年末バタバタしている中、これだけが楽しみで昨日まで頑張ってきた。
12月30日の辺見庸さんの講演会…。






交通機関の手配も早々済ませ、当日は同僚にもメンゴメンゴと言いながら仕事をソッコーでやっつけ、「今日超楽しみにしてる講演会があって東京さ行くんだ〜♪」と周りに言いふらし、修造に頭を下げて駅まで送ってもらい、しんずくに着いて小走りで紀伊国屋ホールまで向かい、入り口のもぎりのおばちゃんに愛想をふりまき、ワクワクしながら座席についた30分前…。


なんか様子がおかしい…。


ホールに流れてるBGMがテケテンテンテン♪つー、あの寄席に行った時にお馴染みのやつだし、辺見さんのキャラとぜんぜん違う。


周りの方、みんな落語の話をしているし、いやそれはいいんですけど辺見さんと落語ってなんか関係あるんでしたっけ?今日そういう演題?……ん?そうそう!やっぱりお正月は長屋落語を聞きたいですよねうん…って、
ちがーーう!!!
落語は大好きだけど今日は違うんだぁーー!嫌なことを忘れに来たんじゃんなくて、嫌な現実と向き合うために来たんだよあたしはぁーー!!……


…もうお分かりでしょうが 私、思い切り
日付を勘違いしてますた。


私の(違う)チケットを思い切りもぎり倒した入り口のおばちゃんにね、言われて気づいた。
「ああ、辺見さんは来月ですね」



df37f3436d75c7c81e5311e03a5fc64d_convert_20161231091644.jpg



もうね、持ってるチケット2度見3度見したもん。
でもどの角度から見ても「1月」って書いてあった。


なんで気づかなかったかなー自分。
しかも 来月のその日は仕事で行けないじゃん!
と分かった瞬間、その場に倒れそうになりました。
ショックすぎて しばらく立ち直れんわ…。


家族にはさんざんバカにされるし
もうホント認知症かもしれない。



今年一番のやっちまった出来事でした。
来年はもうこんなことないようにしたい。
辺見庸さん、会いたかったです(号泣)。。。。




関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks