はい、母の日のプレゼント!って渡された。
色とりどりのギョーザ。


幼稚園児さんかな? ゞ( ̄∇ ̄;)
※美術の授業で作ったらしいです。中学生。








GW、修造の仕事がようやく一段落つき、久々に家族でゆっくり過ごせた。
3人いると 賑やかだ。
「おうちがあって、家族がいて、こうやって毎日ちゃんとご飯が食べられるのって幸せだよね」と言うと、「毎日それ言ってるw」とムスメにツッコまれた。


7日、修造とムスメは、修造実家へ1泊。(わたしは仕事)
自宅のどこそこが調子悪いから見て欲しいという理由で修造が呼び出されるのだが、ジジババの楽しみは、一緒に来るであろう孫(=ムスメ)に会うこと。
同時に、修造なりの母の日の配慮、でもあるわけだが。


花は送っていたがその他のプレゼントも持たせ、先のホームステイのお土産話もできるよう写真も用意し送り出した。ジジババはすごく喜んでいたと。ムスメは今夏にまた海外留学すると話し、ちゃっかりお小遣いももらってきたらしい。



ジジババで思い出したけど、こないだ夜なんと、畑のじいさんを見た。


じいさん、生きてました。


〈注釈〉じいさん:畑のそばに住むナゾの老人。耳が遠いらしく、挨拶は100%無視される。が、私が畑に行くと、家から出てきて、周りを徘徊しだす。そして嫁に連れ戻されている。たぶん少しボケてる。




DSC05935_convert_20160510072157.jpg



仕事の帰りに畑に寄って、暗い中ヘッドランプを点けて水やりをしてたのだが
その時向こうから、付き添いの女の人に叱咤されながら自転車を押して歩いてくるじいさんがいるなーと思ったら、あのじいさんでした。


ちゃんと歩けてたし、だいじょーぶ。
まだまだ徘徊できそう^^


野良仕事中はヒマだから、じいさん時々来て、また「雨に唄えば」を歌ってくださいよー。…とつぶやいてみたけれど、難聴だから絶対聞こえてない。



5/6やったこと

オクラの播種




関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks