そろそろこの本の感想を書かねばなるまい。



夫のちんぽが入らない


しかし、あれだ。
「ちんぽ」という単語は、この本のおかげで完全に市民権を得た気がする。

本屋のカウンターで予約をし、届きましたの電話連絡のお姉さんの声。
「ご予約いただいておりました夫の…えー、(意を決したかのように)はい!ちんぽが入らないがですね、ご用意できましたあ」
…タイトルは言わなくてもいいですよと伝えておいたが、律儀な店員さんだ。
すまぬ。

こないだその本屋に行ったら、数冊ほど置いてありました。
「お探しの本はこちらです!!」のポップとともに。


          kinoko10.gif イラストに他意はありませんて



この本を読んで「なんで入らないの?」とか「病院に行けばいいのに」とか「夫婦なのにオカシイ」とか言う人と、私は友達になれないなあ。
だって、そういうことじゃないんだもの。


ちんぽ = 入るもの 
夫婦  = 入って当たり前



結婚したら子どもを持つのが当たり前で、夫婦は入ってこそ幸せなのよという方たちに向けてこそ、この本の真のメッセージが生きてくる。
たまたまこの本では「入らない」というのが軸になっているけれど、100組の夫婦がいれば100個の夫婦の形というものがあるわけで、「入らない問題」に匹敵するか、あるいはそれ以上の深刻なモンダイを、100組の夫婦は抱えながら今日も生きているのかもしれない。


というか、現実そうじゃないか?
何が普通かと問われれば、普通なんかないのだと答えるしかない。
ひっそりと抱え込んだ問題なら うちにだってある。
そっちのほうが「普通」なのではないか。


            kinoko03.gif


読み終えた後、まず最初に思ったのは、
ああ、「私」さんはこんな大きな問題を抱えて生きてこられたのだなということ。
事情も知らぬ他人からの無神経な言葉に どれだけ傷ついてきたんだろう。


次に思ったのは、ジャガー横田の逞しさをとうとうと説く保険外交員のおばさんのように、自分も知らず知らずのうちに他人を傷つけてはいないかということ。
結婚はいいよー、高齢出産も悪くないよー♪
自分にとってそれがたまたま良かったとしても、他の人にそれが当てはまるはずもないのに。
きっと無意識に言っちゃってるなぁ私…。ああ、言ってるわ。


逆に、「子どもは絶対2人以上産んだ方がいい」とか「高齢出産は卵子も年取ってるからよくない」とか、実際に面と向かって言われたこと、何度もある。
みんな自分の生き方を正当化したいがために 他人をその型に当てはめようとする。
私もしかり。
いかにもそれが「ふつう」なんだという顔をして。


          
           kinoko08.gif



最後に、「私」さんの夫さんへの深い愛情に感動したこと。


チーズフォンデュのエピソードや、夫さんが目をかけていた教え子のためにあつあつのご飯で鮭のおにぎりを作るところや、「あの人子どもいないから人の気持ちが分からないんだよ」という同僚の会話を聞きながら、「ふと、夫も職場で同じようなことを言われているのではないかと想像して悲しくなった」(p.187)など、随所に愛を感じて胸が熱くなる。本全体に愛が、あふれている。
ああ、素敵なご夫婦だなあ…。


夫さんのために迷いなく車を走らせチーズフォンデュの材料一式を買いに行ったり、『夫の大事にしている仕事や教え子が、自分にとっても同じくらい大事なものになった』なんて、あなた、言えますか? 私も夫を愛しているけど、正直そこまでではない。



          kinoko02.gif



「私」が実母と二人で義実家に謝りに行くシーン。
お宅の後継ぎを産んであげることができず、本当に申し訳ありませんと頭を下げる母。困惑する義父と義母。
もう本当やめてあげて!と叫びそうになる。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
…食べることだけに集中した。いくら、うに。今、動きを止めると、涙がこぼれ落ちてしまう。目を大きく開き、大げさに噛む。顔の筋肉をいっぱい使う。私の器官が悲しい信号を受け取ってしまわぬように。いくら、いくら、いくら。…(p.167)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



そして最後の3ページ。
ほとんどの人は、ここでこだまさんの文章力に圧倒されるだろう。


この本に出会って、私は今までの自分の無神経さに腹が立ったし、今後二度と人の人生に軽々しく(冗談でも)それは違うよなどと言わないと誓った。
「入らない」ことが問題なのではなくて、「入らない」人たちに寛容でない世間の目こそが問題なのだと。



            kinoko06.gif キングやな。



話はいきなり変わるが、奇しくもちょうど今出ているE KISSという雑誌に、「入らない」に関連した内容のマンガが掲載されている。
あの『逃げるが恥だが役に立つ』の番外編、百合ちゃんと風見さんのその後のお話。


いい感じで付き合いだした二人だが、百合ちゃんはご存知高齢処女。
順調に愛を育み、いざお泊まりとなった時なんと!入らなかったのです。


詳しくはこちらに紹介されているので見てください。(ネタバレ注意)
  ↓  ↓  ↓
最新話!番外編・逃げるは恥だが役に立つ【感想・ネタバレ】(E KISS)
http://kojimangavip.com/2017/02/nigehajibangaihen/


その時の風見さんのセリフにキュンときます。
実は処女だと打ち明ける百合ちゃんに


風見『だからたぶん 僕は好きな人と肌が触れ合ったりじゃれあったり 幸せな気持ちになることの方が好きなんだと思います。』

『だから朝まで一緒にいてください 入っても入らなくてもいいし あと…』



行為そのものではなく、問題は“相手の気持ち”。
入っても入らなくてもいい。風見さんの気持ちが分かっただけで十分。
実際、入らなかった時の百合ちゃんはとても幸せそうな顔をしていました。


幸せの形はいろいろあって、それは当人にしか分からないことなので、周りがとやかく言うなということ。
当人がふっ切れているならいいけれど、さんざん悩んだり苦しんでいる人にとっては、他人を基準にしたアドバイスなど大きなお世話というもの。


多様性を認めるというのは、ひいては世界平和につながるものだ、と私は信じている。
ムスリムがテロリストだとなぜ決めつけるのか。
ちんぽが入らない=不幸 だと誰が決めたのか。根底は同じだ。
じゃあLGBTの人はどうなんだ?って話。
自分の周りだけが「普通」だと思うのは、とても危険なことだ。
私も以後、気をつけます。



最後に。
この本を世間に出すべく尽力して下さった方々に敬意を表します。
私には、声が届きましたことを、ここにご報告申し上げます。
(「私の声、届くだろうか」というこだまさんの一文に答えて)
いい本を ありがとうございました。



関連記事
スポンサーサイト

1週間分の家事をまとめて。
掃除・洗濯をしながらまだ10kgあるリンゴを消費すべく、せっせと作る。
バラのアップルパイ(もどき)。





リンゴを皮付きのまま薄く切って、バターと砂糖をのせてレンジで5分。
リンゴの粗熱をとってから、細長く切ったパイシートにのせてくるくる巻く。
あとは180℃のオーブンで30分。

今回は、ココナッツシュガーにして、パイに包む時にクリームチーズも入れてみた。
正解。


DSC06950_convert_20170225144334.jpg


何せ自分、不器用ですから 繊細なバラにはならず。
でもムスメは美味しい美味しい!と言って パクパク食べてくれた。
味がよければすべて良し。


DSC06945_convert_20170225150900.jpg


傷んだリンゴは、堆肥を2次発酵してある場所にポイと置いといたら、ムクドリ他3種類くらいの野鳥が寄ってたかって突いていた。1日で1個丸ごとなくなっていたのでビックリ。



秋の健康診断で初めて「要注意」が出た。
何かというと、TG(中性脂肪)。
注:「脂肪」という文字を極力使いたくないためTGでいきます( ̄^ ̄)ゞ


平均の枠を少しオーバーしただけだが、この年まで採血の結果はすべて正常範囲内だっただけに、ややショックを受けている。
思い当たる節がないこともないので(苦笑)これから自重しよう。年だし。






関連記事






ウスネオイデスをあちこち移動させてると、どうしてもカス部分が増える。
引っかかってちぎれたり、ビニールタイから抜け落ちたり。
それを集めて育てて1本にする地味ーーな作業も何気に好き。



関連記事

忘れるといけないので たまにはお城も載せておこう。
日没後、街のほうにそぞろ歩き(イタリア人みたいだね)した時に撮ったもの。






ic_mini01_sankaku01.gif 歩きながら、いつまでこの街にいるのだろうと思う。わが家がここに留まる理由はないし、そろそろ腰をあげる時期なんだろう。が今年は、オットの仕事の都合、そして何よりムスメの高校進学があってなかなか切り出せない。


ic_mini01_sankaku09.gif 市内の高校に進学する予定のムスメだが、大学は都内に行きたいと。うーむ…。私としては今後も東京に戻るつもりはない。ムスメも戻らせない。理由はもちろんアレなのだが、それを真っ向から言っても反発されるだけ。まぁしょーがないか。でもムスメがなんと言おうと母の考えは変わらない。それを今後も伝えていくつもり。


ic_mini01_sankaku10.gif 人間なので病気にもなるし、いずれは死ぬ。それはいいのだ。それでもなぜ私が未だに密に情報を集め、食物に気を使いながら生活しているかというと、私利私欲のために事実を隠蔽している一部の輩によって、楽しいはずの自分の人生を無茶苦茶にされたくないということと、子どもやその子どもたちへの責任があると考えているから。


ic_mini01_sankaku12.gif もちろん考え方は人それぞれ。諦めるという手もある。現に⚪︎⚪︎⚪︎区在住の友人は、5000Bq/kg出た時点でもう諦めたと言っていた。何を優先するかは人によって違う。命より仕事が大事という人もいるだろう。皆何かを諦め、苦渋の選択を迫られながら生きている。5年経ってからちょこちょこと「実は未だに…」ってな感じで知らされる事実に、私はとてつもなく不安になる。4号機の燃料プールが跡形も無くなっている事実。これが悪夢ならどんなにいいか。


ic_mini01_sankaku18.gif 今話題の愛国幼稚園の映像をみて、まるで戦前だなと思う。幼稚園児が同期の桜を合唱している。「教育勅語」や「五箇条の御誓文」も朗唱している。おいおい、マジか。どうなってるんだ。


ic_mini01_sankaku02.gif この安倍小学校国有地売却問題は、徹底的に追及して欲しい。少なくとも清水某さんの出家モンダイよりはるかに重要だ。あべさん、関与あれば総理やめるって言ってんだから。


関連記事

はらわたが煮えくり返るとはこのことだ。


米軍属暴行殺人 「彼女が悪かった」被告、弁護士に話す
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-444823.html


許せない。
性犯罪が起きるたび、被害者の女性にあたかも落ち度があったかのような論調がわき出てくるが、もううんざりだ。


暗い夜道を一人で歩いていようが
よしんばミニスカートをはいていようが
レイプしていい理由にはならない。


被害者は1ミリも悪くないし
罪は100% 性犯罪者のほうにある


私の考えは、以前「性犯罪について思うこと」に書いたとおり。



最近見かけた小林ギリ子さんという方のツイートが秀逸だったので紹介します。




そうなんだよな。
被害者に責任を押し付けるのはやめろ。
悪いのは性犯罪者であって、それを野放しにしているのが問題なんだ。
男の性欲とやらの一般論で語るのもいい加減やめろ。
大半の普通の男は、見ず知らずの女性を夜道で襲ったりしない。



A1.png
文字色


この沖縄の事件のケネス被告の次の言葉を どう捉えるか。

  ↓  ↓  ↓

日本の法制度では女性暴行は親告罪で、被害者による通報率も低いとして「逮捕されることについては全く心配していなかった」とした。(引用元:琉球新報


親告罪:被害者からの告訴がなければ起訴できない犯罪の種類をいう。



A1.png



レイプされ泣き寝入りした日本女性は、どれだけいるのか。
被害者に不利益が生じる恐れがあるのなら、不利益が生じないような制度にしたらいいではないか。
性被害者は、事件の時だけでなく、裁判でも、親近者からも、世間からも、社会からも、何度も何度も貶められるのだ。
なぜ被害者だけが こうも不利益を被るのだろう。
日本では、男の犯す性犯罪が、なぜこうも軽微な罪として扱われてるんだろう。


米軍属のこの被告は、そうしたこの国のやり方を知っていた。
逮捕などされるはずがない、と確信していた。
保身からの発言だとしても 許せない。
女性を傷つけ、沖縄を傷つけた。
私たちの娘を傷つけた。
同じ人間として見ておらず、彼女を、そして私たちを蔑むような発言は、本当に許せない。





関連記事