柿の木に吊るしてあるウスネオイデスですが
伸びてくると あちこちに絡まったり飛んでったり。
目についたものだけ拾ってみました。何となく。






これでまた2束増えてしまった…。(´Д`)ハァ…



今日は33℃の炎天下のもと、ウスネさんたちがカラッカラに乾いてたんで
久々にソーキングをば。


20リットルのバケツに 一度に入りきらないので
2回に分けて。


この季節、外に吊るしておくと どんどん成長しますなあ。
もう吊るすところもないでござるよ。
どなたか持って行って下さらんかのう。




line01-1.gif




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
自然界では弱肉強食。なのに人間は弱者を税金などで生かしている。
理にかなっていない気がするが、それは何故なのか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



Yahoo知恵袋に投稿されたこんな質問に対するベストアンサーが神回答だと話題になっていますね。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1463546664



やや長文ですが 実に的を得た、しかも説得力のある素晴らしい回答でした。
目からウロコが ぽろぽろ落ちましたよ。
必読です。


回答者さんはこう言っています。


自然界は「弱肉強食」ではありません。
個体レベルでは「全肉全食」で、種レベルでは「適者生存」です。



人間は、生物としての遺伝子を次世代に残すために
「社会性」という戦略を行ってきたのだ、と。


高度に機能的な社会を作り、長期の生存が不可能な個体(この場合、質問者さんの言う「弱者」ですね)をも生き延びさせること。


そもそも「優秀な遺伝子」なんてものは無いんですね。
人間はみな「弱者」なんです。


国家を動かしていると思っている人たちも、食べ物や排泄や日々乗り回している高級車でさえ 他の誰かの働きによって作られ、困ることなく生存できているのだし
障害者の人たちだって、現代社会では「障害」としかみなされないけれども、もしかしたら種の保存においては最も有効な人たちなのかもしれません。


そして、そういう人たちのお世話をしたり、間接的に税金で保護している私たちも、そういう機能的な社会においての「互助作用」により、恩恵を受けて生きていられるのかもしれません。



line01-1.gif



やまゆり園の事件の容疑者も、こんな回答を誰かからもらえたら
あんな事件は起こさなかったでしょうに。


最後に、回答者さんの言葉より。



我々全員が「弱者」であり、
「弱者」を生かすのがホモ・サピエンスの生存戦略だということです





DSC00012_convert_20160731220720.jpg




「足があって自分の意思で移動できる私という人間」を操り、世話させている。
これは、ウスネオイデスの生存戦略なのかもしれませんわね。
(完全に大成功ですけど)






関連記事
スポンサーサイト





夕飯の時にムスメとの会話の中で。


みんなと同じようにしたくても出来ない子や困っている子は 周りに必ずいるから
そういう子のことを気に留めてあげられる人になりたいね。


無意識にそういう気遣いができる人は 社会に出てもきっと
障がいを持った人や 社会的弱者に目を向けてあげられる人になるよね。


電車内でベビーカーを押したお母さんに手を貸してあげるし
視覚障害者の方が白い杖でコンコンと地面を叩きながら歩く音をうるさいなどとは決して言わないだろうし
子どもの声がうるさいからという理由で 保育所を建てるのを怒鳴りこんで反対したりはしないと思うんだよね。


弱い人たちに想いをはせる人は、おのずと福祉や行政に関心を持つようになる。
だから絶対選挙にも行くし 気負わずにボランティアもするし
そういう人がどんどん増えていったら いい世の中になるよね。


‥‥というような話をしていたのに今日、相模原での事件が起こって
暗澹たる気持ちになった。 


容疑者が衆議院議長宛に書いた「日本のために障害者470人を抹殺する」という手紙。「全人類が心の隅に隠した想いを声に出し実行する決意」
‥‥ものすごく嫌な気持ちになった。
彼はなぜそういう思考に至ったのだろう。


それよりもっと怖いのは、この事件についてのネットの反応である。
弱者に対する侮蔑、暴言の数々。容疑者を援護するような書き込み。


「90歳、いつまで生きているつもりだ」と言ったとされる麻生太郎氏がかつて「ナチスドイツの手口に学べ」という恐ろしいことも言っていたことを思い出す。





CTP13prUkAAi15O_convert_20160104000507.jpg


↑これは、実際にナチスで使われた障害者に対するヘイトを煽るポスターだ。


書いてあるのは
「この遺伝的欠陥を持つ人間の一生に6万ライヒマルクもかかる。それは他ならぬ君の金だ。考えろ」


…ここから障害者の虐殺が始まった。



11.gif




世の中が少しずつおかしな方向へ進んでいるように思えてならない。
ブレないように、流されないように、飲み込まれないようにしなくては。


ムスメと話したように、まずは自分の周りの一番弱い人に目を向ける。
その人(子)を気遣う、声をかける、手を貸す、守る‥‥。
そういう連鎖を 少しずつ。




関連記事

朝から雨。‥‥予定がパア。
こういう時はひたすらインプットに励むべし。





芝刈りの途中でナイロンカッターがお釈迦になってしまったので
ケイヨーデイツーで同じものを購入。


DSC00006_convert_20160726090708.jpg


夜組み立てて、さあ今日続きをやるぞと思っていたのにぃー。
今日逃すとまた当分休みないんだよなー。
まぁしゃーないか。



DSC00013_convert_20160726090452.jpg



柿の木はどうだ?
庭で唯一の「日陰」を作ってくれているありがたい木。



DSC00018_convert_20160726090514.jpg


ルリタマアザミが 爆発してる(笑)。
最近ちょっと気になるのが、このルリタマアザミに、いつものクマバチの他に、オレンジ色というか黄色っぽい見たこともないハチが1匹寄ってきていること。


これ‥‥スズメバチじゃね?


画像見てみたらやっぱりそうじゃないかと。
大概のハチとは仲良くできる私も さすがにスズメバチは手なずける自信がない。
庭のどこかに巣を作っていないことを祈るばかり。



DSC00002_convert_20160726090534.jpg


雨の中 庭を散策してたら 今年植えた銅葉のカンナの花が咲いていた。
ウレシイ(* ´ ▽ ` *)






関連記事

週末の畑。
夕方の7時近くに撮ったので 実際はかなり暗い。
3日がかりで雑草だらけの畑をここまで仕上げた。やれやれ。





モロッコいんげんとコリアンダー(パクチー)が豊作。
キュウリ、ミニトマトは ぼちぼち。
オクラは1個収穫♪
‥‥‥以上。


細々とやっております。



DSC00001_convert_20160725222234.jpg


なかなか成長しないナスとナスの間に
なんか妙なものが生えてんなーと思ってたら


やっぱりカボチャだった。


自家製堆肥から芽が出た、としか考えられない。
私の場合、いつもカボチャは 蒔いてないところに発芽する。


しかもこのカボチャ、今まで見たこともないくらい葉っぱも花も実も小さい。
なんだか可愛くて そのまま放ってあるのだが
同じ畑の常連のオジさまが うちの畑を通るたび
偶然成ってるこのカボチャを面白がって見ている。
私も便乗して 楽しんでいるが。



11.gif




先の選挙で「3分の2」の意味を理解していたのは、わずか17%だったと。(高知新聞の調査より)
8割近くの人が その意味を知らず、自民党の改憲草案についても知らなかったんだと。


憲法を守る = 自民党支持


と理解している人も多数いたんだろうな。
なんとなく、漠然と。
「みたいな」的な。


参院選の前日に「明日は‥‥納豆の日」と放送してしまうNHK。
争点である改憲について、なぜか触れなかった多くのマスコミ。


がしかし、それでも気づかなければならないのだ私たちは。


今まで、「投票率が上がれば政権を引っくり返せる」と思い込んでいたが
案外そうでないのかもしれない。
むしろ、意図的な操作がなくても 自民の票は伸びたのかもしれない。


ポケモンGOとやらに踊らされ
なんの疑問も持たずに嬉々としてそれについて語っている若者たちを見ていると
そんな風に思ってしまう。


「3分の2」を知らなかった8割の人はきっと、史上最強のポケストップが
スーダンという場所にあると知ったら行っちゃうんじゃないか。


てかもう、スーダンGoしちゃえばいいんじゃないかな、いっそ。









関連記事

おととい作ったハンギング。
2時間ほど日陰で養生させただけで、すぐ表に吊るしたので ←待てないヤツ
ちと心配だったが この通り元気いっぱい♪






修造からは
「なにこれ? 野菜を植えたの?」
などと言われたが


ちゃんと花も咲いとるわい


DSC00032_convert_20160721215318.jpg



デュランタの葉が 花に比べて多いかなー。
葉がツユクサに似ていて つい抜いてしまいたくなるわ。
これからモリモリ咲いてくれると思うんだけどね。
あと、なるべく枝垂れてほしい。 ハンギングだけに。


もうひとつのアイアンのハンギング。
これもいい感じですぞ。


DSC00024_convert_20160721215333.jpg


7月2日に作ってから見た目はあまり変わってない。
が、オレガノ・ケントビューティーがピンク色になっている。
このハンギング、本当に手がかからない、いい子。
夏は 葉っぱに限る。


ハンギングは鉢植えに比べて 宙に吊るしてある分
土が乾きやすい。
なので、夏場は下手すりゃ朝と晩、2回の水やりが必要な場合もある。


ワタクシはそんな2回なんて面倒くさいことしませんので
夜、仕事から帰ってきてから暗い中 水をやってます。
ヘッドランプ点けて。 ←怪しさMAX!


朝だと 蚊に刺されまくるんですよー。
10分外にいただけで、10ヶ所くらい刺されますよ私。
まーたぶん、ビール臭さを感じ取ってるんでしょうねえ。




line23.gif



今日は「三者面談」でした。


私自慢じゃないけど、この手のものがホントに苦手。
ムスメのことに関して何か言われるってことは滅多にないんですけど
どうもこう、学校でのアウェー感がハンパないというか、落ち着かなくて。
それでも小学校の時よりはまだマシかもしれないっす。
高校くらいになるとまたさらに気が楽かも…とか思ったりしますが。


うまく言えないけど
「ちいちいぱっぱ感」て言うんですか、あれがどうも苦手で…。


伝わらないのを承知で書いてますけど。(๑´ڡ`๑)
自意識過剰か、コミュ障かもしれないっす。なぜなら……


これでもかっつーぐらい話が弾まない。(;´д`)トホホ…


先生も私の息子ぐらいの年ですからね。
ムスメの志望校は今のままだとギリだっつーことは分かりました。orz
なのに部活もコンクールをあと2つ控え、しかも夏休みは(のんきに)外国に留学すると言ったら、先生「あちゃー」って顔しました一瞬。


それ見て私も「あちゃー」。





関連記事