山本太郎さん来松。
当日だったが駆け込みで何とか入れた。満員御礼なり。





ご自分のことを「永田町の野良犬」と紹介されていたが、数々の修羅場をかいくぐってきた野良ならではの力強いお話が聞けました。


心に残った言葉をいくつか。


・マスコミが食いつきやすいコンテンツを用意することも大切。
・どんな球なら相手が受け止めてくれるのか、常に考えて投げる。
・沖縄の基地問題は、日本の民主主義のカナリア



始めはタレントとしても脱原発活動を「上手くやろう」と思っていたが、福島の子どもに対する許容被曝が20Sv/年に引き上げられたあの時から、自分は変わったとおっしゃっていた。


芸能界を干され、俳優なのに円形脱毛症をこさえながら立ち向かってきた山本太郎を 私たちは見てきた。
彼は言った。
可能性は、ある。希望は、ある。
私たち一人ひとりの力は微力だけど、無力ではない。
あきらめたらそこで試合終了だもん。
私たちは、あきらめの悪い男、三井寿だ!!!(←こんなことは言ってません)



line-tamablue.gif



ムスメのお友達が、ISILの人質事件についてニュースを見ながら自分のお父さんが「殺されても仕方ないだろ。殺せ殺せ」と言っているのを聞いて、心を痛めている…という話をムスメから聞いた。


また、人質に対して自決しろと言った有名人。
そして、その意見を支持している人が少なからずいたということに驚いた。
先の親御さんのことも含め、暗澹たる気持ちになる。


「ね、日本て戦争するの?」と、ムスメが不安そうに聞く。
子どもたちは、感づいている。
そして、言いようのない不安を抱えている。


こういう時こそ、大人がしっかりしなければ。
人の命がかかっている問題なのだ。
親が人間として最低限、常識をわきまえた、あたたかい態度を示してやらなければ。







関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. はしばみ夫人 | -

    こんにちは!

    たまに拝見させて頂いて「そうだそうだ!」と頷いている者です(^^)

    娘さんの友達のお父さんの話、うんざりしますね。
    自分の家とはいえ、こんな言葉を吐く人間がいるなんて。
    苦しむ人質の家族の人のことを考えれば(もちろん他人だけど)、
    とても出てこない言葉だと思うけど。

    このお父さんみたいに、一般の身近な人々が、全く自分と違う常識で生きてるって、一番うろたえる。

    けど、湾岸戦争でアメリカが空爆を始めたってニュースが流れたら、「いけいけ~やれやれ~」といった会社の当時40代子持ち女性とか見たことありますし(アンタの子供が空爆で死んだらどう思うの?)

    ヘイトスピーチとかハイライトな人と同じような感性の人が、意外と一般市民にも多くいて、
    日本の方向を決めようとしているのではないか。。と思うと、悔しいし気持ち悪いです。

    ( 01:27 )

  2. ざざ改め電気羊 | -

    >はしばみ夫人さま♪

    こちらこそ、初めまして!

    そうなんですよね。
    そのお友達のお父さんの言葉に、友達が傷ついてる…というところ。
    やり切れないです。

    百歩譲って本心だとしても、子どもの前で言う言葉じゃないですよね。

    湾岸戦争の時も、テレビにかじりついて「こういうの見ると血沸き肉踊るわっ!」と言いながら興奮していたおじいさん達を見たことがあります。
    ああ、戦争を体験していても、水木しげるさんのように戦争の恐ろしさを語り継いでいく人ばかりじゃないのだなと。こういう風に人と人が殺し合うことを肯定する人もいるんだ、と。
    暗澹たる気持ちになりましたよ。


    まるでみんな「他人事」なんですよね。
    テロが身近に起きるなんて、これっぽっちも思ってないというか。
    東京の地下鉄で自爆テロが起こる可能性だって出てきたのに、それに気づかない。
    イスラム国に近づかなければ殺させることはない、と。
    オメデタイというか、なんというか…。


    本当に怖いのは、「フツーの人たち」なんだと、この頃特に強く思います。
    それに共感して下さって、嬉しいです。


    稚拙な独り言ブログですが、また遊びにいらしてください。
    コメントありがとうございましたww

    ( 08:34 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks