ようやく地面の雪が溶けて、久しぶりに風が穏やかな晴天の土曜日。
ポケットガイガーで色んなところを測ってみた。


まずは、雨どいの水の出口になっている場所。
雨水が地面に浸透するようになっているので、高いとしたらここかなと。



結果は、0.12μSv/h
やや高めだけど、こんなもんか。


次は、雨水タンクの手前のフィルター。
ゴミやホコリも入るので高いかもしれない。

DSC06902_convert_20170204223031.jpg

結果は 0.11μSv/h
こちらもあまり変わらなかった。ホッ。


お次は、問題の車。

高い数値が出るというワイパー根元の側溝0.11μSv/hだった。(写真なし)


次はドキドキのラジェター部分

DSC06900_convert_20170204224710.jpg

0.09μSv/h
あれ? ふつう…かな? 家の中と同じだ。


エアーエレメントは。

DSC06901_convert_20170204225008.jpg

0.10μSv/h
うーむ…。


次は、かなり汚れていたエアコンのエアーフィルター

DSC06903_convert_20170204225211.jpg

0.09μSv/h



車をざざっと一通り測ってみて、特に心配するような値は出なかった。
これで安心してムスメも乗せられる。



line_wafu01_212.png



今日一日いろいろな箇所で測定してみて分かったのは、分からないというのが一番不安だったんだ、ってこと。
それがたとえ危険な値だったとしても、ちゃんと受け止められたと思う。
相手が目に見えないものだけに、不気味で、コワイ。
分からない、知らされないというのは、危険値が出ることよりある意味恐ろしい。


国や自治体の公表するデータを信用しないわけではないけれど、私たちが知りたいのは、子どもの目の高さや人が行き来するところ、赤ちゃんも遊ぶ砂場や自宅の庭や落葉樹の下など生活と密接する場所の正確なデータであって、誰も行かないようなどこかの建物の屋上のデータではない、ということ。


これからずっと、私たちの生活と放射線は切っても切り離せない状態が続くのだ。
口に入れるモノに気を使うように、空間線量にも気を使いながら生きていくしかない。
天気予報をみて、線量を予測してあるいは測って、その日の行動を決める。
悲しいかな、もうそういう世界に 私たちは居るのだ。



line_wafu01_212.png




東京オリンピックにかこつけて、テロ防止を理由にむりやり共謀罪成立に持っていきたい方々へ。


外国の皆様に安心して来ていただくためにすることは、共謀罪の成立なんかではないでしょう。
それより外国の人たちは、福島原発2号機に穴が開いていて毎時530シーベルトの放射線が測定されているというのに、オリンピックの会場として本当に日本は安全なのかということが知りたいのではないでしょうかねぇ。
人間が数十秒で死ぬレベルですってよ。
そういうの全部隠さず、事実だけをシェアするのが本当の「おもてなし」なのでは?




余談ですが、わが家では恵方巻きは食べませんでした。
恵方巻きの由来が、大阪の花街で旦那衆が遊女に巻き寿司を丸かぶりさせて楽しんでいた…というのを聞いて、さもありなんと思ったのが理由。
豆まきはしましたよ♪
歳の数だけちゃんと29個食べました!  ←おいっ





関連記事
スポンサーサイト