相変わらずハマっています。アクション映画に。
こないだの日記にド兄さんがいい♡って書いたような気もするが(苦笑)
今はなんてったって、李連杰(リー・リンチェイ)!


「キス・オブ・ザ・ドラゴン」
虫も殺さぬよなあの顔(坊ちゃん顔)で、バッタバッタと敵をなぎ倒していく。
仏悪徳警察署に、単身でしかも素手で正面玄関から乗り込んでいくリュウ様。
このシーンだけで、とりあえず50回は観たな、私。
んで、全然飽きません^^
キスドラとリンチェイの話を聞いてくれる人がいたら、今から2時間みっちりしゃべれる自信があります!


リンチェイ!かっこいいよリンチェイ!

48_convert_20130321083549.jpg
これはマシンガンぶっ放してくる刑事に黄金の右足でビリヤードの球を一発お見舞いするシーンね。悶絶モノです。


・・・・・えーっと、これでもう気が済んだかな?(笑)






リンチェ祭りの中でも ちゃんとやることはやってまっせ〜。
畑も引き続き申し込んだし、子ども会の引き継ぎも(最後にチャチャが入ったけれど)きっちり済ませたし、年度末だからちょう忙しいんだけど何とかやってる。
ふくいちのことも気になるから調べてるし、本も5冊を今同時に読んでる。
気のせいかいつもよりか耳の聴こえも良い気がする。
ビールもガンガン飲むし、アドレナリンが出ずっぱりって感じ^^


最近は頭がいつになく冴えて、自分の周囲で今何が起っているか、今誰が何をやっているのかなど、すべて手に取るように分かるというか。
時々こういう時期があるんだよね〜。
昔調べた自分のIQを思い出す。
だから今はコミュ障もなんのその、いろんな人と物怖じせず喋れる(苦笑)。
映画を観まくってるせいもあるけど、夢も英語で見てる。
こないだエスパニョールしか話せない顧客の相手して、思ったより話せて自分でビックリ。あたしじゃない人が乗り移ってるって絶対。
もともとすごい早口なんだけど、今頭の中で考えてることはそれより早く展開するんで、言葉が追いつかなくてもどかしい!


今のあたしに近づいたらケガします(笑)。
春だからね〜と、遠くから見守ってやって下しゃい。



関連記事
スポンサーサイト

ここ最近公私ともにいろんなことがあり過ぎて、自分を保つのに苦労した。
飛び上がるほど嬉しかったり、かと思うと悔しくて眠れない夜を過ごしたり。
この年になっても私の人生なかなか飽きないなーと。 (✿ฺ◕ฺ‿◕ฺ)
そいで今日は力を抜いて、ミーハーな日記。


最近アクションものにハマっている。

映画はあまり観ないくせに、ここんとこ立て続けにアジアの(つーか香港&中国ね)アクション映画を観まくっているのサ。

そういや昔、リー・リンチェイが大好きだった。
今のジェット・リー。
「少林寺」の人。
 ↓ ↓ ↓

img_120542_676272_0_convert_20130313210654.jpg

ジャッキー・チェンも好きだけど、リンチェイのアクションの方が私は好き。
動きがシャープというか、とにかく華麗でホレボレする。
少林寺を観て、リー・リンチェイになりたいとどれほど思ったことか。


それで今ハマっているのは、何といってもドニー・イェン。
イップ・マンで堕ちました。見事に(笑)。

02.jpg


カッコイイでしょぉおおおー。
なんだろ。
中国始めもちろん日本もだけど、男はやっぱりアジア系に限るね。
武道やってる筋肉質なアジアの男は、最高ですよね?……え?
あーなんでわたいは、武道の覚えもまったくない、筋肉もまるでなさそうな男とケッコンしちまったんだろう(苦笑)。


仕事中も、ともすると回し蹴りをしたくなるほどカンフーアクションにハマっている私は、junemayさんに教えてもらった本燃えよ!スタントマンを熟読中。


著者の谷垣さんは、アクション映画の監督さん。
あのドニーさんの下でスタントコーディネートをやっていたりして、香港映画の裏話など盛りだくさんでとにかく面白い。

もったいなくて(笑)少しずつ読んでるけど、これ、香港映画好きにはたまらんですわね。
特にドニーファンには、ね!


以上、木人椿(イップマンが練習に使っていた例のアレ)を本気で欲しいと口にしたら、家族の会話が一瞬とぎれたざざ家より、3メートルのハイキックができるようになりたいざざ(40ウン歳)がお送りしますた。



余談。
アクションばっか大量にツタヤのレジに持ってくのもあれなんで、(観たくもない)普通の映画を2、3交ぜてみたりしていますが、タイトルに釣られてこないだ借りた「人のセックスを笑うな」は、最高につまらなかったとだけここに記しておきます。ごめんなさい
(松山ケンイチ、好きなんだけどなぁ!)




関連記事

2年間のがん闘病生活に苦しんだ末、5日に亡くなったベネズエラのチャベス大統領。
この知らせに、私は少なからずショックを受けました。
「まだチャベスがいる」
…いつもそう思ってました。
今の心中はこんな感じ。
「人間はこんなに早く逝くのか」
そう、樋口レポートの責任者たちの葬儀で樋口廣太郎アサヒビール会長が言った言葉です。
意味は……樋口さんの言葉と同じ意味です。


日本のメディアのこのニュースの扱いの小ささを見ると、地球の反対側の南米の貧しい国の一大統領の死は、さほど関心の高いものではないのでしょう。
そんなことより、中国から飛んでくる有毒ガスのほうが気になりますもんね。


でもね、この方はすごい人だったんですよー。
数々の伝説を残した人物でもありました。
なんせ敵国の陣地(国連)で、ブッシュ元米大統領を悪魔と呼び、アメリカにガチでたてついた人なんですから。


02d9a1c2b5563d3f6d2ae22f3bb53737_XL_convert_20130308092032.jpg彼はベネズエラ国内だけでなく、南米のカリスマ。
ゲバラの再来とまで言われていました。
彼を選び、支持したのが、政治に無関心だった貧困層の人たちです。
チャベスがいかに多くの人々に愛されていたか、首都カラカスでの出棺式に集まった群衆の映像を見れば分かります。
赤、赤、赤。
チャベスに敬意を表し赤い服を着て、ベネズエラの旗をもった群衆の写真。(→


さて、これだけ民衆の支持を集めたこのウゴ・チャベスという男、どんな人物だったのでしょうか。


line01-1.gif


ベネズエラという国は、本来は豊かな産油国です。
が、チャベスが出てくるまで、その利権はアメリカの企業が独占していました。
恩恵を受けていたのは、一部の富裕層のみ。


チャベスは、まず石油の利益を社会福祉に還元しました。
貧困層重視の政策に力を入れました。
貧困層の医療費を無償化、大農場の分配政策。
それまでは貧困層は学校にも行けませんでした。
チャベスは300万人の文盲に文字を教え、大学までの教育を無料にし、自立した支援を目指したのです。


チャベス大統領の目的は次の2つ。
国内に社会的な公正を確立すること、そしてアメリカへの依存を抑えること。


チャベスの行った改革により、「何をやっても変わらない」と諦めていた民衆は権力を取り戻し、貧困層にも公正な形で富が分配されるようになりました。


またチャベスは国内だけでなく、周辺諸国の国民の要求に沿った政策をすすめました。
「アメリカの裏庭」と言われ、アメリカに属する独裁政権に長いこと牛耳られていた中南米諸国の人々は、チャベスと同じく、独立と公正を求めていました。
チャベスの行ったボリバル革命は、中南米にとって理想的な政府のモデルだったに違いありません。
ボリビアで初の先住民系のモラレスが大統領の座についたのも、反米化と新左翼運動のこうした流れが影響していると言えそうです。



line01-1.gif



さて、面白くないのはアメリカと、今までさんざっぱら美味しい汁を吸っていた一部の富裕層たちです。
こいつらは……あ、失礼。ついつい言葉が悪くなってしまいました。
チャベスのおかげで多大な損失をこうむったこの方達は、反チャベスで連帯し、当時支配下においていたメディアを通じ、デマや中傷などのチャベスに関するネガティブキャンペーンをくり返します。
(5つあった民放局すべてを反チャベスの財界人が所有していたらしい。日本で言えば、日テレ・テレ朝・TBS・テレビ東京・フジの所有者が同じで、毎日同じようなプロパガンダ放送を垂れ流しているようなもの。オソロシイ!)


そしてついにブッシュ政権(CIA)は、ベネズエラ国内で軍部によるクーデターを起こします。
チャベスは大統領の座を奪われ、監禁され、処刑寸前までいきました。
が・・・・・!
なんとなんと・・・・・!
この時は、市民が命がけでデモを行い、市民自身がチャベスの命を救ったのです!
「憲法に書いてある!大統領をクビにできるのは、国民だけだ!」と言いながら。


文盲だった国民は、チャベスの教えのとおり、憲法を熟読し、自我を取り戻していたのですね。ウルウル。இ_இ

市民がチャベスを救った軍事クーデターの真実
http://www.jca.apc.org/stopUSwar/Bushwar/venezuela_coup.htm



 ↑  ↑  ↑
これは感動モノ。チャベスは本当に国民に愛されていたんです。




line01-1.gif



さて、チャベス大統領の死因である「がん」について。
どこのがんであるかの報道は、探しても見つけられませんでした。
4回手術を受け、直接の死因は術後の感染症である肺炎だと。
チャベスが死んだ今、どこのがんかなんてどうでもいい話なんですけど。


暗殺のテクニックは、今やかなり用意周到に行われるといいます。
長期にわたり じわじわと体を蝕むがん誘発兵器。
実際チャベスは生前、自身を含む南米の反米指導者たちが次々にがんに罹っている背後には、アメリカの陰謀があるとの見方を示したことがあります。


チャベス大統領、相次ぐ南米首脳のがん「米の陰謀」
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGN29008_Z21C11A2000000/



ベネズエラのマドゥロ副大統領は、故チャベス大統領にがんウィルスを注入したとして、アメリカを非難しています。


ベネズエラ、チャべス大統領を殺害したとして米を非難
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/35654-ベネズエラ、チャべス大統領を殺害したとして米を非難



・・・・・真偽のほどは分かりません。
58歳でがんで亡くなることは珍しいことではないでしょう。
が、現在がんにかかっている南米の反米指導者たちの年齢と数を考えると、チャベスの言う通り確かに「確率論的に不可解」だと言わざるを得ないでしょうね。



・・・・・さて。
今から重要なことをさくっと書きますよ。いいデスカ?
下の資料をご覧下さい。(特に赤い線のベネズエラのとこ)


451f4f67-s_convert_20130308110102.png
(資料はこちらから拝借しました→


がんを発症したのが2年前。
ベネズエラにサウジを越える2.97億バレルの石油があると公式に確認・発表されたのが2010年…。

何でもないけど・・・・・気になったから・・・。



中南米の真の英雄ウゴ・チャベス大統領に敬意を表します。
安らかにお眠り下さい。
チャベスの残した遺産を、ベネズエラが受け継いでいけますように。



関連記事

チャベスが死んだ・・・・・?


【チャベス大統領死去=がん闘病、復帰かなわず―反米の盟主・ベネズエラ】
時事通信 2012年3月6日(水)6時58分配信

反米左派諸国の盟主として知られた南米ベネズエラのウゴ・チャベス大統領が5日、首都カラカスの軍病院で死去した。マドゥロ副大統領がテレビ演説で明らかにした。58歳だった。がんとの闘病を続け、再び表舞台に立つことを目指していたがかなわなかった。チャベス氏の死去を受け、30日以内に大統領選挙が行われる。
世界有数の産油国ベネズエラは財政難にもかかわらず、チャベス氏の強い指導力でキューバやニカラグアなど反米左派の同盟国に石油を安価で提供している。




58歳。死因は何?
ニュースをいくら読んでも分からない。


チャベスが死んだ今でも、ベネズエラ国民は正確には何の病気で大統領が死亡したのか分からないままだ、と。


オバマの出した声明文には、追悼の言葉がなかった。



2年前カダフィが殺された時、「次に狙われるは、ベネズエラのウゴ・チャベスか」などと書いてしまった。(→


いろいろなことが頭をよぎってまとまらない。
もう少し気持ちが落ち着いたら書こうと思う。



chavez2.jpg
関連記事