「立夏」だというのに、昨夜は肌寒くて、足湯たんぽを入れて寝た。
冷房いらずの夏は、すぐそこに来ている。





タイム(イブキジャコウソウ)が、そろそろ満開だ。
ミツバチが何十匹もやってきて、蜜を集めている。
ミツバチ↓……見えますかな?


DSC03369_convert_20150506143140.jpg


フェンスに這わせているモッコウバラも、今年は花が多くて見事。
全景を見せられないのが残念。


DSC03366_convert_20150506144513.jpg


黄色のモッコウバラは強くて、ぐんぐん成長するけど
白いのはなかなか育たない。
同じくらいの数の株を 植えたんだけどね。
なのに今年は、白いほうも咲いている!
DSC03361_convert_20150506143351.jpg


今年のフェンスの目隠しは、夏雪カズラに決めた。
おぎはら植物園さんに4苗注文。
ここで買う苗は、とてもいい。
よく管理されているのか、たいがい元気に育ってくれる。
まあ、上田市(長野県)にある植物園さんなので、気候が同じだからというのもあるんだろうけどね。


DSC03328_convert_20150506144142.jpg


届いたその日に植えた。

フェンス沿いに2苗。
そして、緑のカーテン用に2苗。
今年の私は、行動が早い(笑)。


DSC03356_convert_20150506143128.jpg


日中は日差しが強くて、なかなかいい写真が撮れない。


植物の世話をした後、黄砂(?)で真っ黄になったバイクを洗う。
修造は、その横で、私の車のへこんだバンパーを直してくれている。
自分で言うのもナンだけど、自分は運転が上手いんで、ぶつけた覚えはないんだけど、どうしてそうなった?


この愛車、10年目だけど、愛着があって買い換える気はさらさら、ない。
東京から移住してくるとき、この車に乗って松本に来た。
わが家の田舎暮らしは、この車とともに始まった。
エンジン音はうるさいし、馬力はないし、タイヤも特殊だし、中古だし、これといって自慢できるとこは何もないんだけど、デザインはいい。
あと小回りがきく。車庫入れがしやすい。どの隙間にももれなく入れる。
松本は道幅が狭いので、これ、けっこう重要。


今はもう販売していない車種なんで、けっこうマニアもいるんだとか。
好きな人は好き、だろうなあ。
かわいいもん。


車を選ぶとき、家との調和も考えるよね。
このボロ家にベンツは似合わないように、古くて渋いあの車が合っている。(ちなみに修造の車も中古車)
私も修造も、車にお金をつぎ込むタイプの人間ではないからね。


いつまでここにいるかは分からないが、ペットと同様、車も家族という感覚、かな。
こないだ新車を買うか買わないかの話を修造としていたら、次の日エンジンの調子が悪くなって焦った。
やっぱり聞いてたか…。ごめんね。と言いながらハンドルを握ったら元に戻った。
そういうことも、ある。






関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks