最後の最後にこの本に出会えて良かった。『リンゴが教えてくれたこと』(木村秋則)

木村さんは、当時完全無農薬・無肥料など不可能だと言われていたリンゴの自然栽培に取り組んだ人です。
成功するまで約10年近く、無収入の時代があったそうです。
周りからは「かまど消し」「ろくでなし」と言われ、村八分にされたことも。
でも木村さんは信念を曲げなかった。土を見、虫を見、リンゴの木の声に耳を傾けた。
リンゴを作るのに農薬が本当に必要なのか? 肥料は本当に野菜や果樹の生育に役に立っているのか?

木村さんの言葉で書かれたこの本には、何度も次のような文章が出てきます。

「人間はどんなに頑張っても、自分ではリンゴの花一つ咲かせられません。米を実らせるのはイネです。リンゴを実らせるのはリンゴの木です。主人公は人間ではなくてリンゴの木やイネです。人間はそのお手伝いをしているだけです。」

大量生産、品種改良、効率の良い大型農機導入。すべては収益を上げるために。
見てくれの良い、農薬まみれの生産物を作り、市場に供給する。環境をも破壊しながら。

農業だけではありません。
いろいろな立場の人が、いろいろな事情を抱えて、今日もまた生きています。
そして、家族の健康と、安定した収入と、幸せを願っています。
この年末、私含め、みんなどこかしかで来年もいいことがありますようにと神様にお祈りしたに違いありません。
そして新年が明ければまた同じようなことを手を合わせて祈るのでしょう。
そんな時、この言葉がずしんと来ました。


神様が地球のみんなのお願いを聞いてくれるとします。
「家族みんなが、金持ちで幸せに暮らせますように」などと人間は願います。
神様が木や鳥やすべての地球上の生き物の願いを聞きます。
すると何のお願いが一番多いでしょうか。
「人間が地球からいなくなった方がいい」



スケールの大きな話になってしまいますが、時々私は、この地球上で人間は大きな顔して自分たちだけの力で生きていると思っているけれど、それは思い上がりなのではないかと思うことがあります。
そんな時は、ちょっと立ち止まって自然の声に耳を傾けることも必要なのかな、と。


というワケで、この年の瀬に、珍しく少し謙虚な気持ちになっております。
もう紅白も終わりですね。
明日は元旦ですが、仕事に行きます。巨大な組織の歯車に完全に組み込まれています、部品として(苦笑)

皆様、よいお年を。そして、おやすみなさい。





関連記事
スポンサーサイト

スキー&スノボの時期がやってまいりました ひゃっほう~�G���������͂��Ă�������↓ちなみに写真はムスメ。


オットとムスメはスキーで、上級者コースもすいすい。
一方、私はスノボで、初心者コースを地味~に、ぐるぐる (^▽^;)


先シーズンの終わりでは確か、スラロームは完璧に出来ていたような記憶があったのですが、
1年ぶりに板を履いてみると、あれ? う、うまく滑れん・・・・・���[��

なんだろ、勘を取り戻すのに、年々時間がかかるようになっているのですよ。
ま、要は、ですな。

周りを見渡すと、けっこう初心者らしき人も おいでになる。
その中で、同じく初心者コースをぐるぐる回っている、私と同レベルくらいの(って勝手に判断した)若いお姉さんに目をつけ、心の中で
「転ぶと痛いよね。うんうん。分かる。(´д`、) でも頑張ろうねお互い。うん。」と声をかけてみる。
そのお姉さんは裏が緑色のボードを履いていたので、これまた勝手に「緑ちゃん・・・」と名付けてみたり。


         78.gif


ちなみに、私のスノボの腕がどれくらいかと申しますと、
私が背負っていたリュックに入っていた塩せんべいの画像をご覧下さい。↓↓

DSCF6865_convert_20091230204417.jpg

私の◯◯キロの全体重を受けとめた塩せんべいよ。
本当に本当にありがとう!!!

そんなこんなでのんびり休憩を終えてシャバに出ると、なんとっ!緑ちゃんがいつの間にかけっこうサマになる感じで優雅に滑っているではないですかっjumee��surprise4

なんだかちょっぴり、出し抜かれた気分に。
くーーー。粉々のせんべい食べてガハハなんてやってたから遅れをとってしもうたわい。

それからの私は、「ママ、遅ーーーい♪」と言いながら脇を滑走してゆくムスメの野次にも負けず、イメージトレーニングしながら(これ大事)真剣に練習しました。
そのおかげで、最後は何かをつかみそうなところまで(何を?�����)到達することが出来ましたよ。


          line7.gif


突然話は変わりますが、異性の好きな仕草や行動って、それぞれ人によって好みがあると思うんですが、例えば
車をバックさせる時、助手席の後ろに手を回すとき♡、とか、
突然、声が裏返るとき♡とか。(←ないか)

私の場合、小さい女の子に優しくスキーを教えてあげているお父さんというのがダントツ1位です。
顔や体型など関係ないですね。(キッパリ)
なのでこの時期、こういったシーンを目撃することが多々あるため、その度ココロの中で

ほれてまうやろーーーー!!!

と叫んでいるのであります。




関連記事

帰宅したらPCの上にこんなものが。


ラッキースター銀行さんから 七兆円札2枚
アニマル銀行さんから 十億円札5枚。


鳩山さんがママからもらったお金の何倍かしら?
気前のいいムスメがポンとくれたみたいだけど、額が多すぎて喜ぶより先に、何に使ったらいいのか想像もできないところが小市民。


関連記事

多肉。


かなり放置プレイしてますが、元気です。

DSCF6638_convert_20091226160951.jpg

写真をどうしても縮小せざるを得ないのですが、そうすると、色が褪せるのですよ。
上の写真のグラスは本当にキレイに紅葉していて、毎日眺めてはうっとりしているくらいなのですが、うまく伝えられず。
下の写真も同じです。

DSCF6751_convert_20091226161015.jpg

アラーキーが言っていた。

「いい写真が撮れない奴っていうのは、写真が下手っていうよりも人生が下手なんだ」

それって、私のこと!?  ムキーーーーッ!!




関連記事

1日遅れのクリスマス。
何とか我が家にもサンタさんが来てくれました。



朝目覚めて「あああーー”#&%♡※♭♥‼ サンタさん来てくれたあぁぁぁーーー!!」と狂喜乱舞。
窓側に寝ていたオットが「あーなんだ?窓が開いてるゾ?サンタさんかな?寒いな」などと小芝居を披露。
もうクリスマスイヴが過ぎちゃったから、もうサンタさんは来ないと思ってたらしく、喜びはひとしお(^^)

してその中身は、ホンモノのPC(→詳しくはコチラ)はサンタ側の予算オーバーの諸事情により入っていなかったものの、オリケシやリカちゃんのお洋服など細かいものがたくさん。

「パソコン、なかったね? がっかりした?」と聞いたら
「ううん。気にしないよ!うちにも来てくれたんだよねーっ♡」

来てくれた・・・ということ自体が嬉しいみたい。そう、そのことに意義がある、うん。
しかし、この笑顔はヤバイです。このために頑張って働こう私!という気にさせられるではないか。
それにこんな物(2000円弱)であれほど一人の人間を喜ばせることが出来るなんて、親、冥利に尽きますなぁ。


ここに来てドタバタしましたが何とか終わりました。今は極度の疲労と安堵感でへなへなと力が抜けた状態です。まだあと2つ、クリスマス会が残っていますが準備は済ませたのでとりあえず一休み♪

世のお父さんお母さんも、おつとめごくろうさまでした。




関連記事