雨が上がった午前中のうちに、予定していた芝刈りをすませた。






途中、芝刈り機の調子が悪くなってそれを直したりしてたので、15分で終わらせる予定が1時間もかかってしまった。
あと、雨を吸って草がたいへんに重かったのも 時間がかかった理由の一つ。
いつもより力を入れて草刈機を振り回してたので、上腕二頭筋のあたりが痛い。
年とると いろいろ大変。


DSC04075_convert_20150903211437.jpg


ルリタマアザミは、いいかげん終わりだろう。
ぽんぽん玉みたいで、本当にかわいい花だった。
種を取って、別のところにも植えようかしら。
ドライフラワーにして玄関に飾ったりして けっこう楽しませてもらった。


DSC04080_convert_20150903211459.jpg


チェリーセージ(赤い花のほう)が また盛り返している。
大きいのは わたしの腰の高さまである。
修造(夫)が「邪魔だから切れ」と言うし、今の時期に少し切り戻したほうがいいのだろうが、あまりにもワイルドで見栄えがいいのでそのままにしといた。


DSC04047_convert_20150903213514.jpg


カラミンサ(白いほう)も 何年も前に植えたものだが、こうして時々思い出したように咲く。
咲かない年もあって、宿根草ってのはつくづく不思議だなーと思う。

毎年毎年、植物の「生き様」を見せてもらってる感じ。

大した手入れも要らないし、手をかけないのがナチュラルガーデンだ!と言い張っている私のような ずぼらな人間にはピッタリ。






関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks