kurumiさんの秀逸なポスター。





「アメリカは1971年7月より選挙権年齢は連邦だけでなく州及び地方選挙も一律に18歳となった(合衆国憲法修正第26条の成立による)。ベトナム戦争の際に、18 歳以上21 歳未満の者は徴兵されるのに選挙権がないのは不当である、と主張されたのをきっかけとされている。」Wikipedia




iroiro.gif




「一億総活躍社会」

聞いただけで背筋がぞぞっと寒くなるような言葉。


どこぞの企業CEOの方が、テレビの討論番組で生活保護を否定する発言をしたとか。
この浦野某というお方、「生活保護ではなくて、最低限の社会貢献をしたときに、それに対応して何かを分配する」ことを提案した、らしい。


これ、何気にすごいこと言ってるよ。
言い換えれば「社会貢献をしない者には、何も分配しなくてよい」ということだから。


世の中は、健康で、仕事があって順調で、人の手を一切借りずに生きていける人…ばかりじゃないんだよ。
生まれつき病気を持っている人、働きたくても働けない人、親のない子、仕事を失ってしまった人、手足のない人、目が見えない人、差別を受けている人、家のない人、飢えてる人。
いろんな人がいるんだよ。
色んな人たちで構成されてるのが、社会なんだ。


困ってる人に、困ってない人が手を差し伸べるのは当然のこと。
それを「おまえは何の役にも立ってない!」と突き放すの?
そもそも1億人みんながみんな、「活躍」しなきゃいけないの?



CTP13prUkAAi15O_convert_20160104000507.jpg


↑これは、実際にナチスで使われた障害者に対するヘイトを煽るポスターだ。

書いてあるのは
「この遺伝的欠陥を持つ人間の一生に6万ライヒマルクもかかる。それは他ならぬ君の金だ。考えろ」



…ここから障害者の虐殺が始まった。




iroiro.gif



気をつけないと。

三浦瑠璃とかいうコメンテーターもかなり危ないと感じている。
この人は、老若男女問わない徴兵制を擁護した論を展開している。

よく聞くと論理がメチャクチャなのだが、巧妙に論点をすり替えるのがうまい。
こういう人がテレビに出ずっぱりだと聞くと、本当に嫌な気分になる。

学者とか東大とか女性という肩書きにだまされず、その人の言っていることを聞き分ける…ことが大事なんだが、うちの母のような一般国民にできるのだろうか。


いろんなことが、分かり易すぎる形でどんどん進んでいってるのに。
もうこの政権は、隠そうともしないようだ。







関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks