今年最後の日記になるかな? 

枕元に置いておいて、寝る前に開いたページの人物を読む。
薄い本なので、寝ながら読んでも手が疲れない(笑)。
アメリカの女傑のことを考えながら寝ると、うなされること間違いなし!



アメリカのめっちゃスゴい女性たち


全部で55人。
一人一人についてのページ数は、2から長くて4ページ。
印象的なエピソードを交えながら、簡潔にかつその人の人となりが分かるような文章で書かれている。
日本ではまったくの無名といってもいい人ばかり。
あえてそういう女性をセレクトしたらしい。


パッと目についた女性をあげてみると……


No.19 グロリア・ステイネム
「ミズ」という言葉をつくり定着させた、モテ系フェミニスト。
10歳で母の面倒を見ながら、タップダンスなどで稼いで家計を支え、男女不平等の現実にめざめ、当時アメリカでは犯罪とされていた人工中絶を合法化するため、全米で運動を展開。彼女たちの戦いによって'70年代にミズは一般化し、最高裁は女性に人工中絶の権利を認めた。今や80歳になるが、人権を奪われている世界中の女性たちのために、戦い続けている。
スゴい!


No.46 ウェンディ・デイヴィス
貧困層と女性を守るための11時間の演説。未婚の母からハーバード出の政治家に。
家が貧しく、14歳で働き始めた。高校生の時に妊娠して結婚。生活保護を受けながらトレーラーハウスに住んだ。その後離婚し再婚。働きながら法律を勉強し、ハーバードの法学院を卒業した。
テキサス州上院議員になった彼女が一躍有名になったのは、当時の州知事が通そうとした人工中絶規制法案を阻止するため、フィリバスター(牛歩戦術)を行った時だ。フィリバスターとは、少数派が意見を主張する最後の手段。しかし、演説中の食事やトイレは禁止。壁に寄りかかってもダメ。
そこでウェンディは、ミズノのランニングシューズを履き、尿道カテーテルまでつけ演説にのぞみ、なんと11時間スピーチを続けたのである。(そのとき彼女が履いていたミズノのシューズは、またたくまに売り切れたのだとか。)
うーん…。スゴい!



「元は貧乏」ってのが ポイント高いね。
そういうの、アメリカ人好きでしょう?
いや、私も好きですけどね。



で、アンジェリーナ・ジョリーも載ってんだけど、??という感じ。


遺伝子検査で乳がんになる確率87%と言われ、予防的に両乳房を切除。
それが、ガンの可能性に悩む女性たちに勇気を与えたのですと?


大体あれは、遺伝子企業の利権にからむ大々的なPR活動だったのではないか。
ミリアド・ジェネティックス社という企業のね。
彼女の発言の1ヶ月後に、ミリヤッド社の遺伝子特許に関する最高裁の判決があった。(結果はミリアド社の負け)もし米の最高裁が、この会社の特許を有効だと認めたとしたら、今後数年間で数兆円規模の利益が見込まれていたそうな。


が、それでもアンジーが「愛する家族のため」とか「勇気ある選択」などという言葉を織り交ぜながら行った一連の広報活動は、全世界の女性に乳がんの恐怖を植え付けさせ、遺伝子検査をしなければならないという恐怖感を与え、予防的に乳房の切除をするものありだと、思わせるに十分だった。
ちなみに、1回の遺伝子検査で、ミリアド社が得る利益は、3000ドルから4000ドルと言われているし、アンジーのおかげで株価も急激に上がったらしい。


アンジーは乳房切除などしていない、やったのは単なる豊胸手術、87%という結果も嘘だったという説もある。
病気でもない人々の間に、乳がん予防市場を作り上げた功労者…という意味では、「スゴい」女性なのかもしれないが。



            74c9b999.jpg



年の最後に アメリカのセレブを思いっきりdisるとは思ってなんだ。


明日もあさっても仕事。あたしの仕事納めはたいてい大晦日。
眠いしだるいし、なんか少し前に一緒に過ごした人がインフルエンザだって今日聞いてからそう言えば何となく具合が悪いような気もする。


父の命日だというのに、なんだかなー。
毎日が変わらなさ過ぎる。いつも、バタバタ。
墓参りには、ヒマな(医者)弟が母と一緒に行ってくれたからよしとしよう。


では、皆さん、ごきげんよう。


来年もきっとよい年であります。











関連記事
スポンサーサイト

DSC02784_convert_20141228192220.jpg



世間は今日から9連休らしい。

もうすでに何日か前に御用納めが終わってたとこもあるようで。
うらやましい限りです。
んで、今日、出国ラッシュですって。


私なんて、まだ年賀状書いてますよ。
いっつもこう、ギリギリまで仕事を引き延ばすクセを今年こそ改めよう、今年こそは年賀状をクリスマスまでに出そう、と思っていたのに、このザマですわ。


今年は生まれて初めてお正月に3連休をいただいたので、そうだ!台湾に行こう!と思いウキウキ準備をしていたのだが、この時期はヒコーキ代やらホテル代が恐ろしく高くなるということを知り、諦めた。
何? みんなあんな高い金払って海外行ってんの?!
円安だなんだいっても 日本人は金持ちなんですなあ。





クリスマスから年始にかけてのこの、世間の浮き足だった雰囲気がイヤだ。
心がざわざわして 落ち着かない。
早く2月になればいいとさえ思う。


1年のうちこの日だけ「家族と一緒にいなければならない」という強迫観念。
実家にいたころの話だ。
帰省しないと決めた今年は、私にとっての本当の家族と水入らずで過ごせる。
それだけで心底ホッとしている自分がいる。


渋谷区が野宿者のために炊き出しをしている3公園を閉鎖したとのニュース。
弱者を締め出し、自分たちはさっさと御用納めして海外でも行くのか。
ムカムカしたり、ざわざわしたり。
年末だっつーのに、落ち着かないや。






関連記事





わたし結婚するなら、みんなと一緒にいる時に平気で1人でスマホいじったり………
しない人がいいなあ。



んだなす。





関連記事

煽り記事だと分かっているが、あえて煽られてみる。


日本の少子化が止まらないのは、若者が子育てよりも自分のことが大好きだから
http://spotlight-media.jp/article/93578650305704689



この記事を読みながら
「ちがうよーー!ちがーう!ちがうちがう!ちがうんだよぉぉおおおーーー!!」
と、心の中で叫んでいました。


57b8069c04556b322a9b65b2e3ae8ac0.jpg



日本の少子化は 止まらない、と私も思う。
その点は、この記事を書いた人と同じ。
でも考えるその理由が、まったくちがう。


line-tamablue.gif



子どもを増やしたいなら「専業主婦(夫)を増やすに尽きる」!?
20代の女性の過半数が 専業主婦になって子どもや家族と過ごしたいと願ってる!?

……ちょっと待て。

そりゃ誰だって聞かれれば「働きたくなーい」くらいは言いますよ。
私だってそのセリフ、何度も言ったことある。

ダンナの会社が絶対倒産せず、リストラもされず、ある日突然病気や事故に遭うこともなく、子育てに協力的で、愛人など作らず、いつまでも変わらず愛してくれて、住まいも震災や人災にあって移住を余儀なくされたりしないというなら、専業主婦になってもいいかなー。

…って、実際はそんなもんですよ。


経済が低迷している日本の、リストラや倒産がこれだけ身近にあり得るこのご時世に、「人の金を当てにして生きる」ことほど リスキーなことはないと西原理恵子も言っている。

そう、こんな時代に「ダンナから愛される」ことだけを担保に生きていくのって…。
いい? 結婚24年目の私が声を大にして言うよ。
危険が大きすぎる。
col5.gif
子どもを生むためだけに、女にそんなリスクを冒させるわけ?
しかも何かあったとしても自己責任でしょ?また。


あと、会社は男性も女性も差別しないって、本当?
そこでいう「女性」って、家庭も持たず、子も産まない前提ですよね?
女が、妊娠し、10ヶ月間ヒトをおなかの中で育て上げ、死ぬ思いをして出産し、あげくに赤ん坊におっぱいをあげる役目を持っている限り、子どもを持つ男女が仕事の上で平等なわけがない。


川上未映子さんが「きみは赤ちゃん」の中で書いてたけど、同じ職種で、同じように家にいて仕事してるのに、夫であるあべちゃんと自分の犠牲にしているものの量がちがい過ぎる、と。
本当、あんまり言いたくないけど、事実なんだもん。言いたかないけどね。


あと「育休3年についての私見」でも書いたけど、3年育休とって、その間に第2子妊娠したりして復帰がまた延びて、戻ってくるどころかそのまま退職…なんてことがまかり通っちゃう「女性」より、同じ条件だったら、妊娠も出産もしない「男性」のほうを採用しますわ。私が経営者なら。


「女は家に居るべき」という意見を 最近あちこちで聞くような気がしているのだけれど、まさかこれ、戦時中の産めよ増やせよと同義じゃないでしょうね?


安倍政府は、来年度の子育て給付金を中止にするそうだ。選挙が終わってから出してきた。
子を産めと言い続ける(言うだけ)政府は、産む世代をどんどん追いつめる。
とにかく、夫婦どちらかが倒れてもだいじょうぶにしとかないと。
それが一番手堅い「保険」なのですから。



line-tamablue.gif



あとアメリカの例を出されて、保育環境が整っていなくてもマンハッタンは少子化ではない
             ↓
だから日本で保育園を増やしたところで 子どもは増えない
             ↓
つまり日本の若い男女は 自分かわいさのあまり単に子どもを産まない選択をしているだけ

という論法なのですが、…んん? ちょっと矛盾してないですか?


そのひとつ前に、女性が働きやすい環境作りをしたところで、少子化対策にはならない、ともおっしゃっている。本当の少子化対策とは、専業主婦を増やすこと。専業主婦になれば、子どもを産むはずだ、と。


マンハッタンでバリバリ働いている女性がばんばん子どもを産んでいるのと、
日本の女性が仕事を辞めて専業主婦になれば子どもを産むだろうというのは、どうつながるのでしょう。


マンハッタンで働く女性のために、充実した子どもの保育環境を作ってやれば、マンハッタン女子の出生率は、2.0と言わず、もっともっと上がると考えるほうが自然なのでは?


なので、私の考える少子化対策は、むしろ真逆だ。

           ↓↓↓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本当の育児支援っていうのは、働かなくてすむようにすることじゃなくて
子育てをしながら安心して働けるようにしてあげること
、だと私は思う。

そしてそれは、母親だけの問題じゃなくて、父親の問題でもある。
父親と母親がワーキングシェアしながら、どちらも育児に参加でき、安心して生活できる環境を整えてあげることが大事なんじゃないのかな。
「育休3年についての私見」より)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


働かず、子どもと24時間ずっと一緒に家に居てみて下さい。
1日2日じゃないですよ。何年もこの先ずーーーと。
私は10ヶ月で、ギブアップした。
あの何とも言えない閉塞感、孤独感、社会から取り残されたような気持ち…。
きっと、経験した人にしか 分からないと思う。


働きたい、社会とつながりを持っていたい、という人間としての当たり前の欲求も、女が言うと「わがまま」とか「自分勝手」とか言われるんだよね。
子育てに関しては、日本はなぜか各家庭に丸投げする。
子を面倒みるのは親の責任とばかりに、社会がまったく手助けをしようとしない。
だから、「母親が外に出て働いて、子どもを保育園に預ける」ということを極度に嫌うんだ。
政府(男)は保育園なんてこれ以上増やしたくないんだ。
……待機児童がいっこうに減らない理由。



line-tamablue2.gif


あと最後に。やっぱり、これは書いとかないといけない。


この記事を書いた人も私も、たぶん普通の生活が送れている。
仕事があって一定の収入があり、住むにも食べるにも少なくとも困ってはいない。
ま、言ってみれば「ふつうの生活ができている人たち」ですわね。

でも、この日本には、そうでない人たちがいっぱいいる。


7月に厚労省が発表した2012年現在の日本における「相対的貧困率」は、16.1%。
相対的貧困率というのは、国民一人一人あたりの手取りの所得のちょうど中央値の半分以下しか所得のない人の割合、だ。
つまり、この16.1%という数字が何を表しているのかを分かりやすく言うと
所得が122万円以下の貧困層が 日本人の6人に1人いる…ということ。


悪化する日本の「貧困率」
http://www.nippon.com/ja/features/h00072/

hana2_c.gif
ワーキングプアの人たちの現状を知っていれば、少子化問題が自分可愛さのため…なんて軽々しく言えないよ。
彼らは自分のクチを養うだけで精いっぱい。
子どもどころか、4人のうち3人が結婚をあきらめているという事実。


安倍さん、ワーキングプアの住宅事情を知ってますか
http://tanakaryusaku.jp/2014/12/00010467




このまま非正規労働者を増やして、住宅事情も改善させず、今の安倍さんの政策のまま突き進んでいったら、少子化は加速するだけですよ。


というか、そもそも政府は本気で少子化対策しようとしてないよね?
「生まないお前らが悪い」って言ってるだけだもの。
(この記事だって基本そのスタンス)


本気で解決しようと思うなら、スウェーデンやフランスやデンマークが少子化対策に成功してるんだから、学べばいいだけのこと。
女性手帳(←これを考えついた人の頭の中が見たい)とか作る前にすることありますよね?!30個くらい。
本当、情けない。なんでこうなっちゃうんでしょうか? はぁぁぁ(ため息)



line-tamablue.gif



余談ですが、、、、、


カレル・ヴァン・ウォルフレンという人が書いた「人間を幸福にしない日本というシステム」という本があるそうです。そこにはこう書かれてあるとか。

「日本の政府(男)が望まないものが二つある。少子化を望まない、女性の解放を望まない」


……なるほど。合点。
だから「子を生め!だが……働くな!」と女性に言うわけね。


近いうちに読んでみましょう。


















関連記事




クリスマスに大事なお客さまがいらっしゃるので、玄関のトホホになっている寄せ植えを何とかした。(その前に家の中片付けろ)


行きつけの花屋さんに行ったが、お花はみんなショボーンとしていた。
さすがにこの極寒の中、戸外で元気よく咲いてる花はないわな。


そんな中で、このイベリアはすごい!(白い花)
寒くても膝小僧出して遊び回ってるガキ大将より寒さに強い!
カルーナ(後ろで立ってるやつ)も 外せない。
ピンクがかったカルーナは、冬中枯れもせずいてくれる。
それに、正月気分を少し出して ハボタンを入れてみた。
ハボタンは主張し過ぎるので、小さめの「おどり」を。
……どお?


明日も雪が降る予報だけど、どうかお花が凍(し)みませんように!







関連記事