雨・・・。
朝からずっと降り続いているのをいいことに、本読んでだらだら過ごす。





先日、修造(夫)との会話の中で、子育て中にヒヤリとしたことの話になった。


ムスメがまだ3歳くらいの頃、保育園のお迎えの帰り、自転車の前の子乗せに乗せていたムスメが、何かの拍子になめていた飴をゴックンと飲んでしまったことがあり、それは家に着いてから「飴、飲んじゃった」というムスメの言葉により知ったのだが、下手すりゃ気管につまらせていたかもしれないと思うと、あん時は背筋がぞわわーと凍ったよ……というような話を私がしたら、


「オレなんて『わっ!あおちゃん(ムスメ)死んだ!』って思ったこと、何回もあるよ」
と、いけしゃーしゃーと言ってきたので、詳しく話を聞いたら、背筋がぞわわわと凍りつくどころの話じゃなかった。



line-tamared2.gif




ムスメが小さかった頃、私は土日も仕事のお勤め人、夫は自営業だったので、週末は夫がムスメを見ていた。


やはり3歳頃、夫とムスメが自転車で近くの公園に遊びに行く途中、裏通りから大通り(早稲田通り)に出る地点、急に道が下りになっていて、補助輪をつけたムスメの自転車が勢いづいてそのまま大通りに飛び出してしまった。(書いててドキドキする)
間一髪で夫が追いつき、ムスメの自転車の荷台をガシッとつかんで止まったものの、道路には飛び出していた、と。
たまたまその時車が来なかったから良かったものの、いつものようにビュンビュン車が来てたらと思うと………。


……というような話を夫が次々に繰り出すもんだから、こんなヤツに大事なムスメを預けていたのかと空恐ろしくなった。


今、ムスメがこうして元気でいられるのは奇跡かもしれない。
神様、本当にありがとう!


このことがあってから、ムスメに「うるせえババア」と言われても、うんうんそれだけ元気に暴言吐けるって生きてるからこそできるんだよねうん、と、広ーい心で受けとめることが出来るように。


DSC02456_convert_20141022110017.jpg


すれ違いの多い私とムスメの、冷蔵庫のマグネットによる短い往復書簡。


私  「bakamusume!」
ムスメ「kusobabaa!」
私  「ahomusume!」


…と続いたあとのムスメからの返事です。
昨夜、相撲を取ったら、うちがけで私が勝ちました。
すごい悔しがっていました。母をナメんなヨ!


今夜あたり、リベンジされる予定です。









関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks