はらわたが煮えくり返るとはこのことだ。


米軍属暴行殺人 「彼女が悪かった」被告、弁護士に話す
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-444823.html


許せない。
性犯罪が起きるたび、被害者の女性にあたかも落ち度があったかのような論調がわき出てくるが、もううんざりだ。


暗い夜道を一人で歩いていようが
よしんばミニスカートをはいていようが
レイプしていい理由にはならない。


被害者は1ミリも悪くないし
罪は100% 性犯罪者のほうにある


私の考えは、以前「性犯罪について思うこと」に書いたとおり。



最近見かけた小林ギリ子さんという方のツイートが秀逸だったので紹介します。




そうなんだよな。
被害者に責任を押し付けるのはやめろ。
悪いのは性犯罪者であって、それを野放しにしているのが問題なんだ。
男の性欲とやらの一般論で語るのもいい加減やめろ。
大半の普通の男は、見ず知らずの女性を夜道で襲ったりしない。



A1.png
文字色


この沖縄の事件のケネス被告の次の言葉を どう捉えるか。

  ↓  ↓  ↓

日本の法制度では女性暴行は親告罪で、被害者による通報率も低いとして「逮捕されることについては全く心配していなかった」とした。(引用元:琉球新報


親告罪:被害者からの告訴がなければ起訴できない犯罪の種類をいう。



A1.png



レイプされ泣き寝入りした日本女性は、どれだけいるのか。
被害者に不利益が生じる恐れがあるのなら、不利益が生じないような制度にしたらいいではないか。
性被害者は、事件の時だけでなく、裁判でも、親近者からも、世間からも、社会からも、何度も何度も貶められるのだ。
なぜ被害者だけが こうも不利益を被るのだろう。
日本では、男の犯す性犯罪が、なぜこうも軽微な罪として扱われてるんだろう。


米軍属のこの被告は、そうしたこの国のやり方を知っていた。
逮捕などされるはずがない、と確信していた。
保身からの発言だとしても 許せない。
女性を傷つけ、沖縄を傷つけた。
私たちの娘を傷つけた。
同じ人間として見ておらず、彼女を、そして私たちを蔑むような発言は、本当に許せない。





関連記事
スポンサーサイト