2011年の3月19日に、私は「患者置き去りの」誤報道についてという日記を書いた。これは、双葉病院の医師たちが、患者を置き去りにして逃げた、と当時マスコミが報じ、そのあと事実は大きく異なることが分かり、訂正の記事が出たことについて、思ったことを書いたもの。


患者置き去りの記事が出た時、まず違和感を感じた。
「そんなことあるはずがない」


日本人だから…というのはおこがましいかもしれないけれど、患者を救うために日夜頑張っている医師や看護師が、患者を置いて自分たちだけ逃げるなんてあり得ない、とまず思ったのだ。
職業人としての責務、倫理面…。
責任感の強い、勤勉な日本人ならまずあり得ない、と。
加えて、情のモンダイもある。
友人である医師が言っていた。理解しづらいかもしれないが、患者たちと24時間接している医療者にとっては、患者さんたちはみんな家族のようなもの。簡単に見捨てることなんてできないヨって。(中には真っ先に逃げそうな医者もいるらしいが



iroiro.gif




読めば読むほどに、悲しみがこみ上げてくる。
電気も水道も止まった病院に、129人の患者と一緒にたった一人取り残された鈴木市郎病院長。
しかも、患者はみな精神症状がひどく、持続点滴が必要な重症患者ばかり。
食事のとれない患者の命綱である点滴を、限界までゆっくりした速度で落とし続ける。
紙オムツが便で汚れ、気持ち悪くなったのか、オムツを外して体中便まみれになっている人もいる。
しかし、水が出ないから洗ってもあげられない、処置をした後、自分の手ももちろん洗えない。
鈴木は、病院のナースたちからプレゼントされたペットボトルのミネラルウォーターで手を洗った・・・

・・・・・涙なしでは 読めません。


想像を絶する困難な事態に、鈴木市郎は立ち向かった。
最初、鈴木は、後続の救出部隊が、すぐ来るはずだと信じていた。
が、待てど暮らせど、救出部隊は来ない。
夜は、否応なしにやって来る。ロウソクの本数は限られていた。
辺りは闇に包まれる。東北の3月の夜は凍えるような寒さだ。



双葉病院は、見捨てられたのだ。
精神科と内科を備えた浜通り随一の高齢者受け入れ病院であった双葉病院とその患者たちは、役場にも、県にも、警察にも、自衛隊にも、見捨てられた。



読んでいて、なぜこんな事態になったのか、とても不思議に感じた。

なぜなら、あの時点で双葉病院の状況を把握していた人間は、少なくなかったはずだし、その人たちが自分の責務をちゃんと果たしてさえいれば、サンライトおおくまのように、スムースな避難ができていたはずだと思ったからだ。

緊迫していたとはいえ、職務を放棄して逃げていい状況ではなかったはず。
ましてや自分では動くこともできない人たちを放って、だ。
一般市民のことではない。
公務員のことだ。
災害対策本部とか、オフサイトセンターというのは、こういう状況でこそ力を発揮すべき機関であると思うし、そこで働く者はみなその覚悟ができている…と、思っていたが違ったのだろうか。



双葉病院の救出が遅れた原因は、県の災害対策本部が、吸い上げられた情報の整理を怠ったからではないか、と筆者は記している。
もちろん、陸上自衛隊第十二旅団の輸送支援隊長が、病院関係者の車を乗り逃げした件も、大いに関係がある。(これこそ「ドサクサに紛れて」だ。憤懣やるかたない)
少なくとも、町役場の災害対策本部は、双葉病院の患者状況は把握していた。
が、把握していたにもかかわらず、そのまま空っぽになったのだ。


悲しい…。あまりにも悲しい…。


そして皮肉なことに、双葉病院の患者置き去り報道の発端は、その福島県災害対策本部による誤った発表が始まりであった。



iroiro.gif



あの日、あの時、SPEEDIの情報が的確に公開されていれば、他の手も打てた。
情報公開してくれさえすれば、何らかの方法があった。
が、それらはわれわれ一般市民に公開されることはなかった。
特定情報を得られた人間だけが、さっさと安全な場所へと避難した。
われわれは、高濃度の放射能を浴び、そこに取り残された。


特定秘密保護法ができれば、さらに情報は隠される。
生存権、幸福追究権、財産権を 奪われたも同然だ。
これが、民主主義か、と思う。


双葉病院のこの事件も、情報が正しく公開され、活用されていたら、あのような状況にはならなかったのではないか。
いつでも弱者が犠牲になる。
そして、自分たちのエゴや欲によって他者を犠牲にした者が平然と、弱者をさらに貶める。


未だ汚名を着せられたままの双葉病院と元その職員たち。
この事件については、原因を徹底解明して欲しいと強く願う。

















関連記事
スポンサーサイト

さて、先週土を準備しておいた「あおちゃん花壇」です。
今日は5種のチューリップ(計26球)とクロッカス(20球)を植えました。


DSC00745_convert_20131127175317.jpg



どういう配置にしたらいいのか、少し悩みました。
結局、真ん中にクルシアナという原種のチューリップを植えて、その左にスプリンググリーン、右にセンシュアルタッチ(八重フリンジ咲きの豪華なやつ。お高い)を。
あとの3種類は、周りにテキトーに散りばめてみました。
球根の向きは一応そろえましたよ!





そして、空いているところにクロッカスをこれまたテキトーに。
ぜんぶ植えたとこ。↓
DSC00747_convert_20131127174821.jpg


そのあと水を撒いて、終了。
庭植えだからそんなに神経質にならなくても大丈夫だけど、一応乾燥させないようにしなくてはっ。
(地面の下では、命が宿っているのですからね)



DSC00749_convert_20131127180655.jpg


緑のカーテンを撤去した跡地を整備しました。
ここは、便利花壇として使っているので、いろんなものを植えた歴史があり、掘るとワケの分からない根っこが次々に出てきましたよ。
それを全部掘り起こし、耕して、苦土石灰をまぶしました。
元肥は、コンポスト内の不完全堆肥をすき込んでおくかな。
ここで熟成させるのもいいか…などと考えております。




iroiro.gif



特定秘密保護法が衆院で強行採決された。


原発・放射能問題だけが 特定秘密じゃない。
拉致問題も、TPPも、遺伝子組み換え食品の輸入も、集団自衛権の行使も、憲法改正も、これみんな特定秘密。
山本太郎議員の質問によって明らかにされた特定秘密の指定権者、見ましたか?
53機関が挙がっていました。中には首を傾げるような機関の名も。
もともとは「スパイ防止法」から始まった法案だのに、蓋を開けてみればぜんぜん違う内容になっている。
どちらかというと「公務員利益保護法案」という印象。


日本は昔から秘密主義で、戦後国家の機密が内部告発によって漏れたことなど一度もない…と、西山太吉元毎日新聞記者さんが言っています。
特別秘密はある。でも漏れたことはない。じゃあ何を防ぐのか?


国民が知りたい情報 = 権力にとっては不都合な情報
何を秘密とするかは、恣意的に決められる。
われわれ国民は、何が「特定秘密」にあたるかはまったく知らされない。
政府にとって都合の悪い情報を、みんな「特定秘密」とできるんだから、これ以上オイシイ法律はないですよね、権力者にとって。


もしかして近い将来、モンサント社の種しか栽培してはいけない法律ができて、種の自家採種や家庭菜園が禁止されたとしたら・・・。
「隣りの奥さんがどうも原種のチューリップを庭に植えているようだ」と、裏のジジイが密告し、そのせいで私が牢屋にぶち込まれることだってあり得るじゃないか。


いいかげんにしろ。


これでもまだ自公を支持している人、いるのかな?
それとみんなの党の正体が明らかになって、目醒めた人もいるのでは?
あと離党をせまられて、国民との公約を反古にした議員も出ました。
その一方で、意志を曲げずに自ら離党届けを出した議員もいます。
いい意味でも悪い意味でも、この方たちのお顔を、私は一生忘れません。














関連記事

最近とんと文房具屋さんに行っていなかったので、知らなかった。
好きな色を選んで作れるボールペンなんてあったんだ。(今更…)
しかも、私の好きな極細ゲルインクの!


DSC00743_convert_20131125120551.jpg



3色ボールペンは必需品。書き味は悪い。持つ手も疲れる。見た目も今いち。
でも仕方なく使っていた。


でもある日、ムスメが使っている3色ボールペンを見て驚いた。
ピンクのボディーに黒いドット。衝撃のカワイさ。
「何それかわいいーー!♡どこで買ったのっ!?ちょっ見せて見せて!!!」


それがハイテックCコレトとの私の出会いでした。(大げさ)


元々0.3くらいの極細が好きで、ハイテックを愛用していた。
絶対外国では手に入らないだろうと、世界一周へ旅立つ際も、レフィルをたくさん買って持って行ったくらい。
が、このハイテック。インドでまずインクがかすむようになりましてー。
アフリカ大陸で完全に書けなくなりました。
日本ではなんの問題もなかったものの、過酷な環境においては役立たずだったという。(主にホコリだと思うのだが)


それ以後は、シグノに走りました。
シグノの超極細0.28ブルーブラック…が今の私の一番のお気に入り。
手帳への書き込みは、このくらい細くないとダメなのだ。


そして、居ても立っても居られなくなり、ムスメと一緒にすぐ文房具屋へ。そこで見てみたらなんと!
シグノインクのスタイルフィットというシリーズもあるではないですか


というワケでー
今この2種類のボールペンにハマっている。
ハイテックCコレト(写真左)と、スタイルフィット(写真右)。


両方使ってみてどちらがいいか、検討しているところ。
書きやすさ、発色の良さ、ペン先の出しやすさ(けっこうボディの中で引っかかることがある)、インクのなくなる速さ…などの観点から、現時点ではややスタイルフィットがリード…かな?


ボディも可愛いのがいっぱい出てるので、全部(ディズニー以外)欲しくなる。
あと赤・青・黒の定番色ばかりじゃなくて、オレンジやピンク、アップルグリーンなんかもいいね〜。3色黒にして筆記幅を変えるとか。







関連記事

ユッカ。リュウゼツラン科の多年草。アメリカ原産。
うちの庭の入り口に生えている。
去年ほとんど伐採したはずだが、今ではこの通り。
大きいのが3株、その足元に小さいのが5、6株成っている。





見た目は素敵なんだが、触るとケガをする。
葉の先があまりにも鋭利すぎて危険。
まぁアメリカでは、防犯の役目もあったらしいけど。
ここは平和な日本。要らんわ〜。こんな危なっかしいもの。
不審者でなく、家主を刺してどうする(今日もヤられました


DSC00736_convert_20131122210254.jpg


んで、また先っぽをチョキチョキとやった。
やめろ〜やめろ〜と、グサグサ刺してくる。手は傷だらけ(泣)。


DSC00738_convert_20131122210322.jpg


小学生がそばを通るから危ないんよ。
もうちょっとこう、邪魔にならないところに植えてもらえればよかったのにネ。


今日の庭仕事。

トホホになっていた花壇の整備。
掘り起こし、苦土石灰を混ぜ、ついでに元肥も入れた。覚えのない球根がたくさん出て来た。それもまた埋めてやろう。この花壇は「あおちゃん花壇」なので、小さい女の子のイメージで、チューリップをたくさん咲かせる予定。


緑のカーテンの撤去。
とっくに枯れてはいたがまだネットに絡まったままだったので、数日前につるの根元を切っておいた。おかげで朝顔とキュウリのつるは、からっからに乾いていて、触ればホロホロと崩れるくらい簡単に取れた。ふと見ると、地面に数えきれないほどの朝顔の種が・・・。
けっこうな量すでに採種したんだけど、どんどん増える。

DSC00740_convert_20131122213248.jpg




下校中の女子高生たちが「ここのお庭いつもキレイだよね〜」と話しながら通り過ぎて行った記憶だけで頑張れる(笑)。
庭をキレイに保つのは、自分のためと言うより、道行く人たちを楽しませるため。
やっぱり私の前世はドイツ人かもしれない。




line-tamared.gif



特定秘密保護法案。
みんなの党、維新の会が賛成に回ったことで急速に成立の可能性が高まった。
安倍政権は、なりふり構わず法案成立にやっきになっている。民主がどう出たところで、来週のうちに衆院を通過させる腹づもりのようだ。


小泉あたりから、歴史上最悪の総理大臣が出たな、と毎回感じている。
野田の時、これ以上の最低な総理大臣は以後出ないだろうと思っていたら、さらに大物が出てきた。この大物、戦前の軍国主義に陶酔しているらしく、平和を謳った日本国憲法を変え、戦争ができる国に変えることが悲願らしい。


特定秘密保護法は、治安維持法と同義だ。こうしてブログに政府の批判を書いているだけで、私を獄中に入れることも可能になる。いかにも官僚の考えそうな法案だ。皆さんご家族がおありでないのか。それとも、自分の家族だけは、何があっても戦争に行かせられることはないとでも思っているのだろうか。









関連記事

種をまいてからちょうど1週間。
ゆうべたくさんの芽が出ていて狂喜乱舞した…夢を見たよ。
ドキドキしながら不織布をめくってみると・・・・・






・・・ないっ! なんにもないっ!!!
皆無!!!!! ナッシング!!!!!


t02200205_0481044811670903108.png





目をゴシゴシしてよーーく見ると、発芽寸前のようなモノ…が見える。
1個・・・2個・・・以上。
DSC00722_convert_20131122021830.jpg



ホウレン草もこれ、発芽しかけてるヤツじゃない!?
ピンボケでよく分かんないけどっ。
DSC00724_convert_20131122021902.jpg




「光」が、足りなかったのかな?
敷きわらの上に、さらに2重にした不織布を敷いたから。


…というワケで、
敷きわらを種の上からどけてみました。


でも発芽しない一番の理由はやっぱり「寒さ」だよね。
20℃以上になんてならないもん。
霜おりてるしーーー。


まだ1週間なので、も少し様子見ます。
芽、出るといいなーーー。


DSC00731_convert_20131122021759.jpg






関連記事