DSC02966_convert_20150121111052.jpg


こんにちは。毎日−10℃で寒いですねー。

でもこないだハバロフスク(ロシア)に住む友達が来て「毎日−35℃だからたまに−18℃とかだと、おっ今日あったかいじゃん♪ってなる」と言ってたのを聞いて、それ以上言わないことにしました。


さて、ご主人様である電気羊さんのお仕事が超多忙すぎて毎晩帰りが遅く、帰ったらその辺で倒れて干物化しているので、ブログの更新ができないそうです。
なので、今日は身も心も女子高生のワタクシ(小電気羊)が代わりに書きますね。


ワタクシ、最近とーーてもきゅんきゅんくる漫画を見つけちゃったのですよ。
「ひるなかの流星」ってやつ。
全11巻、大人買いしましたからねぇ。あ、大人じゃないですけどね。


まず、絵が好み。キレイなんですよ、すごく。
服もカッコいいし。表情もいい。出てくる人に嫌なヤツが1人もいないってのも結構ポイント高い。読んでて常に気持ちいい。高校生のくせにすぐキスしたり、××したりしないのもいい。(最近の漫画といったらもう


ここに出てくる獅子尾と馬村っていう男がいるんですけど、この2人がとんでもなくカッコいいんですよ。
ワタクシ、最初獅子尾派でしたが、今は完全に馬村派です。
え? 聞いてない? そりゃしっつれいいたしましたっ♪(昭和か)


アオハライドとかもいいっちゃいいんですけど、高校生がけっこう遠出してるのに親御さんは何とも思わないんだろうか…?とか考えちゃうわけですよ。それほど親の存在うっす!って感じなんで。そいでもって人目も気にせず街のど真ん中で高校生同士がイチャコラしてるんですよね。親御さんは何してるのか、と。


その点このひるなかは、親代わりのおじさんがちゃんとすずめ(主人公)のことを心配していて、あちこちで登場するし、すずめもそれに応えてる(本当にいい子!)一番不誠実なのは高校教師でありながらすずめを諦めきれず、ちょいちょいと好意を小出しにしてくる獅子尾かもしれない。でも、私服がカッコいいし、簡単に手を出そうとはしないし、葛藤してるっぽいところもあるので許す。(なぜに上から目線?)


馬村くんは、女性恐怖症だけど、ちょくちょく「男」を見せてくれるのでその度憤死しそうになります。(すずめでなくてワタクシが)
9巻あたりから俄然馬村が輝き始めるのですけど、すずめに告った(2度目)あと、朝の6時半にすずめが意を決して馬村の家に返事をしに行くシーン。
10巻の最初、返事しにきたというすずめに、今?「今!」と言われ、
「わかった」「言えよ」「きくから」


………このシーンで5回くらいキュン死しましたよワタクシ。
それで結局返事はOKだったわけだけど、家に戻ってお父さんが作ったフレンチトーストを前に、真っ赤になった顔を下を向いて片手で覆いながら
「…おれ 今 ちょっと くえねぇわ」
と言う馬村。かわい過ぎる!


…おそらく、この漫画を嫌いな女の子はいないでしょうな。


あんまり漫画が続くと頭がどうかと思われそうなので、次回からは平常に戻ってイラク情勢をお伝えします。









関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks