冬野菜のための土作り…をしなきゃなんだけど、イマイチやる気が出ない。
風邪気味だからとか、忙しいからとか、寒いからとか。
なんだかんだと言いわけして、畑に行かなかった。ここんとこ。

本当にわたしはずくなしだぁ。





夏のあいだ、あれだけ猛威を振るっていた雑草も
ここ最近の寒さで すっかり枯れていた。


枯れ草をよけ、畝をかるく掘り起こす。
そこに、自家製堆肥を混ぜ混ぜ。


午後の3時には うす暗くなり始め
4時にもなれば 風が一気に冷たくなる。
そこで野良仕事は、いったん終了。
わたしの場合、冷気に当たると 咳もひどくなるからね。


DSC04965_convert_20151125003956.jpg


じいさん、やっぱり居ない。
今度会ったら、絶対会話を成立させてやろうと思っているのだが。
というか、じいさんどころか、わたしの他には誰もいなかったわ。




DSC04967_convert_20151125004007.jpg


夜、干し柿をつくる。


2日前に収穫した柿、比較的寒い廊下に置いといたんだけど
3分の1は、グジュグジュになっていた。
それでも100個くらいは、皮むいたかなぁ。


干し柿を作るのは、今年で7回目なのだが
7回目にして やっとコツをつかんだ感がある。


皮をむいた後、そのまま熱湯にくぐらせて、
あらかじめ物干し竿にセッティングしておいた「柿つるしたんざく」に
どんどん吊るしていけばラク!


…てか、普通そうするだろ!とツッコまれそうだが、素人だから分からんのよー。
去年までは、たんざくに吊るしてから熱湯にくぐらせてた。
湯の中で柿は外れるわ、びしょびしょのままベランダまで運ぶのも大変だわ、で。
よく考えたら先に熱湯くぐらせればよくない?って。


アホだな〜!

sHhsMQzOz2gB8HW_9xfr3_43_convert_20151125082054.jpeg
↑ムスメの学校でも人気者!三代目パーク・マンサー(≧▽≦)




結局なんだかんだで3時間くらいかかって終了。
夜中の0時過ぎに、わずかな灯りの下、ベランダで無心に柿を吊るす女…。
飲み会帰りの大学生が、ぎょっとして見てたわ。



今朝。
明るくなってから、パチリ。
DSC04973_convert_20151125080456.jpg



柿、干したのに!
きょうは「雨」だってよ!
ガックシ!




スポンサーサイト

助手をともない、畑へ。






夏野菜が終わり、秋まきの野菜用に畑を整えなきゃいけないのだが
休みのたびに雨が降って、気づいたらこのありさま ( ̄∀ ̄;)



DSC04222_convert_20150928073620.jpg


畝(うね)がどこかも分からない…(´-﹏-`;)

野菜作りって、その作業のほとんどが雑草抜き…のような気がするよ。
(ま、実際そうなんだけどね)


おまけに助手ときたら、野良仕事に行くのに長靴を忘れるわ帽子はかぶらないわ
「疲れたー」「もう無理ィー」「日に焼けちゃう!」
とか、文句ばっかり言っていて、使えない。


そんな使えない助手のお尻を叩きながら ようやくここまでやったけれど


DSC04275_convert_20150928073632.jpg


でもこれじゃ全然ダメだよ。
草を途中から刈っただけだから…(泣)。


こっから(松本弁で“ここから”の意)本格的に耕して、堆肥も混ぜないといけない。
この「耕す」ってのが、重労働なんだよね。
ほんと、TOKIO来てくんないかなぁ。



でもこの畑仕事をしたり、庭の芝を刈ってキレイにしたりした後って
なんとも言えない充実感があるんだよねぇ。
仕事とはまったく違うこの、体のすみずみまで行き渡る「満たされた感」。
なんなんだろ???


74924cd7_convert_20150928082417.jpg




そう言えば、例のじいさん…。
今日も見かけなかった。


危なっかしい足取りでフラフラしてたから、転んで足の骨でも折ったかねぇ。
だとすると次会えるのは、年明けになるかもしれないな。
ま、生きてたら…の話だけど。


じいさんがいないと 張り合いがないよ。(´・ω・`)ショボーン






雨の合間をぬって畑へ。





こないだキレイにしたと思ったのに、もう草がボーボーだった。
雑草ってどうしてあんなに成長が早いんだろう。
いっそのこと人間の体を 雑草も食べられるように改良してったほうが良くない?


だいぶ涼しくなったせいか、やぶ蚊がスゴイ。
つなぎの上からも チクチク刺してくる。
蚊取り線香を忘れたため 刺されまくった。
もう少し作業したかったけど、早々に引き上げ。


本日の収穫。


DSC04008_convert_20150820172712.jpg


キュウリは これが最後。
水不足のため 今年は不作なり。


ミニトマト青じそは まだまだ採れる。
ここにきて、ししとうモロヘイヤも頑張ってる。
モロッコいんげんは すでに終わって 種取りの段階へ。



11.gif



じいさん、盆のあいだは見かけなかったなぁ。
まさか、もうあっちの方へ行っちゃったんじゃないだろうね。

(注:じいさん=畑の近くに住んでいて私が畑に出るといつも周りを徘徊しだすボケ気味のじいさん。耳が遠いらしく、何を言ってもガン無視される。)


何があってもおかしくない歳だからなぁ。
名前も知らない じいさん。
野菜持ってくんで、せめて線香くらいはあげさせてもらいたいな。(死んだと決めつけるな)







今日の畑。




畝のまわりの草を刈ったので、整然としているように見える。
が、ほとんど野菜は終わりかけで、今採れるのは、きゅうりとミニトマト、シソ、ししとうくらい。
モロッコいんげんは、種を取る段階になっている。
コリアンダーも種まきの時期が悪かったのか、もうほぼ終わる。


部活もひと段落し、ヒマしているムスメを連れてきたのだが、あまりの暑さに1時間もしないでギブアップ。
今どきの中学生は根性ないのう。
母さん、日本兵のカッコして2時間は仕事するよ。


畑の真ん中で雨乞いの踊りをおどるムスメ↓

DSC03934_convert_20150812035842.jpg




最近、わたしの生活能力が極端に落ちている。


徹夜明けで帰ってきて、夕食のためにアサリを砂抜きしておこうと思い、バットに漬けたまではよかったが、冷蔵庫が満杯だったため、台所の隅に放置しておいた…というのが不幸の始まり。
その夜は、市内最大の花火大会があり、それを見に行ったりしていたら、まんまとアサリのことなど忘れていてね。
一昼夜経って、家の中が生臭い!とムスメが言い始め、配管を掃除したりいろいろしてたんだけど、原因がわからないままとりあえず仕事へ行ったわけです。
そしたら今日、仕事中に修造からメールが来て…。


「アサリ」

と一言。


それでも思い出せないわたしは「アサリって何なのよ?」と電話したら、台所に置いてあったアサリはいったい何なんだ?と。
それがものすごい異臭を放っていて生命の危険を感じるレベルだと。
外に出したいところだけど、近所から異臭で通報されそうだから玄関に置いとく。
帰ってきたら責任持って始末しろよ!と。
(電話の向こうでムスメが「くせーーーー!!」と叫んでました)


もうね、修造から話を聞き終えるまでアサリのことをこれっぽっちも思い出さなかったんです。


帰ってきてから玄関のアサリ(全滅状態)を庭に穴掘って埋めました。
あーもったいないことした。
てか、本当にわたし、だいじょうぶかあ?


ビールの飲みすぎで、脳細胞が日々死滅してるのかも。


…と言いつつ、これも缶ビール片手に書いてます。
これもすべてあつが夏いからいけないんだ!
あ、ちがう! 夏が暑いからいけないのっ!






畑仕事は、午前は10時まで、午後は4時から。
農家の皆さんはそんなこととっくに分かってらっしゃって、外に出てる人なんて誰もいない。
そんな中、昼の炎天下に一人、草むしりに勤しむ無謀な40ウン歳。





あれだけ蒔いたのに、これしか芽を出してないコリアンダー
修造が大好きなので、ちまちまと採ってきては弁当に入れてやっている。



きのうの夕方、畑近くの家の例のじいさんが、嫁の車に乗せられて帰ってきた。
車から降りたじいさんは、その足でまたウロウロしそうになったが嫁に制され、しぶしぶ家の中へ。


その途中、立ち止まってじーーっとこちらを見ていたので軽く会釈をしたら、じいさん驚いたように背筋をシャンとして会釈を返してきた。こんなの初めて〜!


……というような話を夕食の時に修造にしたら
「同胞だと思われたんじゃない? 旧日本兵みたいなかっこうしてるから
と。


旧日本兵って、何てこと言うのだ。わたしの野良スタイルは、楽チンなつなぎとパタゴニアのフラップ付きキャップでと決まってるかr……


DSC03894_convert_20150801141232.jpg


あ。……ほんまや。


これにサングラスとマスクして、こげ茶色の長靴はいてるから、ますます
老眼であろうじいさんが、何となくこっちばかり気にしてたのはそのせい!?



じいさん私、ただ趣味で小さな畑やってる平和を愛する一主婦なんです。
なんだったら今、子供達を戦争に行かせないための運動もしてるんですよ。


…とか、一度ゆっくり話をしてみたいものです。じいさんと。




DSC03865_convert_20150801141243.jpg



手に持つのは 銃ではなくクワ
採るのは敵兵の首ではなく おいしい野菜たち


みんなが何かしら作物や花を育てたら、世の中平和になると思うんだけどなあ。
安倍さんや磯崎さんやとりまきの人たちも、汗流して土を耕してみ。
クーラーの効いた部屋でゆったりとした椅子に座って高価な天ぷら食べてるより、もっと大事なことが見えてきますよ。