今日で3月も終わりです。出会いがあれば別れもある。
うちの部署はなんと、ボスが異動です。
部下に1年の間に2回も血尿を出させた伝説のあの方です。

ボス異動の知らせは、その5分後にはメールで部署全員に回りましたからね。早かったなァー。


そうそう、銀行の引き落とし明細を見ていて気づいたんですが、この冬の電気代が前年より月2000円近く減っていました。考えられることは、便座のヒーターを切っていたことくらいです。

なんだかんだと理由をつけて引き延ばしにしないよう、今日美容院に予約を入れました。これで明日は観念して行くしかないでしょう。1500円床屋ではありません。(←一度行った)それはそうと、こんな感じで…という具体的なヘアスタイルの希望がない人はどうすればいいのでしょうか。「お任せで」でいいのでしょうか。寿司屋で言う「板さんのお任せでヨロシク!」と同じ感じで? 美容師さんから「もう少し具体的に…」と言われたら「素敵な奥さんって感じで」と言おうと思います。

・・・・・内容のない内容の日記でした。今日も生きてます。



関連記事
スポンサーサイト

自分の年を3で割ると、それが人生の時間だそうだ。
39歳の人だったら13時。午後1時ということ。


        iroiro.gif



そうすると自分はもう間違いなく午後の人間で、休日に当てはめて考えてみると、午後っていったらもうあと何時間しか自由時間がないじゃん!とアセり始める時間じゃないスか。おいらの場合。

でも今日本人ならそうそう72歳(24時間×3ですね)で死ねないわけで(日本人の平均寿命:女性86.05歳、男性79.29歳)それを考慮すれば私もまだまだお昼の人間かもしれないですが。

それにからめて

ムスメが時々ムカっとくるようなことを言ってきたり、
ママなんてくそババだ、うちTちゃんちの子になればよかった…だのとのたまったり、
食事中に急に踊りだしたり、肘をついたり、未だにぽろぽろ食べこぼししたり、
散らかすだけで片付けるということはまずしないとか、
いらんことばっかりするとか、
目先のものにすぐ心奪われるなーとか、でもすぐ投げ出すとか飽きっぽいとか、
ほんと欲望のままに生きているなーこいつ…と思うことばかりだったりだとしても

「まだ深夜2時台のヤツだからしょーがないわ、うん」
と思うと気が楽になります。






関連記事

オステオスペルマム。写真は日曜日のもの。今日も雪が散らついていたにもかかわらず元気に咲いていてくれたようです。




「学童入室『4月1日ショック』を防ぐには?」というニュースを今読みまして、軽くムカついております。
内容を簡単に説明しますと、保育園や幼稚園をこの3月で卒園する子どもは4月1日からは新1年生になる。そのうち親が働いているなどの理由で放課後、家に帰っても親が不在の子どもは、学童保育に預けられる。保育園の至れり尽くせりの場所から、いきなり学童という別の場所に移り、子どもの負担も大きい。親は心してのぞみましょう。・・・という感じ。好意的にとらえれば。

しかし読んでいくうちに「・・・はぁ?」という箇所が何カ所も出てきた。

●『学童保育に行くにはお弁当が必要になる場合がほとんど。子どものお弁当を作るスケジュールをあらかじめ考えておきましょう。』
 →あらかじめ考えるって?弁当が必要なのは春休みと4月の最初だけですよ。都会の私立小学校ならともかく、たいていは給食がでるのでは?それに弁当を作るスケジュールは親が立てるものではないです。必要な日は必要なんです。それとも弁当を作る日と弁当を作らない日があるってこと?(小遣い渡してパン買えってか?)

●『できれば、4月1日の朝は子どもを学童まで送っていくといいでしょう。
 →てかいきなり1年生を一人で学童まで行かせる気ですか?今のこのご時世、送迎は基本です。犯罪に巻き込まれるのは1、2年生が一番多いのですよ?それに4月1日が学童へ行く初日ではなくて、事前に体験保育もあるし(学童もそこのところはちゃんと考えてやってますよ)、働く親なら子どもの預け先は死活問題ですから、少なくとも3月中には下見も兼ねて子どもを学童に連れてきているはず。

●『子どもが自分でお弁当を持って、家のカギを閉めて出て行かなければならない家庭もあるかもしれません。その場合は、カギを閉める練習なども事前にしておきたいものです。』
 →カギを閉める練習をさせるのはいいんですが、親が出勤する時に子どもも連れて行きましょうよ。学童に。なぜそういう現実離れしたことを書くかなぁ。あり得ないでしょ。親が家を出たあと、不審者がピンポンと尋ねてきたらどうしますか?火の元の点検は?道中の安全は保証できますか?


ツッコミどころはたくさんあったのですが、この記事を書いた方、おそらく学童がなんたるかをまったく理解しておられませんね。きちんと取材したのでしょうか?
何となく文面から悪意が感じられるのです。たぶん、働く母がよく遭遇する、あの悪意が。

子どもを預けて働いている親というのはまったく・・とか、親が子どもを顧みないからそういう家庭の子は何か事件に巻き込まれても仕方がないワ..とか、だから子どもがしっかりするよう、せいぜい躾けておくことですね・・などという本音がプンプンと伝わってくる。
お名前からして女性と思われますが、ご自分も働いているでしょうに。子育てをしたことがないのでしょうか。または学童なんかにお世話にならず、ジジババの強力なサポート体制が合った方とか?それかかなり年配の方か。

こういうのって、国会のオジサマ方だけじゃないんですよね。
女の敵は女。
妊娠も後期の頃、通勤をバイクから電車に代えましたが、席を譲ってくれないのはオバサンだけでしたから。(若い子やオジサンは遠くからでも「おーい」と声かけてくれました。ありがたかった)

「私も苦労したんだからあなたの番よ。ケケケ」みたいな、そういうオバサンにだけはならないと心に決めました。




関連記事

所用のついでにフリマへ。



いつの日もフリマというのは楽しいものです。
売り場のカワイイお姉さんに「それ私が小さい頃着てた服なんですよ~」などと言われ、ムスメもその気になっていろいろ選んでいました。

結局GETしたのはこちら→ DSCF7421_convert_20100328154348.jpg
しめて1700円なり。(LIZ LISAのジャケットが新品なので高かった)
プーさんはおまけ。


今、ヤマザキマリさんの『テルマエ・ロマエ』を爆笑しながら読んでます。




関連記事

ここのところ毎日そら豆食べてます。
美味しいですよね、そら豆。もうホントに大好き♡です。
家にまだあるのに見かけるとつい買い物カゴに入れてしまうくらい好きです。
かさがはる割りに、開けてみると肝心の豆はほんのちょっぴり…なのがまたじれったくていい感じ。
「そらまめくんのベッド」という絵本を思い出します。

塩ゆでしたものもいいですが、焼きそら豆も美味ですわよ。
私はひいおじいちゃんの教えを守ってちゃんと皮ごと食べていますが
ムスメやオットは皮を残すんですよ。もったいないですよね。


関連記事