大葉とチーズ入りささみの春巻き
モロヘイヤスープなど。
緑色のものは ぜんぶ自家製。


DSC00002_convert_20160711075746.jpg



きのう、「寝ますわ」と言ったもののやはり気になって眠れず。
選挙速報を横目でちらちら見ながら 家事なんぞしていた。


長野の杉尾ひでやさん、比例区の福島みずほさん。
自分が1票を投じた人が どちらも当選した。


こんなの初めて。⁽⁽٩(๑˃̶͈̀ ᗨ ˂̶͈́)۶⁾⁾


福島みずほさんは選挙前に 当落線上にあると聞いて
それは一大事だぞと。
だって私たち市民の声を政府に正確に届けてくれるのがみずほさんなんだもの。
沖縄のためにも、福島みずほさんを落としてなるものかと。
いつもは政党名を書く比例区に 初めて個人名を書いたんだよね。



それにしても 25万票の三宅洋平が落ちて
11万票程度の自民候補が当選するなんて
選挙制度自体がオカシイわ。


小選挙区制度は、民意と反対の政権が有利となる制度。
これでは、政策選択選挙にならない。
小選挙区選挙は、憲法違反だ。どう考えても。



今回は、戦後初めて野党が共闘した選挙となった。
32ある一人区のうち、野党統一候補が11議席を獲得した。


大政党に有利な選挙制度であるなら
野党は、頭を使って対抗していくしかない。


今回の参院選は、そういう意味で評価できると私は思う。
ちょっと前なら 共産党と民進党が組むなんてこと、考えられなかったからね。


日本のために、自分の主義主張をいったん横に置いて共闘してくれた皆さんに感謝。
そしてそれをお膳立てしてくれた人たちにも感謝します。
あなたたちがいなかったら、野党は惨敗でした。


感謝の気持ちを胸に、前向きにいきます。
これからが本番です。






関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks