気が向いた時にやるウスネオイデスのソーキング。(水に漬けること)
今回は、薄めたハイポネックス液肥(2000倍くらい)に、1時間ほど漬け込んでみた。当方“ずく”がないもので、ピンチから外したりせず、このままドボン。

(一晩漬け込むなんて、恐ろしくて私には出来ない。なぜかというと、翌朝すっかり忘れて仕事に行ったりして枯らしてしまうから。絶対)


そして、水切り。


DSC02435_convert_20141016225243.jpg


その日はそよそよと良い風が吹いていたので、ちょうど良かった。
ウスネをうまく管理するためのキーワードは、水と光と……ですからネ。


これ、成長してないように見えるかもしれないが、持ってみるとずいぶん重くなっているよ。試しに今年1月の写真と、10月の写真を比べてみると……


これが1月の時↓
DSC00917_convert_20141016225308.jpg


そして10月
DSC02367_convert_20141005132021.jpg


明らかにひと回り大きくなっている。
近郊で欲しい方いれば、あげたい。押しつけたい。
ちと葉ヤケしてますけどww





最近のブームは↓↓

d0049723_3461068_convert_20141016231828.jpg

諸葛孔明さま♡(てか、金城武か)

一瞬の風の向きの変化を読んで、攻撃をしかける超有能な気象予報士(笑)。
今更ながら「レッドクリフ」観てうっとり。

私も風を読んで日夜ウスネオイデスを育ててる。孔明さんといっしょ♪




「男は顔じゃない。◯◯だ」とずっと信じてきたが(注:◯◯にはお好きな言葉をお入れ下さい)最近、やっぱ顔かもしらんと思うように…。
(イケメンというのと違くて、人間35歳過ぎたあたりから内面が顔に出るっていうか)
もう何にも手の届かない領域に入ったおばさんだから何言ってもいいよね。








関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ( 14:54 )

  2. ざざ改め電気羊 | -

    >鍵コメさま♪

    一晩も!!???それでだいじょうーぶなんですね?!

    私には…無理かなー。何となく。
    空気と水の動きのない状態に沈めておくというのは、うーん、自然ではありえない状態だと思うからです。

    私はソーキングには、基本的には反対なんです。
    できれば外で雨に打たせるほうがいい、と思っています。
    でもここの地方は晴天が多く、降水量が極端に少ないんですよ。
    だから仕方なく、たまーに、「仕方なく浸けてる」って感じです。

    ソーキングをしなくてはいけない環境でウスネさんを育てていること自体がナンセンスなのかもしれません。

    ( 19:17 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks