〈播種覚え書き〉

4/29直蒔き
  ・にんじん
  ・青ちりめんしそ
  ・いんげん
  ・ルッコラ


同日ポット蒔き
  ・ときわ地這
  ・モロヘイヤ



DSC03259+(1)_convert_20150429193810.jpg




職場の飲み会で、30代の同僚(男)に今後の身の振り方などを相談された。
傍目には順風満帆にいってる感じの彼も、そんなことを考えていたのだなぁと思いながら聞いていたのだが、いつの間にか私の話になり、結局は逆に私の悩みを彼の悩みの3倍くらい聞いてもらっていた。


悩み相談の倍返し


最後は、ざざさん、頑張ってオレ達で職場を変えていきましょうよ!と言われ、そうだねそうだよね!とうんうん頷きながらハイタッチして別れました。
なんだったんだ、いったい…。


40代は惑うことばかりで、自業自得のくせに行き場がないと嘆いている。
50代になれば楽になるのかなぁ。


いま私は、誰もしない(できない)ことを意識的に見つけては、率先してコツコツとやっている。毎日仕事始めに必ずしていることもある。いわゆる「シャドーワーク」というやつだ。
それと、私にしかできないこと。つまり、お局的憎まれ役、だ。


東京に居た時は、新入りが間違ったことをしていると、その場でズバスバ指摘してくれたものだが、こちら(松本)の人は、その場では直接本人に言わない。黙ってフォローする。これは、一見優しいようだが、全く違う。これは実は、形を変えたイジメ。黙ってフォローしてもらってばかりだと新入りは、いつまでたっても気づかないまま。そして一部の意地悪な人は、新入りがいかに出来ない奴か(自分がいかにフォローしているか)を陰で言ったりする。私が来て間もない頃、それをやられてすごく辟易した。自分は絶対ああはなるまい、と誓ったのだ。


……また愚痴ってしまった。


でも、今まで同僚に仕事の愚痴を吐いたことがなかったので、30代君に思い切り吐けて、なんかスッキリした。
私、9年目で初めて本音を言ったかもしれない。
いつも強い人だと思われているので。


言ったはいいが、残ったのは、ちょっとの後悔と情けなさと。(苦笑)
この国が抱えるモンダイに比べれば、私の悩みなんて、ちっちぇーちっちぇー!




関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks