玄関脇のマンネングサ。
密かに繁殖させているものの一つ。


 


ひとつ前に書いた子宮頸がんワクチンに関する日記だが、、、

そのあといろいろ調べてみて
HPVは、子宮頸がんの原因ではないかもしれないという説があることも知った。


そもそもの話は、ドイツのツア・ハウゼンという医師が、1983年にHPVのDNAを、子宮頸がんの生体細胞の中に見つけた、ということから

HPV=子宮頸がんの原因

という説が生まれた、という経緯。


よく考えたら、そこにHPVがあったからといって、それが原因であるとは断定できないし、他の学者がいうように、単にHPVががん細胞に住み着きやすかった、と考えるのが妥当だろう。


このハウゼン医師は、2008年にこの功績によってノーベル医学賞を受賞しているのだが、その時の選考委員長と委員たちがなんと、その頃ちょうど売り出したこのワクチンの主要成分を作っているアストラゼネカという製薬会社から金品を受け取っていたという。



              032.gif



HPV自体はどこにでもあるありふれたウイルスで、生まれたばかりの赤ん坊にも確認されているくらいのもの。
そしてほとんどは、感染しても免疫が働いて、自然に治癒してしまう。


むしろ、すでにHPVに感染している人がこのワクチンを接種すると「前癌状態になる可能性が高い」という結果も出ている。
性交で感染するという触れ込みで、まだ性交を経験していない少女たちに推奨しているワクチンが、皮膚感染もするというのが明らかな時点で矛盾しているのだが、これでは、予防するはずの疾患に、ワクチンを打ったことで罹患してしまう可能性もあるということではないか。



http://insidejobjp.blogspot.jp/2013/06/hpv.html


「サルでもわかる子宮頸がんワクチン」というサイトが分かりやすいです。↓
http://vaccine.luna-organic.org


気になるのは、日本でこのワクチンを推進していた急先鋒のある議員の夫が、グラクソスミスクラインの顧問弁護士らしいということ。


              
t02200181_0276022711178123925.jpg



ワクチンというのは、とても「おいしい」ビジネスだ。
なぜなら、対象が健康な人だから。


健康な人が、生まれた時から定期的に自ら(あるいは親に連れられて)ワクチンを打ちに来てくれるのだから、これ以上おいしい話もないだろう。
市場は、無限大。


そして、その健康な人を病気にさせれば、その治療薬がまた売れる。
まさに、マッチポンプ…。


子宮頸がんワクチンは、世界のセレブや要人の子どもは誰も接種していないという話もネットで見た。
あり得る話だと思う。


ワクチンを打つ前に、それが本当に必要かどうかを判断しつつ、その薬の添付文書をじっくり読んで、かつその薬を販売している製薬会社がどんな会社かも調べ、推奨している議員の周辺にきな臭い人間関係や製薬会社と利害関係のある人間がいないかを徹底的に洗う必要がある……って、


どんだけのことを やらすんじゃい!٩(๑òωó๑)۶




line01-1.gif



グラクソ…なんとかという会社ではなく、良心ある製薬会社が、このワクチン被害にあっている子たちの治療薬を一日も早く開発して欲しいと願う。


本当に、本当に、助けてあげて欲しい。


もう、ただそれだけです今は……。






関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks