そろそろこの本の感想を書かねばなるまい。



夫のちんぽが入らない


しかし、あれだ。
「ちんぽ」という単語は、この本のおかげで完全に市民権を得た気がする。

本屋のカウンターで予約をし、届きましたの電話連絡のお姉さんの声。
「ご予約いただいておりました夫の…えー、(意を決したかのように)はい!ちんぽが入らないがですね、ご用意できましたあ」
…タイトルは言わなくてもいいですよと伝えておいたが、律儀な店員さんだ。
すまぬ。

こないだその本屋に行ったら、数冊ほど置いてありました。
「お探しの本はこちらです!!」のポップとともに。


          kinoko10.gif イラストに他意はありませんて



この本を読んで「なんで入らないの?」とか「病院に行けばいいのに」とか「夫婦なのにオカシイ」とか言う人と、私は友達になれないなあ。
だって、そういうことじゃないんだもの。


ちんぽ = 入るもの 
夫婦  = 入って当たり前



結婚したら子どもを持つのが当たり前で、夫婦は入ってこそ幸せなのよという方たちに向けてこそ、この本の真のメッセージが生きてくる。
たまたまこの本では「入らない」というのが軸になっているけれど、100組の夫婦がいれば100個の夫婦の形というものがあるわけで、「入らない問題」に匹敵するか、あるいはそれ以上の深刻なモンダイを、100組の夫婦は抱えながら今日も生きているのかもしれない。


というか、現実そうじゃないか?
何が普通かと問われれば、普通なんかないのだと答えるしかない。
ひっそりと抱え込んだ問題なら うちにだってある。
そっちのほうが「普通」なのではないか。


            kinoko03.gif


読み終えた後、まず最初に思ったのは、
ああ、「私」さんはこんな大きな問題を抱えて生きてこられたのだなということ。
事情も知らぬ他人からの無神経な言葉に どれだけ傷ついてきたんだろう。


次に思ったのは、ジャガー横田の逞しさをとうとうと説く保険外交員のおばさんのように、自分も知らず知らずのうちに他人を傷つけてはいないかということ。
結婚はいいよー、高齢出産も悪くないよー♪
自分にとってそれがたまたま良かったとしても、他の人にそれが当てはまるはずもないのに。
きっと無意識に言っちゃってるなぁ私…。ああ、言ってるわ。


逆に、「子どもは絶対2人以上産んだ方がいい」とか「高齢出産は卵子も年取ってるからよくない」とか、実際に面と向かって言われたこと、何度もある。
みんな自分の生き方を正当化したいがために 他人をその型に当てはめようとする。
私もしかり。
いかにもそれが「ふつう」なんだという顔をして。


          
           kinoko08.gif



最後に、「私」さんの夫さんへの深い愛情に感動したこと。


チーズフォンデュのエピソードや、夫さんが目をかけていた教え子のためにあつあつのご飯で鮭のおにぎりを作るところや、「あの人子どもいないから人の気持ちが分からないんだよ」という同僚の会話を聞きながら、「ふと、夫も職場で同じようなことを言われているのではないかと想像して悲しくなった」(p.187)など、随所に愛を感じて胸が熱くなる。本全体に愛が、あふれている。
ああ、素敵なご夫婦だなあ…。


夫さんのために迷いなく車を走らせチーズフォンデュの材料一式を買いに行ったり、『夫の大事にしている仕事や教え子が、自分にとっても同じくらい大事なものになった』なんて、あなた、言えますか? 私も夫を愛しているけど、正直そこまでではない。



          kinoko02.gif



「私」が実母と二人で義実家に謝りに行くシーン。
お宅の後継ぎを産んであげることができず、本当に申し訳ありませんと頭を下げる母。困惑する義父と義母。
もう本当やめてあげて!と叫びそうになる。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
…食べることだけに集中した。いくら、うに。今、動きを止めると、涙がこぼれ落ちてしまう。目を大きく開き、大げさに噛む。顔の筋肉をいっぱい使う。私の器官が悲しい信号を受け取ってしまわぬように。いくら、いくら、いくら。…(p.167)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



そして最後の3ページ。
ほとんどの人は、ここでこだまさんの文章力に圧倒されるだろう。


この本に出会って、私は今までの自分の無神経さに腹が立ったし、今後二度と人の人生に軽々しく(冗談でも)それは違うよなどと言わないと誓った。
「入らない」ことが問題なのではなくて、「入らない」人たちに寛容でない世間の目こそが問題なのだと。



            kinoko06.gif キングやな。



話はいきなり変わるが、奇しくもちょうど今出ているE KISSという雑誌に、「入らない」に関連した内容のマンガが掲載されている。
あの『逃げるが恥だが役に立つ』の番外編、百合ちゃんと風見さんのその後のお話。


いい感じで付き合いだした二人だが、百合ちゃんはご存知高齢処女。
順調に愛を育み、いざお泊まりとなった時なんと!入らなかったのです。


詳しくはこちらに紹介されているので見てください。(ネタバレ注意)
  ↓  ↓  ↓
最新話!番外編・逃げるは恥だが役に立つ【感想・ネタバレ】(E KISS)
http://kojimangavip.com/2017/02/nigehajibangaihen/


その時の風見さんのセリフにキュンときます。
実は処女だと打ち明ける百合ちゃんに


風見『だからたぶん 僕は好きな人と肌が触れ合ったりじゃれあったり 幸せな気持ちになることの方が好きなんだと思います。』

『だから朝まで一緒にいてください 入っても入らなくてもいいし あと…』



行為そのものではなく、問題は“相手の気持ち”。
入っても入らなくてもいい。風見さんの気持ちが分かっただけで十分。
実際、入らなかった時の百合ちゃんはとても幸せそうな顔をしていました。


幸せの形はいろいろあって、それは当人にしか分からないことなので、周りがとやかく言うなということ。
当人がふっ切れているならいいけれど、さんざん悩んだり苦しんでいる人にとっては、他人を基準にしたアドバイスなど大きなお世話というもの。


多様性を認めるというのは、ひいては世界平和につながるものだ、と私は信じている。
ムスリムがテロリストだとなぜ決めつけるのか。
ちんぽが入らない=不幸 だと誰が決めたのか。根底は同じだ。
じゃあLGBTの人はどうなんだ?って話。
自分の周りだけが「普通」だと思うのは、とても危険なことだ。
私も以後、気をつけます。



最後に。
この本を世間に出すべく尽力して下さった方々に敬意を表します。
私には、声が届きましたことを、ここにご報告申し上げます。
(「私の声、届くだろうか」というこだまさんの一文に答えて)
いい本を ありがとうございました。



スポンサーサイト


かなわない



内容のほとんどが2段組の日々の日記であり、ふつうなら他人のどうこういう日記なんて読む気がしないのだが、この人のは違う。ぐいぐい引き込まれて読んだ。いつのまにか、植本さんに自分を重ねていた。そしてなぜか時々息苦しくなって深呼吸をしてみたり。


まっすぐな文章。うそ偽りのない。
飾っていない。カッコよく見せようとか、理想のお母さんでいようとか、そんなものは微塵も感じさせない。


例えば、些細なことで上の子に苛立ち、ホットケーキを投げつけてしまった、などと書くのです。子育てをしていて、自分の思い通りになることなんて何も無い、とも書く。


これが我が家なら、たとえば昨夜ムスメがひどい点数のテストを持ち帰ってきたのでつい頭にきて、何を勉強してたんだとかバカじゃないのかなどと罵倒したことや、夫に、ムスメのこの頭の悪さは誰の遺伝子なんだとまで言い放ったことなど題材には事欠かないが、私は決してそんなことは公に書かない。なぜなら


自分をよく見せたいから。


植本さんの文章は、ただ淡々とありのままを綴ってあるから、読んでるほうが苦しくなる。いたたまれなくなる。
ああー、そこ!もっと隠してー!恥部だから!オブラートに包んで!…となる。


がその一方で、自分じゃ言えないことを著者が代弁してくれてるので、ありのままの私を見て的な気持ちも湧き上がる。
こぶしを振り上げて、そうだ、そうだ!と叫びたくもなる。
まったく、乙女心は複雑なんだよなぁ。
そういう深層心理をすべてさらけ出してどうだと迫ってくる迫力が、この本にはある。


仕事をしたい、たまには子どもと離れて息抜きしたい、
子育てとの板挟み、ちょっぴりの罪悪感。
そんな時の夫の何気ない一言や口の悪い母の言葉に いちいち傷つく。
原発事故のせいで、食べものの安全性が気がかり、なのに周りは驚くほど無関心。
ただ毎日がむしゃらに母親をやりながら、いろんなものと闘っている…。


全部、共感できる。そして
全部、わたしのこと。


これを読んだ女性は、多くの人がそう思うはず。
ありのままの自分。世間からは黙殺されてる事実。




あと、植本さんの夫であるECDさんの人間としての魅力がハンパない。
ECDさんの大きな愛(家族愛だけでなく人類愛)がこの一家の軸となっていて、妻である著者が日常を淡々と、否定せずにありのままにまっすぐ見つめているから「ここは、大丈夫」という肯定感が読者に伝わってくる、のかもしれない。



苦しいけれど、生きるってのはそういうことだよな。
『働けECD』からのファンだったが、次の本『家族最後の日』も注文しないと。









そういや正月に本屋に行った時に、尊敬するこだまさんの「例の本」を予約した。





うら若きレジのお嬢さんにスマホの画面を見せて
「この本を予約したいんですが…。」
ああ、スマホって便利。


「ご用意できました際、留守番電話に書名を言ってもよろしいでしょうか」
「あ?はい。大丈夫です、はい…。(しどろもどろ)」
後ろで修造がクククと笑っていた。


アマゾンじゃなくて、地元の本屋さんで注文したぞ!
一言もちんぽと言わずにちんぽの本を予約してやったぜ \(//∇//)\
まぁ、どっぷり汗はかいたけれども。


夕食の時にその話をしてたらムスメが
「なんで予約なんてするのぉ?本屋に並ぶでしょ?そん時に買えばいいじゃん」と。
ムスメよ。お前は分かっていない。
ここは田舎やぞ?なめんな
発売日に並ばない本なんていくらだってあるのだ。
確実に読みたい本が、黙っていたら手に入らないこともあるのだぞ。


それともう一つ。
「わざわざ予約する」理由は、書店員さんにその本を印象付けるという意味合いもあるのだ。
つまり、もっともっと売れてほしい。
私が買うのは1冊でも、「わざわざ注文する」ことで、本の宣伝の一端を担えるかもしれないじゃないか。



今週は志の輔らくごもあるし、来週にはきっとちんぽ本が読める♪
なんて幸せ。
ごめん、ムスメ(=受験生)。
母さんは「あえて」通常通りにいきます。



追記ーーーーーーーーーーーー

下記のサイトにて
「お客様がタイトルを声に出して言わなくても書店さんに予約注文できる申込書」
をダウンロードできますヨ。

『夫のちんぽが入らない』特設サイト
http://www.fusosha.co.jp/special/kodama/



至れり尽くせり。







ブクログによると、
去年1年間で私が読んだ作品は127
内訳は 本が65冊
    マンガが33冊
    雑誌が14冊
    映画が15本


127個の作品の中から選んだ2016年ベストブックはこれ↓

へろへろ 雑誌『ヨレヨレ』と「宅老所よりあい」の人々
へろへろ 雑誌『ヨレヨレ』と「宅老所よりあい」の人々


ここ数年の与党の政策を見ていると、これからこの国で老いていくには「野垂れ死ぬ覚悟」がないとダメなんだなとつくづく感じる。そういう世の中になった。
この本は、社会のいろんな問題を浮き上がらせている。
この国ではボケたら普通に暮らせないのはなぜか?

宅老所「よりあい」の介護のあり方は、多くの人の心を動かす。
私たちは誰しも老いるし、足腰も弱るし、程度の差こそあれボケるのだから。



          m-styl77.gif



今読んでいるもので、すでに今年のベスト本になりそうなものが数冊ある。
12月はほとんど読めなかったので、それらは2017年に繰り越し。
ざっと見ていて思ったのは、やっぱり『週刊金曜日』の内容の濃さ、だ。
ジャンルは雑誌になるが、年間ベストで10冊選んだとしたら、10冊中8冊は金曜日になるのではないか。


今年読んだ雑誌一覧↓


ざざの本棚 - 2016年01月~2016年12月 (14作品)
powered by Booklog



「週刊金曜日」はごく一部のみを登録しているので、実際に読んでいる冊数はこの5倍ほどになる。
2011年以降、テレビや新聞が信用ならないメディアというのが一般の人に知れ渡った。そういう目で改めて読んでみると、金曜日の内容がいかに体制やスポンサーに日和っていないかがよく分かる。





DSC06605_convert_20161104103632.jpg
なぜ母親は娘を手にかけたのか ―居住貧困と銚子市母子心中事件



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2014年9月24日、千葉県銚子市内の県営住宅で、家賃滞納のため強制退去となったその日、母親(43歳)が無理心中を決意し、中学2年生の娘(13歳)を殺害した。健康保険料も滞納するほどの生活苦で、母親は「家を失ったら生きていけない」と思い詰めた果ての事件であった。行政に相談したが、結果的に生活保護を受けられなかった、という。母親の事件当日の所持金は2717円で、母親と娘名義の預金口座の残高は合計で1963円だった。(p.2)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




ここ数年でもっとも忘れられない事件です。


格差が拡大し、貧困が深刻化する日本で起こった悲劇。
この事件を知ったとき、ああ、ついに……と思いました。


親子が発見されたとき、母親は、娘の運動会のビデオ映像を見ながら、死んだ娘の頭をなでていた、という報道を今でも覚えています。
娘を学校に送ってから自分一人で死ぬつもりだったが、娘が自分を心配してその日は学校を休むと言ったので計画が狂った、なんで娘を殺すことになったのか分からない…。
母親は、そう言っていたそうです。



line_brokenline01_bsmix.png line_brokenline01_bsmix.png


助けてあげたかった
手を差し伸べたかった
自分が近くにいて、母娘のSOSに気づいてやれたら…。


同じくらいの歳の娘を持つ親として
この事件は 本当につらかった。


どうしてその子は死ななきゃならなかったのか。
生活苦にあえいでいた母娘を 県営住宅から追い出そうとしたのは誰か。
この母娘の逼迫した状況を 本当に誰も知らなかったのか。
救える人は いたのではないか。
地域で生活し、学校にも行き、役所にも相談していた。
それなのに、なぜ……?


この事件は、単なる心中事件ではない。
日本の住宅政策、社会保障、社会福祉政策の貧困さ、そして、人権の剥奪という重大な問題を浮き上がらせた事件でした。



line_brokenline01_bsmix.png line_brokenline01_bsmix.png



千葉県の家賃減免措置がきちんととられていれば…
明け渡し請求、強制執行前に、県が母親と面会し事情聴取をしていれば…
保険年金課と社会福祉課とのあいだで、情報交換が行われていれば…
生活保護申請窓口の担当者が きちんと母親の生活状況の聞き取りをしていれば…
国の公営住宅に対する方針が 低所得者への配慮に即したものだったら…


あの子は死なずにすんだ。


こういう事件が起きるたび、思います。
市の責任、県の責任、国の責任である、と、それは明確なんだけど、
被害者はいつだって顔の見えない相手と 不毛な戦いを強いられる。


制度や法律を整えるのが急務なのは当然。
でも、それを実際に行っているのは「人間」なんです。


窓口の人が、助けを求めに来た人に対して、最初から色メガネで判断するのではなく
この人は本当に困ってここに来ているのだ、と。
そういう優しさを持って対応していれば、この母親は救われたのではないかと。


私が甘いのだろうか。
でも、法律なんてたいていザルでしょう?
どんなに冷酷な人間にも、事細かく指定されたルールに従って業務を行わせるようにするよりも(その制度が整うのを待つよりも)、窓口にいるその人に ほんのひとかけらの人間らしい優しさとモラルがあれば、役所の本来の機能は十分発揮されるのではないかと。


夫が多額の借金をした、離婚してシングル家庭だった、持病で働けない、パートの稼ぎが不十分だった、、。
人にはさまざまな事情があります。
でもそれは、彼らの生きる権利、住み続ける権利を奪う理由にはなりませんから。



line_brokenline01_bsmix.png line_brokenline01_bsmix.png



政治家や公務員になる人は、世の中にはこういう母娘のような最底辺の暮らしを日々続けている人たちがいることに いつも思いを馳せていて欲しいのです。


清水玲子さんの「秘密」5巻より薪さんの言葉を。


DSC06599_convert_20161104103719.jpg


「あなたは決定的に想像力に欠けている
どう頑張っても自分をとりまく倖せな人生しか想像出来ない

自分とはかけ離れた不幸な人達 
毎日死んだ方がましだと思いながらそれでも生き続けなければならない人達の苦痛に満ちた犠牲をーー
この社会の底辺に存在する暗闇を
想像しようとしない
見ようとすらしない

いくら経験を積んでも変わらない
それは 監察医として致命的な欠点だ」




最後の「監察医」の部分を「政治家」に変えて 総理に捧げます。




line_brokenline01_bsmix.png line_brokenline01_bsmix.png




今日衆院で TPP承認案を与党が強行採決しましたね。
国民皆保険の崩壊の始まりです。
「貧乏人は病院にかかるな」
盲腸の手術で700万請求される国になることでしょう。


貧しい人たちのことを想像すらできない人。
死んでもいいと思ってる人。
むしろ死んで欲しいと思っている人。


そういう人たちが霞が関を牛耳っています。


この事件は、ほんの始まり、なのかもしれません。