ネットというのは、つくづく恐ろしいところだと思う。


この人とは考え方が似てるという人でも、ネトウヨの扇動に簡単に引きづられてしまっているのをここ最近よく見かける。
特定の人に心酔するのは危険…ではあるけれど、同時に、いつでも自分の考えをしっかり持っていないとダメだってこと。




               rokextuto.jpg




私は小4の時に、最初の「親離れ」をした。
あの日のことは、はっきりと覚えている。
ニュース番組を見ていた母親がコメンテーターに同調するようなことを口にして、それに対して「あ、私はお母さんの意見と違う」って思ったんだよね。


あの瞬間、おおげさでなく
「私とお母さんは違う人間なんだな」と思った。
と同時に、ものすごく不安になった。
信じていた教祖様が、急に俗世界のニンゲンに見えたようなもんだからね。


それ以来、「自分はどう思うのか」を 常に考えるクセがついた。
テレビでどこかの誰かが批判の的にさらされている時、
政治家の主張を聞いている時、
新聞やコラムの批評欄、
人のうわさ話に巻き込まれたとき、
会議で意見を求められたとき、
etc 、etc…。


人間なんだから、意見が違うのは当たり前。
私だってオットとでさえ、意見が違うことはある。
それでも「私はこう思うんだけど」と、言ってみる。
自分が正しいかどうかなんて 分からない。
相手の意見も聞き、自分の意見を修正する時もあれば、そうでない時もある。




              tyaba.jpg



ムスメが2階から降りてきて

「ねえ、○○(ある政治家)って、本当はどうなの?なんか動画のコメントがすっごいけなしてるのばっかりなんだけど」

と、言ってきた。


まぁ、ああいうのは反対勢力にお金で雇われた人たちが、一日中ネットに張り付いてネガキャンやってるってこともあるよ、一人が30人くらいになりすまして書き込んでることもあるらしいから、そういう目で読んでみ、それよりその動画の○○さんの演説を聞いて君はどう思ったの?やっぱりコメントしてる人たちと同じ意見?…と。


「いや、うちは○○が言ってることが正しいと思う」と。



……そっかぁー。(笑)


15歳でも ちゃんと自分で考えられるし、判断できるんだよ。
大人がしっかりしなきゃ。


つくづくうちのムスメに選挙権がないのが残念だ。






追記:ムスメ、14歳でした、、、。←おいっ!



関連記事
スポンサーサイト

コニファーに小さな実がたくさん成っている。
こんぺいとうのような。






未だにこの木がなんて言う名の木なのか知らないのだが
この実を見ると「コノテガシワ」なのかなと。


児の手柏の二面(このてがしわのふたおもて)


葉の表と裏の区別をしにくいことから
物事には両面あって いずれとも定めがたいことを言う。



DSC00008_convert_20160630023245.jpg



両面あって、決められない。
時にはそういうこともあるけれど、9条に関しては当てはまらない。


よーーく考えて、どちらかに決めなければ。
(うまくもってった)







関連記事

選挙の日まで毎日ブログを書くことを自分に課す!
…なーんて言っておきながら、昨夜は寝落ちしてそのまま日付が変わっていた。


テスト勉強中のムスメいわく
「ママの寝息が2階まで聞こえてたよ」
などと言っていたが、それはありえんやろー。


疲れてる。
眠い。
もう限界だ……


でもこのままじゃダメだと選挙に出てくれた人は
私以上に過酷な日々を過ごしているはずだから。


今踏ん張らねば、いつ踏ん張るのだ!


というわけで、この投稿は28日の23:59にしたことにする。
向こうはムサシでやってんだから このくらいは許されるだろ。




意味ない日記もナンだから、これ貼っとく。
自民党改憲草案では「基本的人権」が削除されてる。


Cl3gLR3UgAAhM9M_convert_20160629080643.jpg



考えなけりゃならないのは私たち。
これが何を意味するのかを もいちどよーく考えてみる。


関連記事

20160623三宅洋平 選挙フェスDay2 JR高円寺駅北口






47分も見れないよ…と、お嘆きの貴兄に。
最初の1分でいいから見てください。


家事に追われる主婦の皆さん。
洗濯物をたたむ手を休めて、ちょっと聞いてみてください。


すごいレベルの選挙演説です。
とにかくすごい!



三宅洋平を応援する……というよりは
みんなが三宅洋平になるんだ!
……って、感じかな。



とにかく、
そういう気持ちになる演説です。ぜひ。



関連記事

今日一日だけの休み。
ずっと気になっていた庭の手入れを一気にやってやったわ。フフン。





調子が悪かったグラスカッター(芝刈り)のカートリッジを替え
ピュンピュンと 雑草もろとも一気に5分刈りにした。←


レンガとの境は、エッジャーでぐさぐさと芝の根っこまで切る!
そのあとは、ローンパンチでエアレーションを。


10年目にしてやっとコツをつかんだとはいえ、やっぱり
芝って、面倒……。 (´Д`)~ハァー


あとは、やはりずっと気になっていたお隣さんとの境界の柿の木。
隣家にはみだしていないか、常にチェックしとかないと大変なことになる。



DSC00005_convert_20160625191825.jpg



塀の上からの 初アングル♪


1ミリも枝がお隣にはみ出してはいけないので
かわいそうだけど 思い切り伐採。


ったく「人の勝手で設けた境界など この木のあずかり知らぬこと」…だろうにな。




line08-1.gif




Twitterでの「#自民党に質問」というのが 大炎上しているらしい。


★Twitter「#自民党に質問」がたいへんな事になってる…
http://matome.naver.jp/odai/2146660736358141001




質問のほとんどが、国民がみんなきちんと解明して欲しいと思っていたようなこと。
具体的な数字をあげながら、なかなか鋭いところを突いている。




0703196_convert_20160625225924.gif



私の聞きたいこと。


なぜ日本は公的負担が少なく、教育費の多くを個人の負担に頼っているのか。
国際人権規約の社会権規約中の「無償教育に向けて努力する」という項目を留保しているのはなぜなんだろう。
ユニセフから何度も高等教育の私費負担を下げるよう勧告されているのに。


どうして他の国でできていることが、日本ではできないんだろう???


それを聞いてみたい。
ちなみに「財源がないから」という理由はなしで。


だって米軍関係費と自衛隊装備費で 5兆円を超える予算をつけてるんでしょ?
小中大の教育費無料にするのは 2兆7900億円あれば出来ちゃうんだからね。




関連記事