年越しはなぜか、松本市内のホテルで。 





わが家はそもそもテレビがないので、それとは無縁の生活を送っているのだが
(同僚に言ったらとても驚かれたが、GACKTの自宅もテレビないそうだよ)
大晦日だけは、何となくダラダラテレビでも見ながら過ごしたいという思いもあり。
ムスメも「動く三代目が見たいの!」と言うため、急遽市内のホテルへGO。


ギリギリだったんで、素敵なお部屋しか空いてなかったけど迷わずチェックイン。
わたしだけ仕事を終えてからホテルへ向かった。
ベルボーイさんから、例年の大晦日に比べて暖かいし明日は快晴という情報をいただく。


紅白も高齢化なのか知っている歌手ばかりで、今はいつの時代かと思いながら半目で見た。

NOKKOの歌声の変わらなさに涙し
52歳という今井美樹に親近感を覚え
修造と同い年のYOSHIKIの上半身裸を見てため息をつく。


ムスメがリモコンを離さなかったので、いろんな番組を同時に見たが
どれもあまり面白くなかったなぁ。
テレビを一日中見なくてはならない…という拷問があったら、私の場合耐えられなくてすぐに吐くわ。



1日は、チェックアウトした後、四柱神社へお参りに。
その足で私のみ、仕事へ向かった。
年賀状はその時に出しました。


このブログも7年目。


変わらずこのままのペースで。ゆっくり。焦らず。
が、言いたいことは言っていく。





関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks