山辺や本郷地区は、住民の反対の声が大きく、中止や延期になった。
やはり黙っていてはダメなのだ。
「抗議運動は誰かがやってくれる」「まさか行政がそんな愚行はしないだろう」
お上は、住民の健康被害など知ったこっちゃない。
撒かれるネオ二コチノイド系農薬にからむ利権のほうが大事なんだろう。
  
 金もうけ >>>>> 住民の健康

人任せにしたツケは、いずれ自分の孫への死刑宣告になる。


DSC07538_convert_20170623075626.jpg




ムスメの期末考査も最終日。
自室があるにもかかわらず、ずっとダイニングで勉強していた。
その方が捗るらしい。
試験が終われば楽しい学祭。
高校生活、エンジョイしてますなあ。




ラジオからは朝からマイケル・ジャクソンの曲ばかり流れている。
もうすぐ命日か…。
コンサートは3回行った。本当に好きだった。



彼の曲を聴きながら静かに冥福を祈りたいのに、
「この、ハゲーーーーー!!!」
が耳について離れない人、日本中にいると思う。







スポンサーサイト

ベランダから撮影。
緑のカーテン。
今年は暑いので、このカーテンの効果をひしひしと感じています。






なんてのほほんとしている場合ではないのでした。
今朝修造から衝撃の事実を聞かされ、胃がー!胃が痛いーーー!
ま、仕事のことなんですけどね。


この人は(今横にいますが)基本おぼっちゃま君的なところがあって
ちょっとやそっとのことじゃくじけないというか、危機感が全くないというか。
何とかなるよ〜心配すんな〜みたいな感じでいつも言いくるめられてしまうんですが


不安で仕方ないわっ


新車(遊びのためのオープンカー)を買うつもりで話を進めていたところでしたが
とりあえずその話は保留になりました。(ガッデム!)


というか、お金持ちの身内がこのたび新車を買うので、今乗っている車要らないかと声をかけてくれたのです。心底助かります。お兄さん、ありがとう!
ただ、頂けるので贅沢は言いませんけど、うちの車庫に入るかどうか微妙なくらい大きい車です。身分不相応かも。


ざざ家は今年は、いろいろと物が要りような年でして…。
ざっと思いつくだけでも


・電気炊飯器
・精米機(時々止まる。だましだまし使ってます)
・スマホ(私と修造、秋についにデビュー予定、か?)
・自転車(ヤマハパスがついに使いものにならなくなった)
・私と修造のパスポート更新(これは必ず!)
・車


まだあった気がしますが、とにかく今年は出費が多い。
車だけは今回チャラになったので、ホッとしていますけれど、ムスメの高校入学とかもありますからねえ。高校ってお金かかるんですよね?


生きていくのって、大変ですわね。



DSC00010_convert_20160811020321.jpg




ムスメは無事向こう(オーストラリア)に到着したようです。
2週間も離れていることなんて、未だかつてなかったから
耐えられるか心配。


「子離れ」の予行練習です。






緑のカーテンの夏雪カズラ。(ベランダから撮影)







上へ上へとツルを伸ばして進む チャレンジ精神旺盛な夏雪カズラさまも
緑のネットが途切れたところで行き場を失い、あれっ?あれっ?ってなりながら
絡まれるものを必死に探している様子がうかがえます。
で、結果、軒下でこんがらがってる。 (;´Д`)
映画館のチケット売り場のパキスタン人の手かっ! ←修造しか分からないツッコミ



梅雨が明けたと思ったら、断続的に豪雨があったりして。
そのせいかどうか知らんけど いつもに増して蒸し暑いっす。


松本は、暑いと言っても湿度が高くないからカラッとした暑さで
おまけに東京と違って夜は絶対涼しくなるんでいつもは最高な夏♪…なんですけど
今年は「汗をかく夏」になってるぞ。


生まれて初めてビオレさらさらパウダーシートなんか買っちゃったよ。
どうした!? マツモト!?
ここはインドのアジャンタ・エローラかっ! ← ?伝わらない?




              other-kodomo-1.jpg





1つ前の日記で、思わず職場のグチを書いてしまったけれど

やっぱり気分が悪い…。ε-(o´_`o)ハァ・・

当事者が読んで気を悪くするようなことは 書くもんじゃないね。(読むことはないにしろ)何より自分がイヤになる。反省。


さて。
ここのところ暑い日が続いているが、緑のカーテンがどうなっているかというと




ベランダから〜。


うーん。
下の方はわっさわっさなんだけど、上の方がスカスカなのよね。
横から見ると


DSC00014+(1)_convert_20160719013858.jpg


こんなふう。

何がスゴイって、カボチャです。
何より葉っぱがデカイ。


さらにツルを四方八方に伸ばして、芝生を覆い尽くす勢い。
写真はだいぶバッサリと刈ったあとです。


ツルがどこでも絡もうとしますからね。
FFファンヒーターの排気口とか、ハンギングの花とか、近くに植わってるラベンダーの茎とか。


一応主役は夏雪カズラなんですけど
他に西洋朝顔も混ざっとります、はい。


DSC00015_convert_20160719013913.jpg



今年は夏雪カズラをあまり摘芯しなかったから、ひょろひょろと単発で上に伸びていくだけになってしまいました。
なのでネットの端の上のほうでは、どこに行くべきか迷ってる夏雪カズラのツルが 

こんがらがってます。





line23.gif




ムスメの部活、コンクールが終わり、結果は金ではなかったけれど、県大会には行けることになった。


ムスメの学校の選曲はかなり難しいものだったが、素人の私が聴いても、大きなミスもなく安心して聴けたなと感じていたのでそれを伝えたら、自分的には満足のいく出来ではなかったようで、演奏後に裏で大泣きしてしまったと話してくれた。


去年は金(ゴールド)だったから、自分が部長になった年に金がとれなくて悔しい、などと話しているうちに みるみる目に涙がたまってくる。
大会に行けたって銀じゃん、結果がすべてなんだよ、などと言っているのを聞くと、彼女なりに相当プレッシャーがあったのだなあと。



君のサックスのソロパート、カッコ良かったよ。
みんなもとても上手だった。
気を取り直して、県大会がんばろうぜ。なっ。






フェンスにからませている夏雪カズラ





この場所の2株は、去年からのもの。
自然と つるを伸ばしてきた。


つる性の植物の習性として 何が何でも上を目指す!というのがあり
放っとくと一直線に上にのぼり、そこでジ・エンドというふうになるので
途中で 横にしたり 下向きにからませたり
いろいろしなければならない。



DSC00003_convert_20160611090005.jpg



どうしても上の方に「つる」が溜まるんで
わざわざクルクルをほどいて 上以外の方向に誘引してやる。
きっと夏雪カズラは「…チッ」って思ってる。



line-tamared.gif



未だに舛添叩き一色のマスコミや
ちょっと前の7歳坊主の行方不明騒ぎや
米フロリダでのゲイバーでの銃乱射事件などとからめて


広島でオバマが被爆者である老人を抱きしめる映像に感動するとか言ったり
安倍「立法府の長」発言が国会議事録から消されるのを傍観してたり
子どものことはすべて親だけの責任だと押しつけ、自己責任論がでたり


知事けしからん!虐待だ!ワクチンマンセー!アメリカありがとう!
…としか言わないマスコミ=一億総白痴化人を見ていて


もっともっと報じなきゃいけない問題がこの国には山ほどあるでしょうにと思う。


選挙前は経済経済しか言わない安倍さんはじめ自民党が
選挙が終われば 憲法改正など自分の好きなことしかしなくなることや
平気で公約を反故にしてきたことは 許していいの?



DSC05832_convert_20160611090922.jpg




職場に提出を求められたマイナンバー。
私は提出しない意向を伝えました。
このことで法的に労働者に不利益になることは現在はありませんが
今後は分かりません。


とくに夏の参院選で、自公が3分の2議席をとったら…。


ただのやんちゃな子どもが一時行方不明になったことや
子どものワクチン接種を拒否した親が親権剥奪されたニュースは
子どもたちに将来チップを植え付ける政策の序章かもしれず。


芸能人の乳がん告白も、何らかの意図があって公表されたに違いありません。
だって、あそこまで公にする必要がどこにあるというのか。


おそらくこの後、女性をターゲットにした癌ネガキャンが大々的に行われ
どさくさに紛れて 子宮頸がんワクチンを再び推奨にするとも限りませんよ。
あるいは、乳がんの発生率を強めるマンモグラフィーを受けさせる目的かも。
放射性物質を乳がんの関連性から 目を背けさせるためにね。


日本のファシズムは、外的権力によって強制されるというよりも
内発的に 自発的に求めていくという顕著な傾向がある



という辺見庸氏の言葉を思い出す。


報道自粛も いくつかのタブーも
放送禁止用語(歌)も すべて。


日本人の持つこの変な老婆心が この風潮を生み出しているような。


誰の顔色をうかがっているんだろう。
そして、お金を払っている民衆は、なぜそれに迎合しているんだろう。


85歳の夫の介護に疲れた81歳の妻が 夫の首をしめて殺したという事件を聞いて
なぜそんなことが起きてしまうのかと。


確実に言えるのは、今、日本が進んでいる道は
完全に間違っているよね、ということ。


子どもや 障害者や 老人や 弱い人たちが幸せでない国は
その国を動かしている政府に必ず問題があるのだ。