米原万里が止まらない(笑。
この真っ赤な表紙の本は、今まで読んだ著者の作品の中で私が一番好きな本。
ぐいぐい引き込まれて、一気に読み終えた。傑作。
大宅壮一ノンフィクション賞受賞作品。


「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」米原万里著(角川書店



著者は、9歳から14歳までの5年間、共産党幹部であった父親の仕事の都合で在プラハのソビエト学校に通っていた。
そこで出会った3人の少女、リッツァ、アーニャ、ヤスミンカ。


見たこともない祖国ギリシャの青い空を「それは抜けるように青いのよ」と自慢する、勉強ギライのちょっとおませな少女、リッツァ

息をするように嘘をつくけれど、みんなに愛され、貧富の差のない皆平等の共産主義の理想をかかげながら自分は大邸宅に住んでいるという矛盾をもつ ルーマニア人のアーニャ

学校一の天才で絵の才能も抜群、常に冷静でクールな性格のユーゴスラビア人、ヤスミンカ


この3人の友人たちと30数年ぶりに再会を果たすべく、数少ない手がかりをもとに探し歩く。
再会のシーンは感動ものであるが、それよりも、大人になった彼女たちが それぞれに自分の祖国という大きなしがらみを抱えながら生きている現実に、読者は深く考えさせられる。・・・


               64.gif



内容は「リッツァの夢見た青空」「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」「白い都のヤスミンカ」の3部構成になっている。
私がもっとも心を打たれたのは、最後の章「白い都のヤスミンカ」だ。
3つのうち、ここだけでも読む価値はある。
ずっしりと重い内容。衝撃の結末…。
ふつうの日本人が知ることのない、共産圏に生きる人たちの状況が手に取るように伝わってくる。
当時の13歳の少女たちは、何を見、何を感じていたのだろうか。
そして今も、平和ボケした私たちには到底理解できないような過酷な状況下で生活していることも。


               63.gif



当時の在プラハ・ソビエト学校には、50ヶ国くらいの国から子どもが通っていたという。
しかし、1963年、部分的核実験停止条約をめぐって 中国共産党とソ連共産党との意見の相違が表面化、それに伴ってソビエト学校から中国人の子どもが一斉に退学、一人もいなくなった。
国際共産主義運動の中で、日本共産党は中国派と見なされていたため、あからさまなイジメや差別はなかったものの、日本人である著者は、級友たちが明らかに自分をの距離を取り始めているのに気づいていた。


ユーゴスラビア人であるヤスミンカも似たような立場だった。
60年代当初、ソ連人のユーゴ観は、「社会主義の正当な道から逸脱した落伍者」であるというものであり、ヤスミンカも著者と同じ「どうしようもない孤立感」を感じていた。


たった13歳そこらの少女が、毎日『プラウダ』『アカハタ』を目を皿のようにして読み比べているんですよ!
彼女たちは自分がなぜここに居るか、親の思想とはどういうものか、自分の置かれている立場など、すべて明確に理解している。
うちのムスメなんか毎日YouTubeでAKB48を見ることはあっても、新聞なんか絶対読まないもん。
私が理想を語ったとしてもきっと、ハナクソほじりながら「ふーん。…で?」って反応に決まってますよ


                62.gif


ヤスミンカのこの章は、書きたいことが山ほどあってまた長くなりそうなんで、かいつまんで説明すると、
ヤースナ(ヤスミンカの愛称)のパパの回顧録/パルチザン隊に入ったキッカケや
別れてからのヤースナと新しく来た校長との確執
著者の思い出帳にセルボ・クロアート語で綴られたヤースナの意味深な言葉
91年に勃発したユーゴ民族紛争・・・etc、etc。


ヤースナの消息を訪ね歩く中で著者は、ヤースナがボスニア・ムスリムであったことを知る。
そして、運命の再会。。。
一見、夫や子どもたちと幸せな家庭を築いているように見えたヤースナ。
が、彼女はいまだ激動の渦中にいて、不安な日々を送っていたのです。


ヤースナの言葉で、頭から離れないものがある。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「この戦争が始まって以来、そう、もう五年間、私は、家具を一つも買っていないの。食器も。コップ一つさえ買っていない。店で素敵なのを見つけて、買おうかなと一瞬だけ思う。でも、次の瞬間は、こんなもの買っても壊されたときに失う悲しみが増えるだけだ、っていう思いが被さってきて、買いたい気持ちは雲散霧消してしまうの。それよりも、明日にも一家皆殺しになってしまうかもしれないって
「ヤースナ!」                       (p.279)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



・・・ツライ。
世界のどこかには、今でもこんな気持ちで毎日過ごしている人がいると思うと、胸が痛くなる。


                65.gif



かつてトルコ軍が、街のあまりの美しさに戦意を喪失して引き上げていったという「白い都」ベオグラード。

この本の最後は、以下の文章で結ばれている。
著者の静かな怒りと深い悲しみが 文章から伝わってくる。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
それから三年半後の一九九九年三月。アメリカとNATOの爆撃機は、ついにベオグラード市に襲いかかった。二人の職員を爆撃で殺された中国大使館は、ヤースナの住む団地のすぐ近くにある。爆撃機の操縦土たちは、トルコ軍の兵士のように、「白い都」の美しさに魅了されることはなかった。(p283)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




私がユーゴを訪れたのは、1996年の8月。
(ちょうどマリとヤースナが再会を果たした年だ!)
ほとんどトランジットのような、一日半のみの滞在だった。
(ルーマニアに早く辿り着きたかったため)
もう少しゆっくり見て歩けば良かったと 今になって後悔している。

雲が多くどんよりとした天気。
共産圏の国にありがちな 大きながらんとした建物が立ち並ぶ町並み。
かなりどぎつい表紙のポルノ雑誌が売られているキオスク。
その中を、背の高い美しい人たちが早足で通り抜けていく・・・私の中のベオグラードは、そんなイメージ。
もしかしたらヤースナとすれ違っていたかもしれない。


メイン通りからすぐの だだっ広い公園を通り抜けたところで、ハンドルがひん曲がって自転車がうまく動かせないでいた子どものハンドルを直してあげたことと、
57$もしたホテルに ホットシャワーがなかったこと!
……はよく覚えている(要らんことばっかり。笑)

当時の日記を読んでいたら、しばし東欧の世界に戻ってしまった。


DSCF3417_convert_20120628080447.jpg




おおっと!今気づいたけれど、3部作のタイトルに入っている「青」「赤」「白」の3色は、汎スラヴ色ではありませんか。
チェコやロシア、クロアチア、セルビア、スロベニア、スロバキア…の国旗の色。

cz50.gifru50.gifhr50.gifsel50.gif

汎スラブ主義色とは…
東欧のスラブ諸国の伝統色。スラブ民族の象徴の色。
〈青〉澄みわたる空〈白〉まばゆく輝く光明。清潔〈赤〉自由のために流された血



……なるほど。
気づかずに通り過ぎるところでしたよ。
トワーリッシチェ・マリ! どこまで計算していたのですか。



日本人の「マリ」は、56歳で逝ってしまった。
ヤースナが今でも生きていて、幸せに暮らしていることを願わずにはいられない。








関連記事
スポンサーサイト

小さい頃からガーゼが好きで、大人になった今もなおガーゼが好きだ。

子どもの頃、ハンカチと言えば=ガーゼだった。
それも最近よく見るガーゼハンカチみたいなお洒落なものではなくて、本当に赤ちゃんが使うようなただのガーゼ。
それを吊りスカートの腰の部分に安全ピンでくくり付けて、登校していた。(ちびまる子ちゃん世代ですからねぇ^^)


が小学2年のある日、仲の良かった女の子に「なんで(ハンカチが)ガーゼなの?」と言われたひと言がショックで、長い間“ガーゼフェチの自分”を封印していた。
・・・ような気がする。





自分は、すごく幸せな幼少時代を過ごしたもんだから、その時に使っていた「ガーゼ」は、私にとって幸福の象徴なんだろう。


京都くろちくの両面ガーゼ手ぬぐいが、最近のお気に入り。
畑仕事の時は 必ず首に巻いている。
吸収力はイマイチだけど(あれ?これ致命的?)肌触りが何とも言えずいいのだよ。
つい ちまちま集めてしまう。

あれ? 洗うとずいぶん縮むんだにィ。
P6251940_convert_20120625201650.jpg


時々思い出したように 家の中の断捨離をば。

Tシャツを一瞬でたたむ術の映像を見て、ムスメのTシャツをたたみまくる。
おお!これはハマるぜ。

P6211933_convert_20120625201736.jpg


洗濯物をたたんでいる時間て、けっこうシアワセ…だったりする。
加えて、そのたたんだ洗濯物を仕舞う際に、スペースに余裕があるとさらにシアワセ感が倍増する…ということに最近気づいた。


今わが家は、私もオットも忙しくて家の中が荒れがちなんであるが、
お互いに足りないところを補いながら、何とか持ちこたえている。
ムスメも成長した。
自分で寝る支度をしてさっさと2階へ上がるようになった。(へ?遅い?)


原発企業OBの親から、電化製品が勝手に送られてきたりして、心穏やかでない日もあるけれど(苦笑)
それでも何とか生きています。
時々ドジョウさんの長いまつ毛を 一本一本引っこ抜いてやりたい衝動にかられることは多々あるけれど^^

関連記事

P6221934_convert_20120625183136.jpg


プラグトレーに播いたステラミニトマトが ぐんぐん大きくなり、見るからにぎっしり。平日朝の山手線状態。

トマトたちの狭いよぅ~!早くポットに上げてくれよぅ~!という声をなだめすかしつつここまできたが、今日やっと無事大きいポットに移してあげることができた。ホッ。


理科の授業で使ったというインゲン豆の苗を2つ持ち帰ったムスメ。
もちろんお嬢さまは、お持ち帰りになったただけで、苗ごとその辺にポイ!
その辺に転がしておけば 母親が居ても立ってもいられなくなって畑に植えてくれる…とでも思ってるんだろうか
ま、実際そうしちゃったわけだけどっ(爆)。


だいぶ放任に育てられていたようで、もう葉っぱなんか黄色かったりしたから、ダメかもしれないわ。
でももし奇跡が起きてインゲンが成ったら「やっぱり自分で育てたのはおいしいよねぇ^^」と言いながらパクツクに違いないのだ、あやつは。



2.gif



今日またNHKの受信料の徴収の人が来た。
こないだ来てからまだ半年も経っていないような気がする。

始めにピシャッと「うちはテレビないので…(お帰り。シッシッ)」と言ったのに、
ワンセグやらカーナビやらを持っているだけでお支払いいただくことになっているとか何とか、嬉々として要らぬ説明を始めたので、私もちょっとムッとして
「受信機を持っていないのに払う義務はないのだ。そして未来永劫うちがテレビを持つことは絶対にあり得ない。・・・絶対にな!
と、超低音ヴォイスで、カッとおじさんの目を見ながら返したら
あっさりと引き上げていった。


こんな強面のおじさんだったら、ビビっちゃったかもしれませんが(笑。
c0eaa3c6.jpg


不愉快なのは、テレビないって言ってんのに、
「嘘でしょ~。本当はあるんだよね~?」みたいな言い方をされること。いつも。
これが非常に腹立たしい。
みんながみんなテレビがないと生きてけない人間じゃないっつーの!
あたしゃ民主党と違ってウソはつかねーってんだっ。ったく

首相官邸前の4万5千人のデモをニュースとしてまったく取り上げないNHK(ナンだかヘンな国営放送)などに お金なぞビタ一文払いたくもない。
払いたくないからテレビを持たないんだよ。

集金のおじさんはおそらくNHKのヒトじゃないと思うのだが、別れ際に一言言っちゃった。

「うちがテレビを買って、観たくなるような報道をして下さい」

と。



やっぱこれ↓貼っとかないとダメかしら?
yakuyoke_convert_20120625194727.jpg
NHK受信料お悩み解決さんから借用)
関連記事




映像を見ていて胸が熱くなった。
同じ気持ちの人が日本中にこんなにいるんだということ。
大飯原発再稼働の動きに、いても立っても居られない気持ちでいるのは、私だけじゃなかったんだ。
そういう意味でも デモは、とてつもなく大きな意味を持つ。
特にここ日本という国ではね。
(最後尾のあたりに広瀬隆さんがいます)


家族のことや 仕事のことで くよくよ悩んでいた自分がちっぽけに思える。
私も加わらせて。
え?足りてたの?Tシャツ着て 総理官邸前の道を練り歩くのだ。


関連記事




第17回 松本あるぷす寄席♪@市民芸術館小ホール


演目はこちら↓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
三遊亭白鳥  マキシム・ド・のん兵衛
瀧川鯉朝   井戸の茶碗
―中入りー
瀧川鯉朝   あいつのいない朝
三遊亭白鳥  最後のフライト
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


白鳥さんを初めて見る人~!で思わず手を挙げてしまったけれど、
見るのは初めてなんですが(うちにはテレビがありませんからね)毎日通勤しながら車ん中で聞いてましたからねぇ。
この方があの「恋するヘビ女」の白鳥さんか…という感じ。
思ったより痩せてr・・・失礼^^
背中に「SWA」と入った、肩にライン入りのジャージのような着物を着て登場。


2-1.gif


「マキシム・ド・のん兵衛」
銀座の一流店の接待を学んだ老婆が、さっそく家に帰って夫婦で細々とやっている「のん兵衛」という居酒屋(今日のお話の舞台はもちろん松本^^)で馴染み客相手に新たなサービスを始める…という話。
原価を割る値段のビールは実は水割りとか、ワイングラスがなくてエッグスタンドを持ち出してくるとことか、場末のまったく流行っていない地方の一杯飲み屋のとぼけたじーさんばーさんがとにかく笑える。


「最後のフライト」
小さい頃から悪さばかりしていた一郎君が大きくなって悪夢にうなされる。
目覚めてみたら一郎君は小沢一郎君で、沖縄へのフライトへ。
一人乗り込むヒコーキは、経費削減のため乗務員が皆お年寄り。
その中の一人、おばあさんアテンダントが実は小学校の担任の先生だった…というお話。
機内の飲み物サービスに一郎君が「ビールは瓶にして。缶(菅)はキライだから」とか、
ヒコーキが操縦不能になり、客席が一丸となって左右に身体を傾けたり、糸~まきまきのポーズをして回転数を上げたりとか、
終始賑やかでホント息を吸うヒマがないくらい笑えた一席でした。
トドメに「もう吉(基地)は要りません」ーーのサゲはさすがと思いました。
この落語を聞けて、本当に良かったです。


21.gif



白鳥さんは、CDを聞いていた限りではちょっと苦手かな~と思っていたけれど、ライブで拝見してたちまちファンになりました。
落語家でありながら、落語家っぽくないような雰囲気。
古典なんか演るかってーの!という匂いがプンプンしているところがいいね。
古典以外は落語じゃないなーんて言ってる人は早くいなくなればいいと私も思ってるよ白鳥さん!


小ホールは、7割くらいの入りでしたか。
いつもちょっと少ないなぁと思うのだが、土曜でなく日曜日の午後…というのがネックなのかもしれない。
ま、私としてはぎちぎちに詰め込まれるよりもこのくらいの方が 気兼ねなく楽しめていいんだけどね。
関連記事