見かけるとついつい買ってしまうもの。
私の場合のそれは、マスキングテープ付箋


付箋は、常に本と一緒に持ち歩いている。
持ち歩くだけでなく、机の上、コタツの上、トイレの中、車の中、枕元、など
10箇所以上に常備設置してある。
いくらなんでも 置きすぎだろう。


こないだ気になって調べてみたら、私が1日で使う付箋の数は、だいたい30〜40個くらいであった。
何にそんなに使ってるのかというと、本、ですね。


こういうやり方をしている人は多いと思うけれど、本を読む時に、気になった箇所にバンバン付箋を貼り付けていく、のである。


付箋を貼り付ける基準は、「気に入った文章」「重要だと思う箇所」など。
文字が隠れてしまうので、付箋は「半透明」でなくてはならない。
付箋を貼る位置は、その文章の真上に貼る。
そうすれば、あとで見返した時、どの文章に貼り付けたのか一目瞭然だから。


特に重要!と思ったものは、付箋を他より少し飛び出して貼る。
または、気に入った色の付箋(わたしの場合は緑色)を貼る。


好きな本なんかは、読み合えたあと付箋だらけになるのだが、私なりの貼り付け方のルールがあるので、見返す時にも、大して困らない。


読み終えたあと、付箋の箇所をざっと見直す。
すると、「なんでこれに付箋貼ったんだっけ?」というような箇所がいくつも出てくる。
勢いで貼ってしまったり、意味を理解せずに貼っていたり、みたいな。
なので今度は、付箋をどんどん外していく。
残った付箋の箇所が、私にとって本当に重要な箇所、というわけだ。


常に本を2冊は持ち歩いているので、まぁ40個くらいは使う計算になります。


最近気に入って使っているのが、写真の付箋。
カンミ堂という会社の「coco fusen(ココフセン)」というフィルム付箋。


色がキレイだし、ケースごと貼って使えるので、私なんか愛車のハンドルにも貼ってます。
繰り返し使えるところも、イイですね!
ただ一つ難を言えば、片手で取り出しにくいこと、かな?
わたしの手の潤いがないせいかもしれませんが





関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ( 08:10 )

  2. ざざ改め電気羊 | -

    >鍵コメさま♪

    そうなんですよー。
    とにかく便利です、付箋。
    本のしおりもほとんど使わず、これもまた付箋で済ませてます。(どんだけ好きなのか?)

    フィルム付箋は、何度もはがして使えるからいいんです。
    貧乏性なもんで^^

    そうでした!
    松本情報もたまにはアップしていきますわ。
    最近、家と職場の往復だけの毎日なもので、外の景色もよく見えていませんでした。
    山も、身近にあると、ついつい忘れてしまうものなんですね(苦笑)。

    そろそろ松本の一番いい季節がやってきます。
    庭と、畑と、少しずついろんなものが芽吹いていますよ!
    来年でも再来年でも、きっと松本は変わらずコメ様を待っていてくれるでしょう。


    コメントありがとうございました♪

    ( 17:06 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks