午前中は畑、雑務。午後は、これへ↓
関西も盛り上がってたみたいだけど、松本も熱かったわ。





ゆうべ大急ぎでプラカード作成。
何種類か作っとこうと思い、データを持ってコンビニに走る。
コピー中に、A3用紙が切れること2回。
そっかー。
松本じゅうの人が今夜はプラカード作ってんだなと思いつつ。


DSC03797_convert_20150719204726.jpg


「戦争させない」(裏は青色で「9条壊すな」)のほうは、会場で、プラカード持ってなかったおじさんに贈呈。
「大事にするね〜w」と、ずっと掲げて歩いてくれた。
おじさんは、引退してから改めて近代史を勉強し直した結果、日本のいろいろおかしいことに気づき、居てもたってもいられなくてデモに参加したのだと言っていた。


ゲストスピーカーは雨宮処凛さん。小出先生も来てくださった。
安田純平さんは、いまだ消息がつかめていないそうだ。無事を祈る。


DSC03822_convert_20150719204742.jpg


なんだかんだで忙しいムスメも駆けつけてくれ、途中まで一緒にデモ行進した。


この時期の松本は、観光客だらけ。
特に外国の方はみな、デモを見ると必ず立ち止まって声をかけてくれる。
あと、以前はなかった光景なのだが、車の中の人やバスに乗ってるお客さんたちが、笑ってデモ隊に手をふってくれた!
それも3人や4人じゃなくて結構な人たちがね!


…こんなこと、今までのデモならあり得なかったよ。
何かが確実に変わってきている…という印象と、変えられるかもしれない!という手応えみたいなのを感じた一日だった。


こういう動きは、自民党に少なからずプレッシャーを与えている。
「無駄」じゃないよ。
あと「今のままじゃいけないと思ってる人たち」を可視化することで、無関心層をとりこむキッカケになる。
数が増えれば、マスコミも無視できなくなる。
ニュースで報道されれば、マイノリティがいつかマジョリティに変わる。
ムーヴメントを起こしてくれたのは、オバちゃんでも老人でもなく、かっこいい若者たち(SEALDs)だ。


若者たち、ありがとう!
あなたたちを絶対戦争へは行かせない。
あとは、眠れるオバちゃんたちを叩き起こすのだ。
現代の王蟲(おーむ)と呼ばれるオバちゃんたちを怒らせたら、どうなるか。


o0500028112661706359_convert_20150719213918.jpg ←ちなみにこれが王蟲(おーむ)



本気で、止めます。






関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks