庭の手入れをゆっくりと。




この時期は 放っとくと芝がどんどん伸びるので、毎週刈らなければならない。


電動草刈機を導入してからというもの、芝刈りが楽しくてしかたない。
芝生だけでなく、生えている雑草もいっしょに刈る。
すると、…なんということでしょう!
雑草が芝生に生まれ変わるじゃありませんか!(んなわけない)


てな感じで、芝と雑草をきっちり5分刈りにしたあと、
エアレーション(ローンパンチという武器を使い、芝生にグサグサと穴をあける)と
スライシング(ターフカッターという武器を使い、芝生の根をグサグサと切る)を。
そのあとは、レーキを使って念入りにサッチ取り


DSC03638_convert_20150615150801.jpgサッチの山

DSC03640_convert_20150615150822.jpg置いてあるだけのレンガ



エアレーションなんて、何年ぶりか。(3ヶ月に1回くらいはやりましょう)


あと目土という、芝の凸凹したところに土を入れる作業もしなきゃなんだけど、今日初めてこれを「めど」でなく「めつち」と読むと知ったわたしですので、結果はお察しください。(昔「ブラック・ウフル」を「ブラック・ウルフ」とずっと言っていた黒歴史を思い出す)




DSC03674_convert_20150615150854.jpg



緑のカーテン、どうだっ!(…どうだっと言われましても、ねぇ?)


夏雪カズラがけっこういい感じに伸びてきてますよぉーーー。
ためしに摘芯してみたら、そのあとぐわっと脇芽が出てきた。
やはり植物にも、ときどきは危機感をあたえないといけないのだね。
(トップを切ると「うわっ!やべっ!」と思ってどんどん脇から芽をだそうとする悲しいサガ)


DSC03671_convert_20150615150835.jpg


花とかもう咲いちゃってますけど、まだ早い!早いよカズラさん。


下のほうの葉っぱが黄色くなってたので「これは肥料切れだ」と思い、ハイポネックスをやっといた。
あとで考えたら、濃度の計算を間違えてて、かなり薄かったかもしれぬ。てへぺろ。




関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks