目の前の子どもの問題をつきつめていくと、どんな時でも権力や政治のおかしさにぶつかる…と言ったのは、確か辛淑玉さんだったか。


子どもの問題=大人の(が)問題


考えてみれば当たり前のことなんだけど、常にそう意識してないと忘れてしまう。
未成年が犯罪を犯したとき、その子の性質や性格などに焦点が当てられ、厳罰に処せという意見が必ず出てくる。
ああいう輩はぜったいに更生しない。だから一生檻の外に出すな、と。


事件が起こるたび、思う。
果たしてそれで本当に解決するのかな。
少年の再犯率が高いのは、更生して出てきても、社会がそれを受け入れる仕組みになってなくて、再犯せざるを得ない構造になっているからではないのかな。


そもそも事件の背景に「大人の問題」がないわけがない。
それを改善せず、加害少年の生まれつきの性質だけを原因と断定して、罰して解決せよという考え方は、あまりにも短絡的というか、むしろ解決策を見えにくくしているような気がしてならない。


……なーんてコトを、五味太郎さんの本を読みながら思った。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ダメな親ほど、子どもにとって親は絶対必要だと思っているようです。たとえば「二親が揃っていないから、この子は曲がった」などという言い方をよく聞きますが、三親いても四親いても曲がるやつは曲がります。(p.25)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



被害少年の家庭がシングルマザーで、子どもに目が行き届かなかった。…
確かにこれも、事件の誘因の一つだろう。
でもね、シングルマザーで、4人も5人も子どもを抱えながら、子らを飢えさせずに生活を維持していくのって、どれだけ大変なんだろう。
正直、私には、できない。
だから、このお母さんは、本当にすごいと思うし心底尊敬する。



              tori822.jpg



そう。
片親が原因で、事件が起こったのでは、ない。
片親が、家族を守るために、子どものうちの一人が何の問題を抱えているか気づけないほどの時間を割いて働かなければ生きていけないことが、問題なのだ。


そして、このお母さんと同じ状況に置かれたら、私だって子どもの異常に気づいてやれる自信はない。
たぶん、大多数のお母さんたちも同じだと思う。
今現在私など、子ども一人しかいないのに、夫の帰りが遅くて全部自分がやらなくちゃいけない、わああーーーー!!もう限界っ無理っ!!ってなってるもん。


子どもは親のもの

っていう意識が 根強くあるのが日本。
だから、子育てが「孤育て」に なりやすい。
もっと


子どもは社会全体のもの


っていう意識が広がるといいのかもしれない。
やっぱり子育てって、親だけでやるもんじゃないしね、そもそも。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
…実はそういうシステムがアフリカのマサイ族にあると聞いてびっくりしました。マサイ族の少年は社会人になる前に、5年間ぐらい放浪するんだそうです。仲間数人とあっちへ行ったりこっちへ行ったりと草原で暮らし続けるのだそうです。そして、その子どもたちがやってくると、どこの家でもごはんを食べさせて泊めてあげる。必要な物は揃えてあげる。そうやって人生の勉強をしたのち、村に帰って、今度は彼らが村を守る人になるというわけです。実力がつくんですね。
 それだけのことをする価値が子どもにはあると思います。10歳までにたっぷりときちんと物事を見る、そのことを怠ると、人生なんとなくやせてしまうような気がします。(p.196)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




以前も書いたけど、子どもにとって、いろんな大人との関わりがすっごく大事なんだってこと。

私は「斜め上の大人」って呼んでるけど、そういう存在がぜったいに必要だと思う。







関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks