塾を終えたムスメを、迎えに行く。
車の中で 三代目J Soul Brothersの花火を熱唱するムスメに

「ママね、⚪️⚪️ちゃん(ムスメ)がいない時、ああ可愛いなー♡って思う」

と言ったら

「・・・・はあ!? (ʘ言ʘ╬) 」

と返された。


そうなんだよねー。
いると、うるさい。非常に。(苦笑)


母親に「うっせー」「ウザイ」とか言いながら「一緒に風呂入ろう」と誘ってくる。
私がなかなか入ってこないと、風呂場から

「坊、泣いちゃうぞ」

という声が聞こえる。
(「千と千尋の神隠し」からのセリフです)


あれがよく言うツンデレかー。
男はコロッといっちゃうわな。


憎たらしいと思いつつ、お迎えの電話が来ると、ウキウキしながら車を出す。
私はムスメに 永遠の片思いしながら生きてくんだろう。


ま、それも悪くないと最近は思っているわけです。




関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks