今年も自宅用にリンゴを20kg購入。
毎年この量なのだが、最後の方でやや足りなくなるため、去年は30kg注文してみた。
そしたらさすがに余ってしまったので 今年は例年通り20kgに。
贈答用の高級リンゴは、親戚中にすでに発送済み。





リンゴは、さつまいもやレーズンと一緒に甘く煮る。
それに、ハーゲンダッツのバニラを乗せて食べるのが わが家の定番。


そうそう、ハーゲンダッツと言えば
学校でムスメが「うちのアイスはハーゲンダッツ」と言ったら男子に

「はーげんだっつ!? すげー!金持ちー!!」

と言われ、それ以降ムスメのあだ名が「ハーゲンダッツ田中(仮名)」になったって話はしましたっけ?



昨夜はあいにくレーズンがなかったので、なくてもいいか確認したら


ムスメ「レーズンなくていい!うち、ない方がいい!」
   ※彼女はレーズンが苦手

オット「ま、レーズンあった方が美味いよな」
   意訳:お前ヒマなんだからひとっ走り行って買ってこいよ


…レーズン買ってきました。



DSC00934_convert_20140116230650.jpg
写真は使い回しデス。


今回は、贅沢に安納芋を使ったからめちゃうま。
あと、ノーワックスのレモンで作った自家製レモン汁をふりかけてみた。
正解だった。
食べる前にシナモンをふりかけると、なお美味。
(うちはシナモンの消費量が多い)





リンゴはただ単に、塩焼きにしても美味しい。
生だとそんなに食べられないリンゴも、焼けばいくらでも食べられる。


ここでアップルパイとかを作らないところがわたしだ!
そんな面倒くさいもん作ってられっか。忙しいのに。




ここ松本では、冬は、リンゴと長芋と野沢菜を箱買いしている人を多く見かけます。
野沢菜は、ちょうど今、おばあちゃんたちがせっせと漬けています。
どこのお家へ行っても、お茶うけに出てくる野沢菜。
小さい子は、リンゴを丸かじり。


東京にいた頃は、こんなにリンゴを食べなかったよなあ。
ていうか、果物全般、そんなに食べてなかった。高いし。


今は職場でも、どこへ行っても、とりあえず何がしかの果物はある。
売り物にならないものだったり、自宅用の無農薬のだったり。
どうぞいくらでも持って行ってくださいという感じ。


田舎にないものは、たくさん都会にあるけれど
都会にないものも、田舎にはたくさんありますね。



関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks