ブクログによると、
去年1年間で私が読んだ作品は127
内訳は 本が65冊
    マンガが33冊
    雑誌が14冊
    映画が15本


127個の作品の中から選んだ2016年ベストブックはこれ↓

へろへろ 雑誌『ヨレヨレ』と「宅老所よりあい」の人々
へろへろ 雑誌『ヨレヨレ』と「宅老所よりあい」の人々


ここ数年の与党の政策を見ていると、これからこの国で老いていくには「野垂れ死ぬ覚悟」がないとダメなんだなとつくづく感じる。そういう世の中になった。
この本は、社会のいろんな問題を浮き上がらせている。
この国ではボケたら普通に暮らせないのはなぜか?

宅老所「よりあい」の介護のあり方は、多くの人の心を動かす。
私たちは誰しも老いるし、足腰も弱るし、程度の差こそあれボケるのだから。



          m-styl77.gif



今読んでいるもので、すでに今年のベスト本になりそうなものが数冊ある。
12月はほとんど読めなかったので、それらは2017年に繰り越し。
ざっと見ていて思ったのは、やっぱり『週刊金曜日』の内容の濃さ、だ。
ジャンルは雑誌になるが、年間ベストで10冊選んだとしたら、10冊中8冊は金曜日になるのではないか。


今年読んだ雑誌一覧↓


ざざの本棚 - 2016年01月~2016年12月 (14作品)
powered by Booklog



「週刊金曜日」はごく一部のみを登録しているので、実際に読んでいる冊数はこの5倍ほどになる。
2011年以降、テレビや新聞が信用ならないメディアというのが一般の人に知れ渡った。そういう目で改めて読んでみると、金曜日の内容がいかに体制やスポンサーに日和っていないかがよく分かる。




関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks