コンポスター内の堆肥がいい感じになってるよーと修造が言うので
見てみたら、なるほど。
ふかふかした土が 満杯に近いところまで出来ていた。






これをこのまま畑に持って行ってもよいのだが、どちらにしろ二次発酵させなきゃならないので、庭の空いているスペースに埋めた。



DSC06577_convert_20161030182521.jpg



穴を掘って、堆肥を放り込む。

よく見ると、卵の殻やニンニクの皮、玉ねぎの皮など、まだ分解し切れていないゴミがちらほら。

でも、元は形のあった生ゴミだなんて、信じられないくらい土化している。
(足で踏んでも弾力で跳ね返ってくるほど)



DSC06580_convert_20161030182550.jpg



何となく落ち葉をのせてみた。←意味はないっす。

去年までは、野生のタヌキがここを掘り返して 生ゴミを漁ったりしていたけど
今年はどうかな?



DSC06584_convert_20161030182603.jpg



生ゴミをコンポストに入れる前に、コールマンのドライネットに入れて乾燥させているのだが、さすがに3年も野外に吊るしたままにしておいたので 日に焼けて
あちこちに穴が……。(;゜0゜)  


そろそろ買い替えかな?





関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks