昨日。
新宿南口で、男性が集団的自衛権に抗議して焼身自殺を図った。


BBCも、ニューヨークタイムズ電子版も大きな写真付きで報じ、米NBCもけっこう大きな扱いで「参戦方針に対する抗議の自殺」と報じた。なのに、、、
わが国のNHKが報じなかった……というのは本当なのだろうか?
(家にテレビがないというのは、こういう時に困るが、もし本当にNHKが意図的に報じなかったのであれば、そんなテレビなどなんの価値があるのかという話になるので、やっぱりテレビは私には必要ないのでした)


……いろいろな思いが頭をめぐった。


「抗議の焼身自殺」と聞いたとき、まず思い浮かべたのは、ベトナムの僧侶/ティック・クアン・ドックである。彼は、当時南ベトナムのゴ・ディン・ジエム政権が行っていた仏教弾圧に抗議して、サイゴンのアメリカ大使館の前で焼身自殺をした。1963年のこと。
絶命するまで、仏教の中で最も尊い座り方である蓮華坐を崩さなかった。その衝撃的な姿を、一度は目にしたことがあるはず。その彼の姿は、のちに世界を動かした。


思考はティック・クアン・ドック僧侶からベトナムへ。
そして、「殺すな」である。



    



DSC01864_convert_20140630141712.jpg実は今ちょうどたまたまこの本(→)を読んでいたものだから、ベトナムつながりで確か岡本太郎氏が文字を書いた反戦広告があったよな、と思い出したというワケ。


1967年4月3日、米ワシントンポスト紙に、紙面を丸ごと1ページを使った反戦広告が出された。
世はベトナム戦争さなかである。
そこには大きな字でたったひと言
「殺すな」

発起人は、いずみたく、鶴見俊輔、永六輔、岡本太郎、桑原武夫、淡谷のり子、小田実、久野収、城山三郎、開高健、松本清張、加藤芳郎、小松左京の13人。


「殺すな」という言葉は、「殺せ」という言葉に真っ向から対抗し、それを凌駕するほどのラディカルな意味合いを持っている。(ような気がする)
大量破壊兵器を持っているだの、独裁者を倒して民主化を支援するだの、「殺せ」は、何かと理由をつけて正当性をあおる。
それに対し「殺すな」は、「いついかなる理由があろうとも殺すな」という強固な意志をもった積極的な行動原理、なのだ。


この意見広告が出された背景など知らなくても、ピンと来るものを感じる。
日本語の分からない多数のアメリカ人にも、『KOROSUNA/DO NOT KILL』という言葉の持つ意味が伝わったようで、大きな反響があったとか。


べ平連が出したこの広告は、まさに今の日本にこそ必要なのではないか。


(中国を)殺せ、(韓国を)殺せ、アメリカの言うことを聞かないヤツを殺せ。
自衛でも何でもない、何の攻撃も受けていなくても、アメリカが軍事介入すればそこに行って「つるんでやっつける」集団的自衛権。
「殺せ」が正当化する風潮が、高まりつつある。
このままでは、今の若者たちに「殺せ」が義務づけられる日が来る。
それに真っ向から「殺すな!」と言っていかなければ。



  ten3141.jpg




新宿での焼身自殺について、北海道の小野寺某とかいう自民党議員が「公衆の場での迷惑極まりない行為であり、明らかに犯罪だ」とツイートしたらしい。


ティック・クアン・ドックの焼身自殺の時も、リチャード・ニクソンは「共産主義者のプロパガンダの一環」と批判し、ジエム大統領の義妹であるマダム・ヌーが「あんなもの、単なる人間バーベキューよ」とアメリカのテレビで語った。


焼身自殺(ティック・クアン・ドックの関係者はこれを焼身供養と言っているそうだ)がどれほどの強い決意のもとで実行されたか。
軽々しく「迷惑きわまりない」などと言ってしまう輩に伝わるべくもないが、同時に、そういう手段を持ってしか世の中を変えられないのだとしたら、私たちは、気の遠くなるほどの苦しみをもって抗議を示した人たちの意に報いることが出来るよう今こそ行動せねばならない。


そう、殺すな、である。








関連記事
スポンサーサイト

DSC01859_convert_20140626152951.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大間原発敷地内で 用地の買収に応じず独りで抵抗運動を続けている「あさこはうす」へ 毎月1回手紙を出しています。
郵便屋さんが行き来することで、人が暮らしている証になります。
電力会社に 道を封鎖させないために。
ハガキ1枚で出来る、小さな脱原発運動です。
梅雨がうっとおしい6月は、キュートな子犬ちゃんの後ろ姿の葉書を送ります♪


〠0394602 青森県下北郡大間町字小奥戸396「あさこはうす」
        小笠原厚子様

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



            onp1.jpgonp4.jpg



国民がW杯やセクハラヤジに気を取られている間にまんまとやりましたね。


自公 集団的自衛権行使容認で合意へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140625/k10015478261000.html


公明党が合意するはずないから大丈夫♪と信じていた人たちを、公明党は見事に裏切った形となった。
「合意」前提で、憲法の一字一句の解釈をねじ曲げ、国民不在の密室で言葉遊びにうつつを抜かしていた与党。
「最後の砦」だった(?)はずの公明党も、このありさま。
もはや最初から決まっていたのではないかと勘ぐってしまうほど。
閣議決定を国会閉会後に持ちこんだ…って、んなの抵抗の証拠になってねーから。
要は、与党のうまみを手放したくないが故に、国民の幸せを差し出した…ってことでOK?(それとも政教一致で脅されたかなんかした?)


今の憲法がある限り、どんな理由があろうとも日本は戦争に加担しない(できない)ことになっているはずだ。言葉をどう解釈したところで、それは決して変わらない。
私たちは、もう人を殺すことは懲り懲りなのだ。


「集団的自衛権」に反対する世論は、過半数を超えている。
そんなことを、安倍はまったく意に返さない。
全国民が反対しようと、俺がやると言ったらやるのだ、という態度。
特定秘密保護法もそうだった。
国民の意志は、無視された。
これを独裁と言わずして、何と言うのか。


        t02200166_0280021111162885050.jpg



はらわたが煮えくり返っている。
自分の身を危険にさらすことのない者が、他人の命を危険にさらすようなことを軽々しく口にするんじゃねーよ。


・・・・・つい言葉が汚くなりました。
でも安倍首相がいったい何をしたいのかが私には見えないのだもの。まったく分からない。
ただ言えることは、1%の人の富のために99%の人間が犠牲になる社会を作り、ビンボー人をアメリカに差し出して戦場へ行かせ、人口削減も兼ねられたわー最高だオレ!って、高見の見物して祝杯を上げたいのかなー?ってこと。
あ、それとも天ぷらでしたかしら?(猛毒)



line-tamared2.gif



あさこさん。。。


原発をキッカケにして、この国に巣食う様々なモンダイが浮き彫りにされたような気がします。
「お金」に目がくらんだ人は、人の命など何とも思わないのだ、ということ。
「お金」に目がくらんだ人は、自分の生きている間のことしか考えないのだ、ということ。


「お金」に目がくらむと、視野がとても狭くなるようです。
都会の料亭の一室で話されていることが、世界の全てだと勘違いしている愚か者たち。
世界の国々から見れば、考えられないような事実です。
村社会では、自分が非常識だと自覚できないのと一緒です。(田舎ではよくあることですが)


自分たちが死んだあとの人々や国や地球全体のことまで思いやることができたなら、原発再稼働や集団的自衛権の行使など、正しい道ではないと分かるはずです。



私たちは、戦前の日本人のようにはならない。
「なぜこんな日本にした?」と、7代先の孫の孫たちに言われないように、絶対に戦争はしない。武器を持たせない。行かせない。殺させない。絶対に・・・・・!!







関連記事

前回作ったハンギング(→)が今いち納得がいかなかったのでリベンジ。
出来上がってみると、ほとんど同じに見える(笑)。
今、私の中で赤がキテる。しかも真紅の。





明るい葉色のゴールデンハニーサックル(ロニセラ)がポイント。
赤のペチュニアを4株。
ペチュニアは雨に弱いので(濡れるとお花がぺた〜となってしまう)ハンギングには向かないと思われるが、この赤が一番しっくりきたので選んだ。決め手は色!
あと、まだ咲いてないけど両サイドにアメリカンホワイトを。



line-tamared.gif




DSC01844_convert_20140622082025.jpg


6/2に作った寄せ植え。
早くも一部そのまま枯れてしまった花があるので、リニューアル。
花屋さんで見かけた赤のセンニチコウが可愛かったので、それに変えてみた。
ピョンピョンという触覚みたいのがアクセントに。


思った通り、ニーレンベルギア(手前の白い小花)とグレゴマの成長がすごい。
あと、寄せ植えの前に植えてあるチェリーセージが1m近く成長して寄せ植えを食ってたんで、半分の長さに刈り込んだ。
この時期はいくら刈ってもだいじょーぶ。
次から次へと花を咲かせてくれます。



line-tamared.gif



中学1年のうちのムスメ。
自分の部屋があるにもかかわらず、1階の和室(リビング続きの)で勉強している。

帰ってくると、カバンと勉強道具をザザーッとその部屋にぶちまけ、その部屋で制服を脱いで体操着になり(これがムスメの定番ふだん着w)コタツ机に向かってせっせと勉強を始める。


すぐ隣りの部屋では父親がPCの前で仕事をしていて、作業小屋とPCを行ったり来たりしてるし、リビングでは母親がまったりと本を読んだりPCやったり音楽聴いたりしてるし、そうかと思うと「コーヒーいつ淹れてくれるのかな!?」という親父の声が飛んできたり、台所からは「たまにはオマエが淹れろ!」という母親の怒鳴り声が頭上をかすめていったり、そうするとパンパン!と手を叩いて「セバスチャン!コーヒー1杯!」と、居もしないエアー召使いを親父が呼んでいるし、母親と父親が常に何かベチャクチャ喋っているし、母親が鼻歌を歌いながら洗濯物をたたんでるし、食後にごろんと横になるための「無印の体にフィットするソファ」がそもそも和室に置いてあるし。(そこで親父寝るし!)


とにかく、落ち着かない空間であることは間違いない。なのに、、、


ムスメ、頑として動かず、2階に行けば?と言っても「やだ」と。
こんな生活音満載のところでよく集中できるなー。私なら無理。
だって横で親父が幸せそーな顔してうたた寝してるんだよー?
イライラして割り箸両方の鼻の穴に突っ込みたくなっちゃうじゃん。


基本、ムスメのものは勝手に片付けたりしないで放っておく…というのが私のスタンスなのだが、家族の共用部分である和室に、どんどんムスメの物があふれていく…という状況が、だんだん許せなくなってきた。(私はキレイ好きなのだ)


あと、勉強するのはいいけど、これ教えてあれ教えてと何かっつーと聞いてくるので、その度に作業の手を休めて見てあげなければいけないのも大変だ。
辞書引けよー、こないだ買ってあげたじゃないか。
そんなことも分からんのか。。→私のストレス倍増。
父親が教えたがりなので、ムスメに呼ばれればホイホイと行くのだが、いつもひと言多いので、最後にはムスメがブチキレ、泣いて私を呼ぶ……というパターン。
いい加減にしろ!


私の心休まるスペースが、また一つ減った。(号泣)
「ねぇ知ってる?居間で勉強すると東大に入れるんだって!」というムスメの声も空しく響く今日この頃。


ああ!今日もまたムスメが呼んでいる。。。
パンパン(手を叩く音)「セバスチャン!教えたって!!!」







関連記事

朝から雨……の、落語日和♪
と言いつつ行くか行くまいか直前まで迷っていた私に、修造が優しく「行っておいで〜」と。
どなたが出演されるのか分からないまま、ワクワクしながら会場へ。


arupusu_convert_20140622213842.jpg


なんとなんとっ。
〜新作、古典 真っ向勝負!〜 って書いてある!!
今日もすごい楽しめそうな予感。会場も大好きな小ホールだし。(あんまり広いと落ち着かないタチ)
噺家さんは、皆さん初めましての方たちでした。



演目は以下(毎度間違ってたらごめんなさい)ーーーー

有難亭乙姫 「真田小僧」
古今亭今輔 「だまされたふり作戦」
入船亭小辰 「佃祭」

~中入り~ (ここで隣りのおばさまからアメちゃんをいただきましたw)

坂本頼光   活動弁士
入船亭小辰 「金明竹」
古今亭今輔 「札ー1グランプリ」



line-tamared.gif



古今亭今輔さんは、もう普通に話してるだけで面白い。
今日は新作のみを2本。
私ずっと声出して笑ってました。「蝋人形にしてやる〜うははは」のところは、会場は一瞬キョトンでしたが、思わず吹いてしまいました。ちょっと本当に面白い!
太宰治はん、趣味は「心中」って!あかんがなーwww
「チョココロネ政談」聞きたいなー。CD買っちゃおうかなー。
またお気に入りの噺家さんができてしまった。



入船亭小辰さん。もう絶対名前忘れないわー(笑)。
入船亭扇辰さんのお弟子さんですって。
扇辰さんって、あの品があって色気のある私の好きな噺家さんですよね?若草色の着物着た?(ってオマエが見た時はな)

二つ目なんて思えない。上手!すごく声がいい!
加賀屋佐吉の使いの者の言い回し。滑舌が良すぎてうっとりと聞き惚れてました。(ぽっ)この方の「金明竹」は神ですね。
相当練習されているか、天性のものなのか。
次にお会いする時は、間違いなく真打ちになっておられることでしょう。



活動弁士の坂本頼光さん。
「活動弁士」って、初めて聞きました。
昔のサイレント映画に解説をつける人。セリフなんかも一人でこなす。
この坂本さん、ものすごい多才な方ですよ。
「サザザさん」の動画見ましたけど、あれアニメもご自分で描いてらっしゃるとか。
ちょっと前に磯野波平にソックリの声の人がいる!とネットで話題になってたのがなんと、坂本さんだったんですねー。今つながった!(びっくり)




line-tamared2.gif



今日はなんか得した気分♪(新作も古典も聞けたから)
やっぱり私、落語好きなんだなーと実感した。
生の落語をせめて2ヶ月に1回は聞きたいという話を帰ってから修造にしたら、地方だとなかなか難しいからなーという返事。
なんで東京に居た時もっと寄席に行かなかったんだろ。


…と後悔しても仕方がないので、少ない機会を逃さぬよう、日々ネットでチェックしていきまする。
今輔さん、小辰さん。ぜひまたどこかでお会いしましょう。




DSC01797_convert_20140622230753.jpg

湧かした後の麦茶のガラを、乾かすために外に一時的に置いておくのですが、誰かが中身をいつも食べ散らかしている!・・・と思ったら

DSC01762_convert_20140622230811.jpg

DSC01763_convert_20140622230834.jpg


犯人は、スズメさんたちでした。
なんか、カワイイ。




関連記事

5/11にまいた魁ピーマンがようやく発芽。
「さきがけ」っつーわりに遅いやないの。





もっと心配なのが、5/6にまいた早生真黒茄子がこれだけ。
「早生」というわりに……おぬしも名前負けかい。

DSC01806_convert_20140621172211.jpg


今日の主な仕事は、雑草を抜いたりこすったりしたこと。
あと、キュウリとインゲンとトマトが肥料不足っぽかったので(下の葉が黄色)、畝の両サイドを掘ってうすく肥料を入れてやった。ついでに液体の肥料も大サービスでつけといた。(あくまでも控えめに。肥料をやり過ぎると美味しく育たないんだって。人間と同じね)



今日の畑の全景。
DSC01801_convert_20140621173657.jpg


やっと畑っぽくなってきた。
キュウリといんげんが、頑張ってるので応援したい。
一番手前みぎの畝は、ブロッコリーが成る予定。今は雑草の寝床になっとるが。



ღ .:*・゜♡゜・*:.ღ .:*・゜♡゜・*:.ღ .:*・゜♡゜・*:.ღ



不妊に悩む女性への支援の必要性を訴えた女性都議に向かって「おまえが早く結婚しろっ!」「子供は産めないのか!」などという低俗なセクハラ・ヤジをどこぞのオヤジが飛ばした件について。

都議会には3万5千件を越す批判メールが殺到しているにもかかわらず、自民は、発言者を特定せずに幕引きを図ろうとしているらしい。

「女は結婚して子を産んで当たり前」「それも出来ないような奴がグダグダ言うな」
……これがお年をめした男性議員たちの本音なのでしょうな。
選挙の時だけ「女性の社会進出を!」とか「子育て支援の充実を図ります!」とか言ってるくせに、東京都の現状が一向に良い方向に進んでいるように見えないのは、そういうことか。


世の大多数のオヤジたちは「女は子を産むのが仕事」と思っている。


だってこれ、質問者が男性議員だったら、そんなヤジ絶対に飛ばないよね?
独身だったとしても「早く結婚しろ!」「子を産ませろ!」とは言わないでしょう。
  女性で35歳で独身=女としての仕事(出産)をしていないヤツ
という目で見ているから、ああいう下品な言葉が出るのでしょうから。
少子化を女のせいだけにしやがって。(あ、つい言葉が、、、すいませんね)


それから、ヤジを聞いて笑っていた人(舛添さんとか)ももちろん同罪です。
そこに居た大多数のオヤジたちは、ヤジに同調していたわけですから。
ヤジを飛ばしたオヤジも、多勢側にいるからって調子に乗りすぎましたよね。
本当に胸くそ悪い。
悔しかったら安倍総理に「子どもを作れないのか」って言ってみろよ。


世界男女格差指数のランキングで、日本は136ヶ国中、100位以内にも入っていないそうです。
今回の件で世界中に「日本はこんなに性差別が残っている国なんですよー」というのが広まればいい。(というかもう既に各国から反応があったらしいが)
「産めないのか」なんて、もろ人権問題ですからね。
人権を侵害しても何の処罰もなく見逃してくれる国ニッポンというのがオリンピック前に分かって良かったねってんだ。
日本は全然先進国じゃない。
情報開示も、政治も、性差別に対する意識も。


どこぞのおぼっちゃまの金目発言といい(そういやこの方のお父様はかつて「女性が生殖能力を失っても生きているってのは無駄で罪」というババア発言で問題になりましたね。ドイツだったらおそらく死罪)今回のセクハラ・ヤジといい、もうどうしようもないわ。
こういう輩はホントに今すぐ

t02200221_0299030011181653982_convert_20140622005406.jpg



マスコミはとっとと首取りに行って下さい。
自民はこういう意向…だとか、そんな情報要らねーわ。
鉢呂さんの「死の街発言」の時はあんなに機敏に反応して追い込んだのに、なんで今回はそうしないの?
やっぱ自民の広報局だからなの?
それともやっぱり女は子どもを産むだけの機械だって思ってるから?



あと何年かしたら生きているだけで無駄で罪になる私(ババア)からは以上です。








関連記事