一生に幾度もないことだが(幾度もあっては困るわ)生きていると、相場が分からないままついつい相手の言い値をそのまま払ってしまうという場面に出くわすことがある。


父の葬儀を終えて、全ての費用計算をしてみたら、葬儀一連にかかった費用は私の想像していた額のなんと、2倍以上であることが判明した。


どうりで葬儀屋さんもお寺さんも丁重に扱ってくれたわけだ。
私らネギ背負ったカモでした。
ダマされんぞダマされんぞ…と気ィ張っていたわりに、知らぬ間に相手の思う壷にスポッと入れられていた。


今回、父の葬儀をしてみて学んだこと。
「もっとこちらが勉強しておくこと。(つけ込まれる隙を与えない)」
「故人の意志を尊重し、心をこめて送ってあげるという気持ちが大切だということ」




              mono97.gif


著者が、父親の戒名を自作し、それを相談した寺の住職に「人のビジネスに立ち入るな!」と恫喝されたくだりは面白かった。
その住職からは悔やみの言葉は一切なく、終いには、そんなことをするなら先祖代々の墓も追い出すようなことを言い出す始末。
こんな坊さんばかりじゃないだろうが、似たり寄ったりなのかもしれない。


葬儀にまつわる費用というのは、とにかくうさん臭い。
人の不幸や信心につけこんで、不当な要求をしやすい空気が作られていないか。
「お気持ち」という不可解な名の金額の請求からして、どこかおかしい。
お気持ちなら、各家庭の事情で金額は千差万別であってしかるべきだが、なぜか「相場」は決まっている。
それが1万や2万の話でないから、なおややこしい。
ならば、明瞭にいくらいくらと、明記して示してくれた方がよっぽど良心的だし、ムダな気を使わずに済む。
寺にとってもその方がよいのでh・・・・・よくないのだね、きっと(苦笑)。


この本を読んで分かったこと。
「戒名」というのは、バレンタインデーのようなもの。
チョコレートを贈るというのは。チョコレート会社の都合で作られたもの。
戒名は、お寺の都合。
・・・以上!



              mono98.gif


本書は、どちらかというと、家族間の相続争いの話が印象に残った。
親族の死をキッカケに、人の本性が見えてくることもある。


兄弟の中で最も社会常識に疎いと思われていた(私が勝手に思っていただけ。考えてみれば失礼な奴)上の弟が、実は一番保守的で、形式を重んじるタイプであった。


彼が、父は読書が好きだったから…と言って、棺桶に文庫本を添えていたのを見て、私と下の弟は顔を見合わせてしまった。
……お父さんが?……読書好き?
そんな印象、私と下の弟にはまったくなかった。
大体実家は本がほとんど置いていない家だった。


でもそれは、私たちの勝手な思い込みで、実際の父は、長男の前でだけ本を広げていたのかもしれない。
少なくとも私の思う父親像と、彼の思う父親像は少し違ったようだ。


でもその添えた文庫本が「永遠の0」だったから、やっぱりちがーう!と心の中で叫んでしまった。


父の口からツライ少年時代の戦争体験を聞いた者として言わせてもらえば、父があのような戦争願望を喚起させるような大衆娯楽小説を好んで読むような人間ではないと断言できる。
天国で今頃父も「長男!それはちがうってーーーーー!」と叫んでいるやもしれない。









関連記事
スポンサーサイト

今日は「種まき」の日。
…っとその前に、畑のレイアウトの確認と何の種をまくか決めなきゃ。(そこかい)






まず、レイアウトはこんな感じ。↓
いちおう連作障害を考慮して、前の年に植えた野菜は違う畝に植えることにして(前々年度のことは考えてない)チャッチャッと1分で決めた。
一つ前の日記で「年々欲が減っている」とか「ぎゅうぎゅう詰めに野菜を植えない」とか書いたわりには、レイアウトを見ると強欲の固まりやんな。


DSC01468_convert_20140427174307.jpg



そいで、4月の今、冷涼地のここ松本で今日のこの日に種をまいても許される野菜はどれかな〜?と選定していくと、こうなりました。
左が今日まく種、真ん中が5月に入ってからまく種、右はそれ以降にまく種。

DSC01469_convert_20140427174334.jpg



もうこの作業だけで半分終わった気になったので(まだこれからや)
種まきには、中学に入ってから毎日ヒマそうにしているムスメを連れていきました。



テキトーでええよって言ってんのに、ご丁寧にピンセットでちまちまと等間隔に種を並べる奴。(あんたB型じゃないわ絶対←誰の子?)


DSC01473_convert_20140427174625.jpg



この種をまいた後にね、「種まき用の土」(そういうのがあるんですわ)をかぶせるんだけど、それをまんまと家に忘れてきたっていう。
いつも何かしら忘れてくる。(そんな自分がイヤ)


車で5分…と言えども、わざわざ取りに帰るのは面倒くさい。
近くにホームセンターもない。(あるけどこれもまた車で5分の距離)
結局、ふつうの土をかぶせといたわ。


種には気合い入れといた。
芽出せよコラとか言って。


野良仕事してると、いったん家に帰るとか、ちょっとトイレに行く、とかがとにかく面倒くさいねん。
手は土だらけだし、作業着(大体はつなぎ)着替えるの大変だし、長靴履いてるしな。
だから、トイレも我慢するし、極力中断しないよう頑張るだ。
面倒だからって畑で出産しちゃう人の気持ち分かるわ。(そういう理由じゃないだろ)



DSC01493_convert_20140427174435.jpg



今日は日中20℃あったらしい。
ムスメ、「暑い暑い」と言いながら厚着して種まいてた。(脱げばいいのに)


今日撒いた種/覚え書き

・ルッコラ
・サラダな
・コリアンダー
・松本一本ねぎ
・聖護院節成胡瓜
・相模半白胡瓜




関係ないけど、アナと雪の女王を観たムスメがそれを絶賛してて
何かっていうと「雪だるまつくーろー♪」とか歌ってるんですが
アナの声の吹き替えの神田沙也加は松田聖子の娘なんだよ〜と教えたら
「えっ!?聖子ちゃん、娘がいるのっ!!!???」
って、ひどく驚いてて、こっちがびっくりしたわ。


52歳で12歳の女子にちゃん付けで呼ばれてる聖子ちゃん、ある意味スゴイ。




関連記事




ふゆ菜は強い。
そして旨い。
毎年、コレ、ウエル。ワタシ、キメタ。(片言のニホンゴで言ってみた)


ホウレン草とふゆ菜だけ、まだ収穫できている。
あとネギは半分だけ持って帰り、庭に埋めた。
修造に、ネギはしばらく買って来ないようにと念を押しといた。


2日前、苦土石灰をすきこんだ。(例年どおりスロースタートです)
今年はほとんどの野菜を直撒きでいこうと思う。
3年目を迎え、土のコンディションは良いので(そう信じてる)
実験的にやってみるつもり。
失敗してもいいや。家庭菜園だもの。
・・・と、年々欲が減ってきているなあと感じる。
畝と畝の間隔も、どんどん広がっているし。(ぎゅうぎゅう詰めに野菜を植えない)


DSC01463_convert_20140424212947.jpg



山から流れる水も、急に水量が増えた。
暖かくなった証拠だ。


HNAgJtwpDIdLGRc1398342726_1398345397_convert_20140424221723.png



バンドの練習に行く前のムスメを畑に誘う。
「うわっ、なつかし〜。1年ぶりの畑♪」とか言ってるし。
今年はもっと手伝ってもらわなきゃ。






関連記事

まだ霜がおりていた頃に作った寄せ植え。
暖かくなるとともに、ぐんぐん成長している。






最近はピンクに魅かれる。
持ち歩く小物や文房具は、ついついピンクのものを選んでしまう。
ついでに頭ン中も真っピンク。(あ、なんか変な意味になった?)


家庭訪問がやっと終わった。
つい2週間前まで家の中がすごいことになっていたので、ここ最近はずっと家の中の掃除&片付けに追われてた。
ブログの更新もできぬほど。(どんだけ散らかってる)
みぐさい(:見苦しいの意)ものは、ほとんどが修造の仕事グッズなので(もう言い切った)主にオットの尻を叩きつつ、何とか先生をお通しできるくらいの空間を確保できた。


先生は、ムスメがふだん勉強している部屋も見たいとおっしゃったのだが、「ここ(1階の和室)です!いつもここで勉強してます!」とムスメが主張してくれたおかげで、子供部屋は見られずに済んだ。
あんなん見ても、面白くも何ともないからな。
それにムスメの部屋に辿り着くには、階段に置きっ放しになっているいろんな雑多なものを乗り越えていかねばならない。(八甲田山死の彷徨)
もし行ってたら、先生もう、二度と降りて来れなかったかもしれない。(どういう家だ)



15.gif



あ、そうそう、ムスメが友達が出来なくて悩んでた件。
結論から言うと、現時点で何とか話せるお友達が3人出来たようで、まずは安心しております。


この件に関しては、職場の女の子のいるお母さんに相談したりもしました。
やっぱり同じような経緯を辿って無事大学生に入学した女の子のいるお母さんの言葉は、それはそれは重みが違いました。
部活に入ればまた人間関係も変わるから〜と励まされ、あまりこちらからはしつこく聞いたりせず、見守っていたのがかえって良かったよう。


ややこしそうに見えるけど、元来単純なもんなんだよね、友達付き合いって。
スクールカーストとか、変な言葉を作って型にはめようとするからいけない。
「桐島、部活やめるってよ」なんて、ヒエラルキーのトップに君臨している桐島君の動向に周りが振り回されているさまを描いているんだが、象徴的なのは、肝心の桐島君の顔が見えないっていう。
友達は、アクセサリーじゃないのさ。
「この子といる自分」じゃなくて、「自分は自分」。
自分を演出しなきゃ!
自分がしっかりしてりゃだいじょーぶ♪(…って、うちのムスメがしっかりしてないからこちらがヤキモキしちゃうのだが)


DSC01429_convert_20140422105634.jpg



そんな親の心配をよそに、最近のムスメは、小学校時代からのお友達と何と!
バンドの練習で忙しいのだとか。
・・・お前、いつからミュージシャンになった?


担当楽器を聞いたら「ベース」やて。
ジーン・シモンズかっ!とツッコんだら、側で聞いてたオットが
「そこでジーン・シモンズって言っちゃうとこが古いよなぁ〜」と大笑いされた。
ほっとけ。







関連記事

桜が満開です。
どちらかと言うと梅の方が好みなのだが、桜を見ると心なしか気分が高揚する。
私も日本人なのだなあ。


さて。
中学生になったムスメが、なかなか友達ができず悩んでいることについて。


まず最初に私がしたアドバイスは
「誰よりも早く教室に着け」


人間と言うのは面白いもので、その場に居た時間が早い者ほど、後から来る者に対して精神的に優位に立てる…ということが、実際あるらしい。


だからムスメも頑張った。→結果、玉砕(号泣)


ムスメいわく、仲の良い子たちは登校も一緒で、そのまま(盛り上がったまま)グループでダベるから、自分が入る隙がまったくないのだと。


ツライなあムスメ。それはツライ。
よくよく考えて次に出した案は
「マスクを外そう」


…私がインフルエンザ(あるいは放射性物質)予防にマスクの着用を口酸っぱく言い聞かせていたせいか、ムスメはいつからか「マスク大好きっ子」になってしまった。
カバンには常にマスクの束を入れて持ち歩いており、「マスクしてないとなんか落ち着かなくて…」とまで言う。


私もマスク好きなので気持ちは分かるのだが、どうもそれを不快に感じる人もいるらしいのだ。
つまり、風邪でもないのになんでマスクしてんの?というワケ。


マスク=人と話すのを拒絶している…と捉える人もあるだろう。
心優しい人なら、具合が悪いのかな、話しかけちゃ迷惑かな…と思うだろう。
それに何より、マスクをしていると、表情が読めない。
ムスメの可愛い笑顔が、マスクを付けていると相手に見えないし、仮にこちらが一生懸命話しかけてもらいたいオーラを出しているつもりでも、顔が半分隠れていては、十分にそれが伝わらない。
……そう考えてのことだった。


いつもなら私の提案に反発するムスメが、大人しく「…分かった。」と言ったのにビックリしたが、マスクを外した初日、満面の笑みでスキップしながら帰ってきた。


違う小学校から来た子たちと、いっぱいお話しできた!
Mちゃんとは、趣味が似ているの!リラックマも好きだし、ブラスはユーフォだったんだって!それでねそれでね……!
………etc、etc。
息つく間もない様子で、話してくれた。 ✽.。.:*(嬉´Д`嬉).。.:*✽



…とまぁ、メデタシメデタシ…となると思いきや、やっぱりまだ独りでいることも多いようで、日々様子は変化している(らしい)。


マスクして帰ってきた日は「あかんかった日」なので(分かりやすいな!ムスメ!)何も聞かずに抱っこして、美味しいものをたんと食べさせてあげることにしている。




line07.gif




まぁ私としては、実はさほど深刻には考えてなくて(おいっ)、もうすぐ中間テストがあるし、その結果次第でクラスの皆の動向も変わると思ってるから(お勉強の出来る子は絶対にあぶれないという法則)それまでさり気なく様子を見ていこうというスタンスである。
(だから勉強頑張れよという流れ…!?)


でももしこれが、なにがしかのイジメに繋がるようであれば、もちろん黙っているつもりはない。
対策を講じてダメなら、最悪、松本を離れてもいいと考えてもいるので(それでムスメが救われるなら安いものだ)手段はあまたある分、むしろ開き直っている感じ。
だから、ムスメにも「世界は広い、だからあんまり気にするな」とは話してある。
クラスの中だけが「世界」じゃないからね。



あと、これを機に、何か中学生向けのティーンズ小説かなんかを投入したいと思ってるのだが、何かいい本ないですかね〜。






関連記事