5月13日に作ったバコパのハンギングが………







…どうよ?これ。
もう完全に枯れきってるでしょ。


というワケで、真夏仕様にリニューアルした。
注:)真夏仕様 = 葉っぱだけ


DSC00015_convert_20160702183755.jpg


オレガノ・ケントビューティー
ハニーサックル
栄養系コリウスのテルテルハート
あと名前を忘れた2種、以上。


花屋さんで、可愛らしい小花の二チニチソウとか、鮮やかな黄色のルドベキアとか、珍しいオレンジ色のエキナセアとかに目がいってしまいそうになったが
「葉っぱだけのほうがラク、葉っぱだけのほうがラク…」
と念仏のように唱えて なんとか乗り切った。




11.gif




少し前の話になるけど、音楽に政治を持ち込むなという論争があった。
ま、フジロックの話だけどね。


それを聞いてわたしゃ「なんだかなー」と思ったよ。


だって、そもそも政治性のないロックなんて あるの?
ロックって何だよ?


みんなの大好きなアーチストは皆、大なり小なりブラックミュージックの影響を受けている。
私の好きなR&Bも、元をたどればブルースが原点だ。


奴隷として連れてこられた黒人たちが、強制労働させられる日々の中、創り出した音楽がブルース。ロックやジャズの元となった音楽。


そういうことを知らずして、「音楽に政治をうんぬん」言うのは
実にオカシイことだ。


むしろ、政治性のない音楽なんて音楽じゃないだろ!


自分が伝えたいこと、叫びたいことを歌にしてこそ 人の心に響くものだし
アーチストはもっと言いたいこと言うべきだ。


「平和」が差別用語だとされる今の日本だから
そのうち「愛」も「恋」も 放送禁止用語になるかもしれないよ。


そしたら何を歌うんだろうね、大樹の陰のミュージシャンたちは。



21977811_convert_20160630235643.jpg


ビリー・ホリディが歌った「奇妙な果実」は、
すさまじい人種差別のあったアメリカ南部で、リンチにより縛り首にされた黒人が木に吊るされているさまを歌ったものだ。
この歌がのちに黒人への暴力に反対する運動のきっかけとなった。
すべての音楽は、こういうものが原点となっている。



関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks