恒例の要望。ブログ書いてる人は、年末に自分の記事の「年間ベスト」を紹介してよ(自分は棚上げしつつ…)
という記事をだいぶ前に読んでいて、はてな村の村民ではないけれど私もいっちょ乗っかってみようと思いつつ年を越し、1月ももう半分が過ぎようとしているところだが、いい機会なので振り返ってみたい。


今調べてみたらなんと、去年1年で149本も書いていた。ヒマ人か。

ベストにあげた基準は、拍手とかアクセス数とかを少し参考に
できればもう一度読んでほしいと思っているものを中心に選んだ。
頑張って書いたやつ。どうかひとつ!




04.gif第1位  1月25日「サザンの謝罪と人質事件に思うこと」
紅白で「ピースとハイライト」を歌ったサザンがその後謝罪したことについての私見。この頃、ISに日本人が拘束されていた。官邸は、人質を救うどころか、救出に向かおうとしている人を自己責任でと言い放った。世界が悪い方向へと動いているような嫌な予感が続いていた日々。思えばあれは序章だった。政府がなぜ人質を助けなかったのか。今なら分かる。あの時より、事態は深刻化している。



03.gif第2位 3月4日「平和を願うことはイケナイことですか?」
小学生が「平和な国を作りたい」と書いたら学校から「政治批判を含んでいるから書き直せ」と言われたという信じられないニュース。平和という言葉は「左翼用語」なんだって。知ってた? 来年あたり、戦争はイヤだとか平和を願うとかを口にしたら処罰される世の中になってるかも。それもこれも「経済」のため? 平和より経済。人命より経済。しかもその経済とは「ごく一部の人だけが潤うもの」。トリクルダウンなんてあり得ない。



02.gif第3位 6月5日「舞台は整った!?…強力な助っ人がきてくれたというニュース」
小出先生が移住してこられたと聞いて嬉しくて10分で書いた。小さな町なので、ちょくちょくお見かけします。この日記の最後に載せた私とムスメのザビエルの似顔絵。…意外と好評でした(#^.^#)



01.gif第4位 8月27日「いったいこのワクチンは何物なのか?/『子宮頸がんワクチン事件』」
子宮頸がんワクチン。この言葉を聞いただけで胸が押しつぶされそうになる。私的去年のベストは実はこれ。日本中のみんなに知ってほしい。ムスメと同じくらいの年の女の子たちが、今こうしている間にも眠れないほど苦しんでいるのかと思うと、こんな危険なワクチンを導入した人たちへの怒りでいても立ってもいられなくなる。8/29には、HPVは子宮頸がんの原因ではないという説について書いた。もう本当にウソのかたまりだらけ。



04.gif第5位 9月26日「敗戦の帰結としての対米従属/『マンガでわかる永続敗戦論』」
日本の根本的な間違いを分かりやすく教えてくれる本について書いた。同じ敗戦国なのに、ドイツとどうしてこうも違うのか。これを読めば一目瞭然。そして、なぜ安部らがああまでして露骨に従米路線を突き進んでいるのかも。






とまぁ、こんな感じの2015年でした。

前半はけっこう気合の入った内容の日記が多く
夏前頃からは ガーデニング中心の日記になるのが特徴だというのが分かりました。

こうして客観的に振り返ってみるのも いいでつね。
(来年は12月中にまとめませう)

あと、いつもつまんないものお見せしてるってことも分かりました。
すみません。(//>ω<)



関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. かもめ | -

    今年もよろしくお願いします

    昨年は電気羊さんのこちらのブログに出会えて、とても幸運でした!
    いつも楽しくお邪魔させてもらっています。
    昨年は酷い年でした。生涯忘れられないと思います。
    言論弾圧もあからさまになりましたね。
    それでも自民党に票を入れる人がいます。
    今年も健康で家族仲良く暮らし、嘘ばかりのこの世にレジスタンス運動を
    して行こうと思います!
    今年もどうぞよろしくお願いします。

    ( 16:14 )

  2. ざざ改め電気羊 | -

    こちらこそ!

    かもめさんのような、自分と同じ思いをしている方に出会えた…というだけでも、ああブログをやっててよかったなぁと思えます。

    去年はひどい年でしたよね。
    (そんなふうに1年を振り返る日が来るなんて!)
    今年は、本当に踏ん張りどころです。

    まず「健康でいること」そして「品格を持って」悪と戦っていく所存であります。
    30年後にも孫と一緒に平和の鐘を鳴らすために!

    今年も宜しくお願いします^^

    ( 18:01 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks