去年はあまり買い物をしなかった。

私の場合、物欲と性◯は反比例する。
なので去年は物欲がほとんどなかっt…(だまりなさい)



まずは、ニコンの双眼鏡 「遊」4×10D CF
DSC05313_convert_20160112082316.jpg


これは、修造からの誕生日プレゼント。

これを使ってみて、今まで使ってたオペラグラスは何だったんだ⁉︎と。
見え味抜群、観劇にはもってこい。(観劇にしか使わんけど)
しかも65グラムという軽さ。
そして何と言ってもこの、スタイリッシュなフォルム…。
黒とシルバーもあったらしいが、ワインレッドで正解♪
パスケース型のケースがまた、赤いステッチが入っててもろ私好み。

難を言えば、こないだメガネで出かけた時に使ってみて、ああこれアイレリーフが若干短いんだなと。
でもコンタクトにすりゃ済む話だしね。
この値段でこれだけ見えりゃ、ぜんぜんOKだよね。(一銭も払ってないだろ)




次は、竹ピンブラシ「救髪力46」
DSC05318_convert_20160112093452.jpg


普段は、つげの櫛を使っているが、ブラッシングに櫛は不向き。
豚毛も自分には合わず、どうしたものかと探していて見つけたのがこれ。

これ、イイっすよぉーーー。

最初はスカッスカッという感じだったのだが(私は薄毛)使ううちに馴染んできて
今では朝晩これでマッサージしている。
頭皮への刺激がちょうどいい。
あと、なんか髪がツヤツヤしてきたね!とムスメに言われた。

スペアピンの無料サービスや台座の再生もしてくれるので、一生使えるとこも◯。




次は、無印良品の「河和田塗り丼」「シリコーン調理スプーン」
DSC05312_convert_20160112082302.jpg


うちにある塗りのお椀は、やや小さめなので、もう少し大きめのお椀が欲しいなーといつも思っていたところ、たまたま店頭でこれを見て即買い。
汁椀のほうじゃなくて、丼のほうを汁椀として使っている。
具沢山の豚汁とかに たいへん重宝しています。


調理スプーンは、ネットで知って買いに行った。
なるほど。850円のわりに使える。
すくえて、ぬぐえて、フライパンでも使えて、汚れも目立たない♪
麻婆豆腐とか、麻婆茄子に最適。(麻婆だけか)




パナソニックのエアーマッサージャー「レッグリフレ」
ピンクもあったが、シルバーの方が安かったのでこちらを購入。
DSC05310_convert_20160112074151.jpg


これは文句なしに気持ちイイ!
みんなの評価が高いのも納得。
今のところ、家族3人、毎晩交代で使っている。
でも一番愛用しているのは修造。
彼は、一日中座り仕事なので足が疲れるらしい。
10分で自動的にoffになるが、少し物足りないなぁ〜くらいで止めとくのがいいかもしれない。(何事もやりすぎは禁物)
困るのは収納場所。
これについては今考え中…。






               col30.gif




昨夜はムスメのおしりを叩いて、ホームステイ先への手紙を書かせた。
文法的に「??」という部分が少なからずあったけれど、あえて直さず。


もうつべこべ言わず、この松本からいったん出てごらん!と。


年末は、次期PTA副会長のお願いに、修造が毎晩候補者の方宅を訪問し
ようやく引き受けてくださる方を見つけてホッとしていたが
それでも文句を言う人は いるのだなぁと。┐(´-`)┌


「何もしない人ほど文句を言う」ってホントだね。
では代わりにあなたが見つけてきてくださいと言ったら皆黙ってしまったとか。


閉鎖的な田舎の町で、何代も前からこの町を出たことのない人が
ウワサ話大好きのラウドスピーカーとして、いつでも幅を利かせている。
改革の足を引っ張るのは、決まってそんな人たちだ。


時々、この町に居るのが息苦しくなる。


おこがましい言い方だが、この10年、わが家はいろんな形でこの町に貢献してきた。
でももういいかな、とも思う。


外国を旅していた時、世話になった宿のどこか最低1箇所は修理して(あるいは掃除して)入った時より良い状態にして出ていくことを心がけていた。
町に対してもそう。
町を良くしたい。変えたい。システムも。人も。意識も。


でも「現状を変えたくない人」ってのは、ある一定数いるものだ。
良くなると分かっていてもなお。


……これ以上は言うまい。お口にチャック。
最近また、どこか違う町への移住を考え始めている。
今の職場の雰囲気がとてもいいだけに(これだって自然とそうなったわけではないんだよ)残念だが、いつまでもここにいる理由もないからなあ。



苔生さないうちに、石はそろそろ転がろうか。


デヴィッド・ボウイも死んじゃったし。(;_;)
エーーーン。










関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks