繰り返しになるけど、ガンジーの言葉を。


先日、ムスメと東京へ行っていた。
父の墓参りを済ませ、ムスメの希望で原宿、渋谷へ。


初めこそ「きゃー!東京だー!すごーい!」とはしゃいでいたムスメも
あまりの人の多さと、トイレは無論コンビニのレジまで並ばなくてはいけない現実を見(←本当にビックリしていた)、慣れないアスファルトだらけの道路を歩き回って、ほとほと疲れたらしい。
「東京はキレイな人がいっぱいいて、自分がゴミに見える」「欲しいものはたくさんあるけど買う気がしない」…と言って、結局何も買わずに帰ってきた。


東京は、何でもあるけど、何にもない町なんだよ


ママの言ってたことが分かったよ、と。


ムスメだって4歳まで東京で暮らしていたし、私にとっても生まれた町なので、ある種の思いはないわけではないけれど、人混みにもまれていると、だんだん思考が鈍くなってくるのだ。
あの中で「個を保つ」のは、大変だろうと思う。
特定秘密保護法とか新安保制とか、まるでよその国の話のような錯覚さえ起きるんだもの。


ムスメと歩いていたら、反貧困デモに出くわした。
安倍政権が格差社会を加速化させていること、渋谷区内の小さな公園で、ホームレス追い出しのための公園閉鎖が行われようとしてること。
デモを横目にそんなことを話しながら、ブラブラ歩いた。


まず、個をしっかり持つ。
誰かと一緒でなくてもいい。
自分で考えて、自分だけで行動する。


それだけでは確かに、変わらないかもしれない。
日本はもう、そういう国なのかもしれない。
でも、何も意思表示をせずに、誰かの言いなりになるのはイヤだ。
自分が自分であるために何をすべきかということを、いつも考えていたい。


……って、そんなコトを考えながら、ピンポイントで店を回って私だけ買い物をして早々に東京を後にした。


家でムスメと一緒にお風呂に入ってふと見たら、ムスメの目の下のクマがすごいことになっていてギョッとした。
やっぱり夢じゃないんだなぁと、実感した。
夢より悪い、悪夢だ。
というわけで、今はデトックスに勤しむ日々。
はあああーーーー。





関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks